記事
  • krmmk3

非常に挑発的ネーミング、"NOTTV"!

ご存知の通り地上波のテレビ放送ははアナログ時代に主に使われていたVHF波を離れ、UHF波に移ったわけなんですが、特に理念があってUHFに移ったわけでもなく(ひょっとしたら受信範囲をより狭めるため、かも知れませんが)単にアナデジ移行期を考えるとUHFにした方が都合がいい、というだけな気がします。そこで、空いたVHF波は地上デジタル放送への移行が決定的になったから考える、という場当たり的なものだったのですが、結局モバイル用の放送波として使われることになり、2派にわかれて総務省に申請した結果、実態は見えているけど外国勢中心の派が退けられ、実態は見えないけど日本勢中心の現勢力が認定されたわけなんですが。ただ、申請時点で実態が見えてないだけにその後本当にどれだけ動いているのか、も全く見えてこず(情報を出していないわけではなかったようですが)、ひょっとして周波数オークションが許可されるのを待って売ってしまうんじゃ・・・とまで考えていたのですが。

NOTTV、4月1日に開局――50超のチャンネルを用意


一瞬、この間書いた"もっとTV"のことだと思っちゃいましたよ。ひらがなはかっこわるいのでアルファベットに直して"MOTTOTV"とかにしたのかと。さらにかっこわるいですけどね。
ところがこれは先に書いたVHF波を確保したグループによるもので、その名も"NOTTV"。「ノッティーヴィー」と読むそうですが、どうみても「のっとてれび」としか読めません。昨年10月には決まっていたようですが、結果的にもっとTVに対して対抗心を剥きだしにした、非常に挑発的ネーミングです。テレビに飽き飽きした人に対するアピールのためにも聞こえますし「テレビを乗っ取る」という目標を掲げているようにも聞こえます。開始日も4月1日と"もっとTV"の前日ですし、思ったより気合いの入ったサービスが展開されそうです。お値段一月420円というのも、中身次第ですがまぁ試してみようか、と思わせるギリギリの値段になってるように思います。
残念なのは当面専用端末が必要なこと。地上の電波を受信する方式ですから仕方有りませんが、PC用チューナーなども真っ先に用意して欲しかったものです。その専用端末であるAQUOS PHONE SH-06DもMEDIAS TAB N-06Dも3GやLTE契約必須のモデルですし。NOTTVだけの契約ですむタブレットやミニタブレットが欲しいです。
録画が出来るとはちょっと思えませんので(HDMI出力とか出来れば方法もありますけど)すぐにわたしらが飛びつく類ではありませんが、"もっとTV"よりは新しいものを感じさせるサービスだけに、注目しておいて損はなさそうです。

トピックス

ランキング

  1. 1

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  2. 2

    公明・山口氏の的確な都構想演説

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    感染ゼロを求めない日本は理想的

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  5. 5

    瀬戸大也イバラの道 海外で驚き

    WEDGE Infinity

  6. 6

    支持率-12ポイント 菅政権の過ち

    舛添要一

  7. 7

    EUで感染再拡大 自由移動の悲劇

    木村正人

  8. 8

    日本は中国に毅然たる態度で臨め

    野田佳彦

  9. 9

    監視されてる? リモート疲れ限界

    NEWSポストセブン

  10. 10

    就職に不利 日本で進む博士離れ

    川北英隆

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。