記事

昭和天皇の悔恨

[画像をブログで見る]

 きょうの朝日新聞によると、昭和天皇の晩年の心情が、新たに公開された侍従の日記によって明らかになったということだ。昭和天皇の戦争責任については、東京裁判でも法廷での訴追は行われなかった。アメリカから見たら、天皇は日本の軍隊を無血で整然と降伏させ、かつ平和国家への転換に協力した功労者でもあったのだ。だから裁判では、東条以下の軍部が、天皇の平和への志向を無視して「平和への罪」を犯したという理論構成になった。

 だが現実には、太平洋戦争は天皇が「御名御璽」と署名捺印した宣戦の布告によって始まっている。御前会議で臣下が一致に達した結論に、天皇は拒否権を発動しないのが慣例であったとは言うものの、もし天皇が本気で拒否したら、会議は頓挫したことだろう。そして当時の雰囲気として、天皇を弑逆どころか、退位を迫られるといった事態にもならなかったに違いない。

 しかし「まことに止むを得ざるものあり」と言いながらも「御名御璽」は発出された。こうなったら、形式上であっても最高責任者としての立場を免れることはできない。それと同時に、「これが大日本帝国の使命なのかもしれない」という興奮も、感じたのではないかと私は想像する。

 そして誰もが知っている経過で日本は敗戦を迎えた。天皇は充分に自分の責任を自覚していたろうと私は思う。マッカーサーとの会見記録などから見ても、少なくとも自分の退位ぐらいは覚悟していたのではなかろうか。しかし意外にも、戦後日本の「平和国家としての再生」のシンボルとしての全国行脚が待っていた。よくよく運の良い人だったと、今これを書きながらも思う。

 それでも、280万の軍人と30万の民間人、合計310万人の国民を死なせた責任は消すことができない。昭和天皇の晩年が、悲しみに閉ざされた日々であったことは、きわめて健全な心情であったと思われる。

あわせて読みたい

「皇室」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    スガ首相「要請」を「メドが立った」とすり替える ワクチン確保のお寒い現実

    田中龍作

    04月20日 08:43

  2. 2

    日米首脳会談 菅首相訪米の重要性を理解できない野党の残念さ

    城内実

    04月20日 09:09

  3. 3

    自民党内に“5月下旬に東京都に緊急事態宣言ならオリンピック開催は危うい”との見方も

    ABEMA TIMES

    04月20日 08:32

  4. 4

    TBS『週刊さんまとマツコ』視聴率が取りにくい枠での成功目指す「逆張り」に期待

    メディアゴン

    04月20日 08:36

  5. 5

    マリエの「枕営業」告発が、テレビや新聞で完全スルーされる本当の理由

    PRESIDENT Online

    04月20日 12:19

  6. 6

    早稲田政経の入試で数学必須が話題に… “数学不要論”に天才数学者の答えは

    ABEMA TIMES

    04月19日 17:41

  7. 7

    「俺はそういう人間だ」オンライン生活についていけないミドル男性は罪なのか

    土屋礼央

    04月19日 09:24

  8. 8

    「仲介手数料ゼロ」に気をつけて!賃貸契約で損しないための交渉術

    中川寛子

    04月19日 09:08

  9. 9

    ここで出しゃばる財務省?!雇用調整助成金のコロナ特例見直しは正しいけど、財務省から言い出すのは…

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月20日 08:19

  10. 10

    "都会より田舎の方が便利"に感じたこと「車で移動できる。駐車場代がかからない」

    キャリコネニュース

    04月20日 09:18

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。