記事

スカイプ英会話でフィリピンの貧困を救う 山田貴子(WAKU-WORK ENGLISH代表)

1/2
リンク先を見る

オンライン英会話事業を通じてフィリピンの貧困問題の解決に取り組む、ワクワーク・イングリッシュ代表の山田貴子さん(26)。セブ島のNGOや孤児院と連携し、英会話講師の育成を行いながら、日本の企業や大学にそのサービスを提供している。子供たちの夢の実現を目指して事業拡大に挑む山田さんに、これからのビジョンについて語ってもらった。(シノドス編集部・宮崎直子)

■大学生の自活を促し、奨学金を次の世代に

――WAKU-WORK (ワクワーク)のビジネスモデルを教えてください。

ワクワーク(http://wwenglish.jp/)はフィリピンの孤児院、NGOと連携し、スカイプを利用した現地講師陣による英会話事業を通じて、子供たちの自立と夢を実現するための活動を行っています。

フィリピンの貧困率は依然として高く、たとえば、小学校の入学率は約9割でも、卒業できる子供は約6割と、教育の機会が与えられていても交通費が払えないなどの理由から、学校に通えず労働を強いられる子供たちが多いのが現状です。また、孤児院やNGOはフィリピン全土で10万あるともいわれ、セプ島だけでも300~400あります。そんなに多くの組織があるにもかかわらず、なぜ保護を受けられずに路上で飢えに苦しむ子供たちがあとを絶たないのか? 

現地NGOの支援構造を見てみると、年間で路上から保護できる人数は、支援している大学生が自立する人数に依存されていることがわかりました。大学生1人あたりの奨学金は学費が高いために、新しく路上から保護される子供の3倍もかかってしまうのです。一方で、孤児院から支援を受けて大学に通う学生たちには、モチベーションが高く優秀な学生が多くいます。

そこで、大学生1人が支援から自立することで、路上の子供3人が新しく支援を受けられるようになる仕組みをつくり実践しました。たとえば大学の帰りに3時間ワクワークで働いて自活すれば、彼に当てられていた奨学金を次の世代に回すことが可能になります。この流れを加速させることで、支援を受けられる年齢を下げ、子供たちが里親を待たなくても、自分たちの力で大学に行くことを望めるようになります。

NGOから支援を受けて生活している大学生をトレーニングして、ジュニア向けの講師として雇い、その孤児院の学生をトレーニングするプロの講師陣が、日本の企業や大学、個人に向けて英会話レッスンを提供している、これがワクワークのビジネスモデルになります。

リンク先を見る

■フィリピン講師が日本の学生を変える 

――フィリピンと日本で、具体的にはどのような活動をされていますか。

たとえば、今年度は嘉悦大学(東京都小平市)で、春・秋学期に非常勤講師として、ワクワークのスタイルを取り入れた英会話の授業を担当しました。大きいスクリーンにスカイプ中継を映し出し、フィリピンの講師1人に対し、生徒3~4人と少人数制で、密度の濃いやりとりが行われます。オンライン英会話を正課授業に取り入れる大学は全国でも珍しく、ワクワークも今回が初めての試みでした。

学生たちはとにかく「授業が楽しい」といいます。フレンドリーで明るいフィリピン人と話すことで、英語に対する抵抗感をなくし、モチベーションが高まるようになっている。昨年、私の地元の湯河原町の適応指導教室で、いじめや引きこもりで学校に通えない生徒を対象に、この授業を行ったところ、講師から「グレイト!」と励まされた生徒たちが、徐々に自信を取り戻していく姿がありました。

フィリピンの若者の夢と自立を実現するだけでなく、同時に日本の学生のチャレンジも応援していくような、両方の可能性があることを改めて感じました。

大学の授業は、今年度は選択制で行われましたが、来年度は一年生の必修科目となり、夏休みにはセブ島で短期語学研修も行われる予定です。この授業をきっかけに、海外に出て現地の人たちと交流したいと思う、日本の学生たちが増えればいいなと思います。教室から飛び出た一歩先に、新たな発見があるということを学生たちに伝えたいですね。

――現地の講師はどのような基準で採用されていますか。

日本の企業や大学にサービスを提供しているフィリピン人講師は、孤児院から出た講師ではなく、孤児院の学生をトレーニングするプロの英語教師です。なので、大学を卒業して教員免許ももっていますし、他の語学学校で7、8年勤めた経験のあるベテランの講師ばかり。彼らが孤児院の学生をトレーニングしながら、日本人のお客さんにも教えるというスタイルをとっています。3ヶ月から半年程度、トレーニングを積んだ孤児院・NGO出身の学生は、日本の小学生から中学1年生向けのジュニアコース担当としてデビューしていきます。

