記事

有名ラーメン店のスープや麺をそのまま冷凍 「宅麺.com」が好調

お店の前に長い行列――。並んででも食べたくなる名店の味。ラーメンも例外ではない。


 グルメには行列も味の一つかも知れないが、その常識を覆したベンチャー企業がある。

 全国の有名ラーメン店のスープと麺をそのまま冷凍。そんなグルメたちの夢をインターネット通販で実現したのがグルメイノベーション(株)(TSR企業コード:298357232、新宿区、井上琢磨社長)だ。運営する通販サイト「宅麺.com」は1年間で15万杯を販売した。

 「宅麺.com」は、チャーシューなど具材が入ったスープと麺をクール便で届ける。スープを湯煎し、麺は茹でるだけ。自宅で手軽に名店の味を楽しめる。

 同社の井上社長はサイバーエージェントでマーケティングを手掛けていた。「お店に行きたいけど行けない潜在的な需要がある」と市場の広がりに意気込みを語る。

グルメイノベーション(株)井上社長

人気ラーメン店に通い続け、信頼を獲得

 職人の腕や研究成果のスープや麺。人気店の「魂」をグルメイノベーションが販売するまでには、ラーメン店との信頼が必要だった。
 マーケティングのノウハウを持つ井上社長だが、信頼を得るための戦略は人気ラーメン店に通い続けて説得する地道な営業だった。

 ラーメン店も「宅麺.com」にスープや麺を提供するとお店のPRになる。お店と顧客の信頼を積み重ねて、注文は増え続けている。

 泥臭い営業と人気キャラクターとのコラボなどのマーケティングに加え、有名店の参加も増えたことから設立5年目で黒字化した。

 現在、「宅麺.com」が扱うラーメン店は約150店。会員数は約10万人に増えた。2018年3月期の売上高は前期比12.7%増の1億9,454万円と成長を続けている。

宅麺.comから届いた「らーめんバリ男」(筆者が調理・撮影)

 海外にも進出を果たした井上社長は「日本のラーメン店の味を提供し、海外のファンが日本のラーメン店を訪れるとインバウンドにも繋がる」と語る。夢は尽きない。
 発想の転換で切り開いた市場は広がり続けている。自宅で全国の有名ラーメン店の味を楽しむ。最高の贅沢がかなう時代が到来した。

(東京商工リサーチ発行「TSR情報全国版」2018年8月27日号掲載予定「Weekly Topics」を再編集)

 TSR情報とは

あわせて読みたい

「グルメ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。