記事

菅井きんさん死去…名バイプレイヤーが抱えていた母の悩み


菅井きんさんが8月10日、心不全のために亡くなっていたと所属事務所が伝えた。92歳だった。

菅井さんは終戦直後、友人と見た芝居に感銘を受け東京芸術劇場の研究生へ。“菅井きん”という芸名は、初舞台の演出家が本名・須斎キミ子にちなんでつけてくれたものだという。

51年の映画デビューを機に女優人生の花が開いた菅井さんは、名バイプレイヤーとして大活躍。映画「ゴジラ」や黒澤明監督(享年88)の映画「どですかでん」、伊丹十三監督(享年64)の「お葬式」にも出演してきた。

さまざまな役柄でインパクトを残してきた菅井さんだが、特に73年のドラマ「必殺仕置人」での中村主水をいびる姑・中村せん役が印象深い。本誌07年1月2日号で“せん”について菅井さんは「初めて苗字がある役だった」として、こう語っていた。

「『中村せん』のイメージがあまりに強すぎて、なんとかしたいと思っているんですけど、いまだに言われますね。実像と思ってしまう視聴者の方もいるみたい。意地悪ババアの素質があるもので(笑)」

だがいっぽうでは、そうした意地悪役を演じているなかで悩みもあったという。

「どうやったら意地悪く、憎々しく聞こえるかと、いろいろ声を出して試してみてあれになったわけですけど、なんか妙に反応が大きすぎて。娘の結婚に差しさわりが出ないかと真面目に悩みました。だって『むこ殿』の来手がないでしょう、こんな意地悪なバアさんがいたら(笑)」

チャーミングなコメントからも家族愛のにじむ菅井さんだが、それには理由があるようだ。というのも仕事優先の菅井さんは、あまり一人娘に構うことができなかったというのだ。

「私は仕事優先であんまりちゃんとした母親じゃなかったから、主人がものすごく猫かわいがりして育てました。お風呂も、主人が入れてくれました」

さらに「娘は仕事に出かけるときも後追いはね、私に対しては全然しませんでした。父親にはしたんですけどね」と語った菅井さん。だからこそ、娘に特別な感情があったようだ。

「母親としての引け目がいまだにあるんです。らしいことをしなかったですからね。娘は本当に苦労したと思います、こんな親で。コンニャロウと思うときもあるんですけど。親子というものはどうしようもないですね……」

これからも菅井さんは天国から娘の姿を見守り続けているはずだ。

あわせて読みたい

「芸能界」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    時代遅れの感が否めないほど低画質なサブチャンネル放送 NHKの五輪中継に苦言

    諌山裕

    07月31日 15:52

  2. 2

    次の総選挙結果は「与野党伯仲」ー〝真夏の白昼夢〟を見た/8-1

    赤松正雄

    08月01日 08:31

  3. 3

    バッハ高笑い!?東京五輪「やってよかった」が77%も!

    女性自身

    08月01日 08:42

  4. 4

    感染者4000人超に マスコミは五輪報道からコロナによる医療崩壊報道に切り替えるべき

    早川忠孝

    07月31日 17:57

  5. 5

    コロナはインフルエンザ程度?インフルエンザで死ぬかと思った24歳の時の話

    かさこ

    08月01日 09:14

  6. 6

    どうして日本から敢えて海外移住するのか?

    内藤忍

    07月31日 11:03

  7. 7

    無法地帯になってきた空港と選手村 感染爆発が止まらないのも道理

    田中龍作

    07月31日 08:43

  8. 8

    緊急事態宣言下で爆発している今の状況での延長なんて反感しか産まない ただ政府だけに責任押しつけるな 

    中村ゆきつぐ

    07月31日 08:58

  9. 9

    資格と能力は違う?資格や履歴書が充実していても使えない人材多い日本

    ヒロ

    08月01日 11:28

  10. 10

    「直感で感じたことは、7割以上正しい」――羽生善治 - 岡上貞夫

    幻冬舎plus

    08月01日 08:25

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。