講師を採用するときに一番大切にしているのは「情熱と哲学」。ワクワークの仕事を通じてどう自己実現したいのか、どうフィリピン社会に貢献したいのかという本質的なところを厳しく問います。そうした情熱やビジョンがない人は、どんなにキャリアがあっても採用はしません。学生のほうはNGOのスタッフや両親とも面接を行い、普段の生活態度はどうか、学費のために貯金できるうような周囲のサポートがえられるのかどうか、チェックしています。

リンク先を見る

■子供の夢の数だけ フィリピンで100の事業を

――これからどのように事業を拡大されていきますか。

子供たちの夢は多様なのに、英会話事業だけでは限られた人しか採用できない。また、今の事業は日本に依存しすぎているので、目下、フィリピン国内でフィリピン人たちが持続可能な新しい事業の立ち上げに取り組んでいます。

一つは美容院の開業。昨年の9月に「ふくりび」(NPO全国福祉理美容師養成協会 http://fukuribi.jp/)と連携して、フィリピンの孤児院で子供たちの髪をカットしていただく機会を設けました。「ふくりび」は介護・福祉の現場や、東北大震災の被災地などにスタッフを派遣して、理美容サービスを行っている団体です。実際に彼らの仕事を見て、美容師になりたいと興味をもった子供たちがたくさんいました。その子たちを雇用できるように、現地に美容院をつくりたいと考えています。

その際に気をつけていることは、既存の美容院と競合しないように新しい市場を開拓することです。路上で10円、20円で髪を切っている人たちの職を奪わないで、なおかつモールに出店している美容院とも被らないようにする。たとえばセブにロングステイしている日本人向けに、高価格でサービスを提供するとか。

実際、私も現地で髪を切る場所がなくて困っています。「ふくりび」の方も驚いていたのですが、技術のレベルが日本と比較できないほど低い。髪の毛を揃えるといったら、髪を押さえて真横一列にするみたいな次元。縦にはさみを入れることを、美容学校で教わらないんです。日本の技術を導入していけば、ニーズも広がっていくのではないでしょうか。

もう一つは、カフェをオープンすること。日本では一般人向けのセミナーや講習会など、もっと学びたい人たちのための「場」がいくらでもありますが、フィリピンではなかなか見つかりません。昼間は飲食店として営業し、夜は大学生や地域の人たちが集まって勉強会が開けるようなカフェ・スペースを建設中です。

今は内装を整えている段階ですが、やはり本棚は欠かせませんね。フィリピンではマクドナルドの自給が60円なのに対し、本の値段は一冊2000円。簡単に買えるような値段ではありません。ここでいろんな本を手にとって、自分たちのやりたいことを見つけ出してほしい。他にも、インテリアに関しては非常にこだわっています。人は環境によって生き方までも変えられますからね。たとえば椅子一つとっても、座ったときに背筋がぴしっと伸びるような構造になっていたり、素敵なデザインのものであれば、おのずとやる気が湧いてきますよね。部屋のなかに入るだけでワクワクするような空間をつくりたい。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    変異株で感染の閾値が低下した 緊急事態宣言延長は仕方ないか 橋下さんと岩田先生の交わりのない議論を聞いて 責任ない批判は簡単

    中村ゆきつぐ

    05月06日 08:21

  2. 2

    「週刊文春」の強さはどこからやってくるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月05日 12:05

  3. 3

    病院の窓にデカデカと「医療は限界 五輪やめて」

    田中龍作

    05月05日 08:42

  4. 4

    渋野日向子 海外挑戦で欠場も“罰金100万円”規定に相次ぐ疑問の声

    女性自身

    05月06日 10:09

  5. 5

    小池百合子知事は東京オリンピック開催中止を進言できるか トップに立つ者の責任

    猪野 亨

    05月06日 08:46

  6. 6

    東京五輪に沈黙する小池都知事 豊田真由子氏「反対の世論を見て振る舞い変えている」

    ABEMA TIMES

    05月05日 20:47

  7. 7

    「経済優先で人は何を失うのか」 失踪外国人を通し日本を描く映画『海辺の彼女たち』

    清水駿貴

    05月06日 11:36

  8. 8

    オリンピック中止に舵を切るためには、やはり二階さんの力が必要なようだ

    早川忠孝

    05月05日 16:48

  9. 9

    コロナ感染止まらず・・緊急事態宣言延長へ、どうする東京五輪

    舛添要一

    05月06日 09:05

  10. 10

    橋下氏「緊急事態のためにも憲法改正をすべきだが、今の政治家には恐ろしくて任せられない」

    ABEMA TIMES

    05月06日 11:47

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。