記事

バスケ日本代表の不祥事に大人の男はどう反応すべきなのか

【謝罪する選手と協会関係者(時事通信フォト)】

 情報番組のコメンテーターでなくとも、“事件”に対してどう発言するかで周囲の見方は変わり得るものである。「大人力」を研究するコラムニストの石原壮一郎氏が考察した。

 * * *
 どう語ればいいのか、とても難しい問題です。インドネシアのジャカルタで8月13日から開催されているアジア競技大会で、出場していたバスケットボール男子日本代表選手の4人が、公式ウェアで市内の歓楽街に繰り出して買春行為をしたことが発覚しました。

 4人は代表認定を取り消され、8月20日に帰国。その日のうちに日本バスケットボール協会は記者会見を行ない、居並ぶ記者の前で4人に頭を下げさせました。日本選手団の山下泰裕団長やスポーツ庁の鈴木大地長官も、遺憾の意を示したり憤ったりしています。

 いっぽうで、擁護する声も少なくありません。21日放送の「スッキリ」(日本テレビ系)では、司会の加藤浩次さんが「相手も仕事でやっていることですからね」と言ったり、ツイッター上でもデヴィ夫人が「若気の至り、誰にも過ちはある」と書いたり、元航空幕僚長の田母神俊雄さんが「いいじゃないかそれぐらい。それでは日本のソープランドやファッションヘルスはどうして存在しているのか」と書いたりしています。

 本音では、擁護派の人たちと同じように思っているおっさんは少なくないでしょう(ここでは売買春の是非を論じたいわけではなく、おっさんとしてのあり方を追求しようとしています)。もし非難している側が、彼らが「買春」したことを問題にしているんだとしたら、多くのおっさんはそれに乗っかる資格はありません。イエス・キリストも「あなたたちの中で罪を犯したことのない者が、まず、この女に石を投げなさい」と言いました。

 ただ、昨今は平気で自分を棚に上げて、過ちを犯した「悪者」に嬉々として石を投げる人が山ほどいます。しかも、相手のやったことを本気で「許せないほど悪いこと」と思っているわけではなく、世間の風向きに乗っかっているだけ。おっさんといえども恥の概念を忘れてはいけません。こういうケースで、ちゃっかり高見に立って「ケシカラン!」と非難するような恥知らずにはならないようにしましょう。

「公式ユニフォームを着たままでそういうことをしたのがいけない」「日本代表としての自覚がない」「公費で行っているんだから慎むべきだ」と、別のもっともらしい理由を探してきて、自分の「叩きたい欲」を満たそうとするみっともない手法もあります。

 オリンピックでは選手村で大量のコンドームが消費されるのは有名な話だし、サラリーマンが会社のお金で行く出張先でそういう行為に及ぶケースが多いのもよく知っているはず。結局は風向きに乗って「叩きやすいところを叩いている」の域を出ません。

「ケシカラン!」と眉をひそめるのが、おっさんとして最低の見解だとしたら、もうちょっとマシな見解は何か。彼らの行為はさておき、「なぜバレたのか」「ハメられたんじゃないか(ハメたのではなく)」と裏事情を詮索したり、「何か大きな力が働いているんじゃないか」と陰謀論を語ったりすると、何となく物事を深く見通している気になれます。

 ただ、自分は賢そうに見せているつもりでも、周囲からはそう見えない「したり顔野郎」になりがちなのが残念なところ。目先の満足感を覚えるにはお手軽な方法なので、広く親しまれてはいますが、平気で繰り出せるおっさんにはならないようにしましょう。

 日本バスケットボール協会やスポーツ庁などの迅速な対応を評価するのは、もうちょっと気が利いているかも。ただ、どうしても「自分を棚に上げている感」はぬぐえず、自分で自分に「なに偉そうに言ってんだ」と突っ込みたくなりそうです。

 かといって「元気があっていいじゃないか」と彼らを擁護するのは、それはそれで大胆すぎるし、思慮が足りない人と思われかねません。売買春に対しては、人生のほかのいろんなことと同様、あくまで後ろめたさを覚えながら複雑な思いで捕えているのに、積極的に肯定しているという誤解も招きそうです。

 となると、おっさんとしてもっとも気が利いていそうなのは「あー、まあ、あれもねー」と言葉を濁す反応。「ほかの選手がかわいそうだね。少ない人数で戦わなきゃいけなくて」と微妙に方向をずらしながら、肝心なことについては何も言わないという手もアリです。いずれの反応にせよ、少なくとも天に恥じる必要はありません。

 哲学者のヴィトゲンシュタインは「語りえぬものについては沈黙しなければならない」と言いました。実質的な沈黙は金。石を投げて溜飲を下げたいとか、もっともらしいことを言って感心されたいといった誘惑を振り切り、あえてたいしたことは言わないのがおっさんの美学であり矜持です。

 あるいは「ヴィトゲンシュタインも言っているけど」と前置きして、「語りえぬものについては~」と言えば、深い考えと教養に満ちたおっさんと思われるかも。ただし「ヴィトゲンシュタインって誰?」って聞かれたら万事休すなので、あらかじめ調べておきましょう。あ、でも、また同じセリフを繰り返して言えば大丈夫ですね。知らんけど。

あわせて読みたい

「バスケットボール」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    スター・ウォーズの寿命は尽きた

    長谷川一

  2. 2

    日本も基金出資? 日韓議連の暴言

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    非効率な手続きが多い日本の銀行

    内藤忍

  4. 4

    BOSE閉店に影響? 高音質な中国製

    自由人

  5. 5

    日本より韓国 外国労働者の現状

    清水駿貴

  6. 6

    旅券返して フィリピン女性訴え

    清水駿貴

  7. 7

    速すぎるナイキ厚底 どこが違反?

    PRESIDENT Online

  8. 8

    コンビニ米不足? 農家抱える矛盾

    BLOGOS編集部

  9. 9

    コンビーフ缶の高額転売が相次ぐ

    AbemaTIMES

  10. 10

    紳助さん登場したYouTubeの緩さ

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。