記事

『ハレンチ学園』騒動は凄かった 和田アキ子が生放送乱入も

【画業50年を突破した永井豪氏】

『マジンガーZ』『キューティーハニー』『デビルマン』などで知られる漫画家の永井豪氏。その原点ともいえる作品が1968~1972年に「週刊少年ジャンプ」で連載された『ハレンチ学園』だ。同作は子供たちの間で爆発的ブームを起こす一方、学校のPTAから大きな批判を浴びた。連載開始50年でこのたび小学館から再刊されることになった同作にまつわる秘話を、永井氏がプロインタビュアー・吉田豪氏に明かした。

永井:当時ワイドショーが始まったころで、いろんなワイドショー番組に引っ張り出されたんですよ。出ると、PTAのおじさんおばさんと学校の先生がずらーっと目の前にいるんですね。それに対峙するように座らされて、僕の横でアナウンサーがマイクを向けながら「どうしてこんな漫画を描いたんですか」とかいろいろ言う役で。で、何か言おうとすると、ひな壇からものすごい攻撃的なつるし上げで、「おまえの漫画は公害だ!」とかね。

──公害!

永井:「この漫画を見て育った子どもたちが将来大人になったときみんな性犯罪者になるぞ!」とか「みんな変態になっちゃう!」って、もうめちゃくちゃな理屈で。自分もついこの間まで子どもだったんで、子どもの気持ちはよく覚えてたんですよ。やっぱり小学校の半ばぐらいになったら女の子に興味を持って、ヌード写真の載っている大人の雑誌を探したりしてたから。そういう大人のものを見るより、子どもの漫画の中で少しずつ出していったほうがスムーズに成長できるんだってことで。僕は小学校低学年のときに大人のエロい小説とか読んでましたけど、それよりかわいい漫画で表現してるほうが絶対いいし。

──むしろ性犯罪は減るんじゃないか、と。

永井:うん、そうそう。そんなことを言おうとするんですけど、当時は口下手でうまく言えないし、なんか言いかけるともうぼこぼこぼこっと10倍ぐらい、いろんな人からのつるし上げだけで話が終わっちゃうんですよね。

──そもそもそんなつるし上げにされそうな企画なのに、なんで出演されたんですか?

永井:いや、とにかく説明しようと。それで、ぼこぼこにされても、ぼこぼこにしたほうはそれで毒出しができるから、不買運動も少しおさまるんじゃないかって気持ちもあって。そしたら、ワイドショーの生放送が終わると、PTAのおばさんたちがわあっと取り囲んできて、「もうよっぽどのいやらしい中年男が描いてるんだと思ったら、こんなかわいい坊やが描いてたのね」って言われて。当時僕、23歳ぐらいだったんですけど、よく婦人警官に「中学生でしょ」とか言われて補導されそうになったりするぐらいだったから、「こんな坊やみたいな子が描いてたんだったら応援したのに」とか言うんだよね(笑)。

──テレビ用に怒ってただけだった(笑)。

永井:そうそう。それで「サインしてください」とか言われて。「えー、いままでもうがんがん言ってたのに、なんでそれちゃんと言ってくれないのかなあ」と思いつつも、とにかく向こうの要求に応えなきゃということで一生懸命、何十人とサインして。そうするとまた呼び出しが別な番組からあって、もう次から次へ。で、各局とにかく全部やりました。

──前にちょっと聞いたのが、スケバンみたいな人がスタジオに乗り込んで来た話で。

永井:それは騒動がほとんど終わったあとです。叩かれ続けて、全部の局に出たんでもうこれ以上は出たくないって言ったら、「もう『ハレンチ学園』には触れません。先生の別な面を見てもらいたいですし、若い人との公開番組で録画じゃないですから大丈夫ですよ。別のことを聞きますから」と。それならと思って出ていったら、最初は違うこと聞かれてたんですけど、突然客席からアフロヘアで汚いジーパン履いた大きい女の人が飛び出てきてね。『ハレンチ』のことでバーンと攻撃してものすごい勢いで、もう弁は立つし迫力はあるし。びっくりして見てたら、とにかく一方的にその人にやられちゃって。

──そこには触れないはずだったのに。

永井:で、生放送が終わったらディレクターが「いや、すみませんね。一般の人なんで違う方向になっちゃって」とか言いながらにやにやしてるんだよね。だから、これははめられたな、絶対タレントかなんかに違いないと思ってて、何日か後のスポーツ新聞を見てたら歌手デビューってその人の写真が載ってて、それが和田アキ子だったの(笑)。

──その映像、すごい見たいですよ! ただ、『ハレンチ学園』とかはエロのバランスがよくて、生々しさがなかったから叩かれすぎだとは思ってて。勝手な想像だと童貞のエロスっていうか、大人な感じがしないのが子どもに届いたのかなって気がしましたね。

永井:ああ、そうかもしれないですね。

──これはNGならNGでいいんですけど、当時、永井先生は女性は知ってたんですか?

永井:いやいやいや! 漫画家になる前に、ちょっといろいろありましたけども……。

──つまり、女性を知っててこれを描けたなら、それはそれですごいと思うんですよ。

永井:うん、まあだからなりきりなんですよ、常に。ヒゲゴジラにもなれるし、自分はデビルマンの不動明だと思えば不動明だし。自分がきれいな女の子だったら、どんなふうに男の子を惑わすかみたいな気持ちになったりとかね。ある意味多重人格なんだろうなとは思ってて。

あわせて読みたい

「マンガ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    堀江氏の低賃金めぐる解説が秀逸

    かさこ

  2. 2

    札幌開催 小池知事の発言に呆れ

    鈴木宗男

  3. 3

    ネットを楽しむバカと勝ち組たち

    BLOGOS編集部

  4. 4

    橋下氏 政治家のダム批判に指摘

    橋下徹

  5. 5

    ユニクロ会長の日本人批判に反論

    自由人

  6. 6

    グレタさんを中年男性が嫌うワケ

    木村正人

  7. 7

    八ッ場ダムが氾濫防いだは本当か

    NEWSポストセブン

  8. 8

    人間を殺す道具を自慢する中国

    文化通信特報版

  9. 9

    スーパーの犬小屋 日本は5年後?

    後藤文俊

  10. 10

    政府が衝突した北漁船の映像公開

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。