記事

菅井きんさん死去…名バイプレイヤーが抱えていた母の悩み


菅井きんさんが8月10日、心不全のために亡くなっていたと所属事務所が伝えた。92歳だった。

菅井さんは終戦直後、友人と見た芝居に感銘を受け東京芸術劇場の研究生へ。“菅井きん”という芸名は、初舞台の演出家が本名・須斎キミ子にちなんでつけてくれたものだという。

51年の映画デビューを機に女優人生の花が開いた菅井さんは、名バイプレイヤーとして大活躍。映画「ゴジラ」や黒澤明監督(享年88)の映画「どですかでん」、伊丹十三監督(享年64)の「お葬式」にも出演してきた。

さまざまな役柄でインパクトを残してきた菅井さんだが、特に73年のドラマ「必殺仕置人」での中村主水をいびる姑・中村せん役が印象深い。本誌07年1月2日号で“せん”について菅井さんは「初めて苗字がある役だった」として、こう語っていた。

「『中村せん』のイメージがあまりに強すぎて、なんとかしたいと思っているんですけど、いまだに言われますね。実像と思ってしまう視聴者の方もいるみたい。意地悪ババアの素質があるもので(笑)」

だがいっぽうでは、そうした意地悪役を演じているなかで悩みもあったという。

「どうやったら意地悪く、憎々しく聞こえるかと、いろいろ声を出して試してみてあれになったわけですけど、なんか妙に反応が大きすぎて。娘の結婚に差しさわりが出ないかと真面目に悩みました。だって『むこ殿』の来手がないでしょう、こんな意地悪なバアさんがいたら(笑)」

チャーミングなコメントからも家族愛のにじむ菅井さんだが、それには理由があるようだ。というのも仕事優先の菅井さんは、あまり一人娘に構うことができなかったというのだ。

「私は仕事優先であんまりちゃんとした母親じゃなかったから、主人がものすごく猫かわいがりして育てました。お風呂も、主人が入れてくれました」

さらに「娘は仕事に出かけるときも後追いはね、私に対しては全然しませんでした。父親にはしたんですけどね」と語った菅井さん。だからこそ、娘に特別な感情があったようだ。

「母親としての引け目がいまだにあるんです。らしいことをしなかったですからね。娘は本当に苦労したと思います、こんな親で。コンニャロウと思うときもあるんですけど。親子というものはどうしようもないですね……」

これからも菅井さんは天国から娘の姿を見守り続けているはずだ。

あわせて読みたい

「芸能界」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  2. 2

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  3. 3

    不誠実な政治家は国民が生んだ?菅首相の弁論回避が合理的になった理由

    物江 潤

    09月27日 10:26

  4. 4

    詐欺が増加する不動産取引 司法書士はリスクに見合う仕事なのか

    内藤忍

    09月27日 15:28

  5. 5

    スーパーシティって何だ?

    ヒロ

    09月27日 10:32

  6. 6

    次の総理・世論調査 「立憲支持者も河野1位」の驚愕

    田中龍作

    09月27日 14:50

  7. 7

    世襲だらけの非自由非民主党の総裁選は選挙の顔で選ぶのか

    篠原孝

    09月27日 18:40

  8. 8

    TPPの厳しいハードルを迅速にクリア出来るのは中国か?台湾か?

    船田元

    09月27日 14:56

  9. 9

    緊急事態宣言とまん延防止措置、30日で全面解除の方針固める 政府

    ABEMA TIMES

    09月27日 20:09

  10. 10

    【読書感想】スポーツとしての相撲論 力士の体重はなぜ30キロ増えたのか

    fujipon

    09月27日 11:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。