記事

中国のエネルギー戦略の要となっているアンゴラ

アンゴラはアフリカの南西部にある国で2002年まで内戦が続いていました。内戦終結後はダイヤモンドや原油などの豊富な地下資源の輸出で高度な成長を続けています。

さてそのアンゴラの原油埋蔵量ですがBPのスタティスティカル・レビューによると2010年の確認埋蔵量は135億バレルで世界の確認埋蔵量の1%を占めています。また可採年数は20年です。現在の原油生産高は18.5万バレルで世界の原油生産シェアの2.3%を占めています。

2010年の中国のアンゴラからの原油輸入量は78.8万バレル/日で、中国の輸入の16%を占めています。

リンク先を見る

アンゴラのオフショアの深海油田はちょうどブラジルのリオデジャネイロ沖のサントスと同じく、大水深のプレソルト(海塩層下)油田です。実際、大昔にはこんにちのアフリカ大陸のアンゴラのある位置はブラジルとほぼつながっており、アンゴラのクウァンザ・ベイシンとブラジルのカンポス・ベイシンはひとつのデポジット(油床)だったと考えられています。

リンク先を見る

そのクウァンザ・ベイシンのカメイア1号でコバルト・インターナショナル・エナジー(ティッカー:CIE)が2月11日に予想を上回る流量の試掘に成功したと発表しました。この油井だけで2万バレル/日程度の生産が可能だと見られています。

コバルトの株価はこの日だけで30%近く急騰しました。

トピックス

ランキング

  1. 1

    れいわの甘い危機管理が致命傷に

    田中龍作

  2. 2

    コロナの誤解指摘 辛坊氏に反響

    女性自身

  3. 3

    小池圧勝 公約どうでもいい都民

    文春オンライン

  4. 4

    橋下氏「熊本知事の後悔分かる」

    PRESIDENT Online

  5. 5

    行政の現場丸投げに尾身氏が怒り

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    謙虚さに欠ける泉佐野市長の言動

    PRESIDENT Online

  7. 7

    「責任痛感」安倍首相は口先だけ

    大串博志

  8. 8

    無責任に石炭火力削減を叫ぶ朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    PayPayに追随した電子決済の末路

    PRESIDENT Online

  10. 10

    飲み会解禁する会社の多さに衝撃

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。