記事

神谷明が語る『キン肉マン』『シティーハンター』オーディション舞台裏


 声優の神谷明が、8月16日放送の『キミモテロッジ〜家づくりで声優オーディション!?〜』(日本テレビ系)に出演した。

 番組で、声優の卵からオーディションでの変わった体験を尋ねられた神谷は、「通常はキャラクターを見てセリフをいただいてオーディションをやる。キン肉マンのときは、キャラクターを見せてもらうのを忘れちゃって。セリフだけ見てイメージでやったら受かっちゃった。あれはなかなかない(経験)」と回答した。

 神谷にとってこのキン肉スグル役は新たな挑戦だったらしく、2015年9月19日付けの「NHKテキストView」のインタビューでこう明かしている。

「それまで僕の出たアニメを観てくれた人は、初めて『キン肉マン』を観たときに度肝を抜かれたと思いますが、(中略)僕には夢がありまして。まずは、三枚目をやりたかったんですよ。それは『キン肉マン』で実現できた」

 神谷といえば『シティーハンター』の冴羽リョウ役の声優としても有名だ。役が決まった経緯について、2010年に放送された『創ったヒト』(CSアニマックス)でこう振り返る。

「オーディションがありまして、この役にめぐりあったときにまず『やりたい。もしかしたらこの役ができる人は俺のほかにいないんじゃないか』と。こんな大それた気持ちになったのは、後にも先にも一度もない」

 ところが、本人の確信をよそに、オーディション終了後は一向に連絡がなかったそう。

「(他の仕事のついでに)集英社のジャンプ編集部に顔を出そうと行ったんです。そしたら編集長が『神谷さんシティーハンターなんだけどやりたい?』と(聞かれ)『そりゃあやりたいですよ!』(と返した)。しばらくして『決まったよ』と連絡をいただいた」

 しばらくして神谷は、関係者から「あのとき編集部に顔を出さなかったら神谷さんじゃなかったかも」と言われたという。

 じつはオーディションの時点でプロデューサーと作画監督は神谷を推していたのだが、ジャンプ編集部が「神谷さんは(ジャンプ作品を)いっぱいやったからもういいんじゃない?」と難色を示していたらしい。

 神谷本人の情熱がなければ、世間でお馴染みの冴羽リョウは生まれていなかったかもしれない。

あわせて読みたい

「声優」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。