記事

JOLEDがデンソーなどから470億円調達、有機EL生産体制構築へ


[東京 23日 ロイター] - 有機ELディスプレイの開発を手掛けるJOLED(ジェイオーレッド、東京都千代田区)は23日、デンソー<6902.T>などを引受先とする第3者割当増資により、総額470億円を調達したと発表した。2020年の有機EL量産開始に向け、生産体制の構築を加速させる。

引受先の内訳はデンソーが300億円、豊田通商<8015.T>が100億円、住友化学<4005.T>が50億円、SCREENファインテックソリューションズが20億円。デンソーとは車載向けディスプレイの開発で協力するほか、豊田通商には販売面の協力を仰ぐ。住友化学とは材料開発での協力体制を強化する。

JOLEDは同時に、パナソニックプロダクションエンジニアリングとSCREENファインテックソリューションズの2社と、印刷方式による大型有機ELディスプレイ製造のための印刷設備の販売・サービスに関して業務提携した。3社が連携することで、印刷方式の普及を目指す。

JOLEDは、有機ELディスプレイパネルの量産開発加速・早期事業化を目的としてソニー<6758.T>、パナソニック<6752.T>の有機ELディスプレイパネル開発部門を統合し、2015年1月5日に発足。世界で初めて印刷方式による有機ELディスプレイの製品化を実現した。

<デンソーは車載向け有機EL加速>

今回の引き受けでJOLED発行株の19.7%を保有する第3位の株主となったデンソーは、車載向け有機ELディスプレイの開発、量産化を加速させる。

これまで、メーターやカーナビゲーションシステム、ヘッドアップディスプレイなど車載向け機器には主にTFT液晶ディスプレイを用いてきたが、有機ELディスプレイはTFT液晶ディスプレイに比べて高画質で発色がよく、薄型・軽量で曲面化が容易なため、今後は有機ELディスプレイの開発を急ぐ。

*内容を追加しました。

(清水律子 志田義寧)

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  3. 3

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  4. 4

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  5. 5

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  6. 6

    ロンブー淳 TVに抱く気持ち悪さ

    文春オンライン

  7. 7

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  8. 8

    大阪市なくなるのは嫌という心理

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  10. 10

    大阪の幻想 維新が得する都構想

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。