記事

小林よしのり氏「新天皇の世の中、どうなるか楽しみ」

【『戦争をしない国 明仁天皇メッセージ』著者の矢部宏治氏】

 平成最後となる終戦記念日の天皇の「お言葉」は、近年同じだった文言に、「戦後の長きにわたる平和な歳月に思いを致し」という一節が付け加えられた。そこにはどんな思いが込められていたのか、『戦争をしない国 明仁天皇メッセージ』著者の矢部宏治氏と『天皇論 平成29年』著者の小林よしのり氏が議論した。矢部氏は今上天皇は沖縄という視点から見るとテロにもめげず慰霊を続けるなど、実は非常にアクティブで強い意志をもっていると指摘した。

小林:沖縄の件に続き、もう一つ革命的だったのは、被災地に行ったときに、しゃがんだりして被災者と目線を同じにしたこと。それはもう、今上陛下が独自につくったスタイル。それをやったら天皇の権威は失われてしまうと誰しも思った。わしも思っていた。ところが、違った。天皇に対する敬愛の念が高まり、逆に権威を高めた。すごい逆転劇だなと思いました。

矢部:沖縄の問題と同じで、本気度が伝わるんですね。

小林:即位したときは「戦後民主主義の青二才みたいのが天皇になった」と揶揄されたが、いまや昭和天皇より今上天皇のほうが国民の敬愛が高くなっているわけだから。

矢部:民主主義国家・日本における「新しい天皇像」を、ものすごい努力をして作り上げてこられた。その本来の務めができなくなったから譲位したいとおっしゃっているのに、安倍政権は当初、非常に消極的だった。保守派の言論人たちも政治的発言は「言うな」と。それはおかしいでしょう。

【『天皇論 平成29年』著者の小林よしのり氏】

小林:もともと「天皇は政治的な発言をするな」と主張するのは左翼だったんだけど、退位については右も「憲法違反だ」と、天皇を封じ込めようとした。安倍首相の周りの連中は皇室を政治利用するだけで、本当は全然尊敬していないので、平然と「退位させない」というわけです。天皇を担いで自分勝手にやろうと、「玉(ぎょく)を取った」気でいるんだ。

矢部:けれどもそれに対し、ビデオメッセージで強い意志を表明され、国民もまたそれを支持しました。

 今上天皇はご成婚時、将来は皇居を公園として開放し、ご自身は街なかに住んでそこから皇居内の“職場”に通う“職業天皇制”を実現したいと友人に語られたと報道されました。それは実現しませんでしたが、普通の家庭をつくり、自分たちの手で子供を育てたいという希望は通された。その家庭に支えられることで、個人の人権については自らの意志を貫く「新しい力」を得られたのだと思う。その力は次の天皇陛下にも受け継がれていくと思います。

◆一緒に祈るだけではダメ

小林:その一方で、天皇の本来の仕事である“祈り”もまったくおろそかにしてこなかった。そこがすごい。

 天皇は平和を祈る。だけど、国民の側は一緒に祈っているだけじゃダメなんですよ。平和をどのように実現するかを考えなければならない。「今まで戦争がなかったんだから、今のままがいい、憲法もそのままでいい」という風にはわしは考えない。平和を維持するため、どこからどこまではOKで、何がNGか、自衛権に縛りをかける憲法改正が必要だと考えている。

矢部:いままでは「議論しないこと」で「悪く変えること」を食い止めてきたが、そのフェーズは完全に終わりました。憲法を悪く変えられたくないのなら、その歯止めになるような改正案を出す必要がある。

 そして同時に日米同盟を根本から見直さなければならない。今上天皇のご成婚から即位までの30年間、日本は日米安保体制に支えられ、大きな経済発展をとげたことは事実です。しかし、次の平成の30年間は「軍事主権の放棄」というその本質が次第にあらわになり、日本中で「法治国家崩壊状態」が進んでしまった。

小林:日米地位協定をどうするか、米軍の存在をどう捉えるか、システムとしてどのように変えるかを考えなければ、沖縄の人たちを救うことはできないと思う。

矢部:亡くなられた翁長雄志・県知事は、「憲法の上に日米地位協定がある」「国会の上に日米合同委員会がある」と明言していましたが、米軍と外務省が憲法を無視して何でも決めてしまえる法的構造が現実に存在する。保守派にもおかしいと気づきはじめた人が多い。

 安倍首相は「戦後レジーム」を目の敵にしてきたけれど、「軍事主権の放棄」を法的に確定させたのは、実は祖父の岸首相が安保改定時に結んだ密約なわけです。しかしすでに冷戦は終わり、朝鮮戦争の終戦宣言が出ることも確実です。歪んだ米軍支配体制は早晩、崩壊に向かうと思います。

小林:次の世の中はどんな世の中になっていくのか、新天皇はどんな世の中を目指そうとされるのか、ものすごく楽しみではある。天皇と上皇の二重権威になるという人がいるが、今上陛下は新天皇の邪魔になることは絶対にしない。天皇陛下が壇上に上がってスピーチされるとき、皇后陛下は横でずっと頭を下げているんです。天皇は一人であり、権威の重さがまったく違う。だから、新天皇にいまの陛下が頭を下げた瞬間、みな新たな天皇というものを理解するでしょう。

矢部:私も次の時代については楽観視しています。新しい天皇はあの素晴らしいお二人のもとで長い準備をされてこられたのですから。

■こばやし・よしのり:1953年、福岡県生まれ。漫画家。代表作『ゴーマニズム宣言』シリーズのスペシャル版『天皇論 平成29年』が大きな話題に。

■やべ・こうじ:1960年、兵庫県生まれ。書籍情報社代表。著書に『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか』『戦争をしない国 明仁天皇メッセージ』(須田慎太郎氏との共著)など。

※週刊ポスト2018年8月31日号

あわせて読みたい

「天皇陛下」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池知事にアラビア語答弁を要求

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    ウォン売り継続 地獄の韓国経済

    PRESIDENT Online

  3. 3

    自民重鎮 テレ朝・玉川氏に苦言

    深谷隆司

  4. 4

    「モニタリング小泉」議員が皮肉

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    いきステ コスパ重視で復活可能?

    内藤忍

  6. 6

    コロナ自粛で見えた隣人の本性

    松崎りえこ

  7. 7

    電通委託 安倍一強が政治を劣化

    早川忠孝

  8. 8

    「民度違う」麻生氏の発言が物議

    SmartFLASH

  9. 9

    AVからスカウト 嬉しい女性心理

    幻冬舎plus

  10. 10

    給付金事業 経産省が定款準備か

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。