記事

橋下徹「靖国神社参拝よりも大事なこと」

1/2

終戦記念日を迎えるたびに靖国神社への閣僚の参拝問題が取りざたされるが、一方であまり知られていない事実がある。全国に80ほどある旧陸軍墓地が政府や自治体から放置され、荒廃一歩手前だという。ここに光を当て、国立の追悼施設などをつくるのが「靖国参拝」を唱える政治家たちの務めではないか。プレジデント社の公式メールマガジン「橋下徹の『問題解決の授業』」(8月21日配信)より、抜粋記事をお届けします――。

(略)

■クソの役にも立たない政治家の「ファッション強気」

国会議員は、外交問題になると、とにかく強気の姿勢を示す。弱腰だと支持が集まらないと思っているのであろう。まあこのような政治家の姿勢は世界共通のところもあるけど。

しかし、ほんと国会議員のこのような「ファッション強気」はクソの役にも立たないし、何の解決策も生まない。

(略)

8月15日の靖国神社への参拝でも国会議員は強気の姿勢を示すのが好きだ。

もちろん国を守るために命を落とした方々へ、感謝と尊崇の念を表することは当然だ。これは世界各国共通のこと。このようなことが国をあげてきちんと行われることで、兵士も国のために命をかけて戦うことができる。

(略)

しかし、靖国神社には敗戦国である日本に特有の問題がある。いわゆるA級戦犯が合祀され、中国・韓国が、日本の政治指導者が靖国に参拝することに対して猛烈な反発をするという問題だ。

僕も無責任なコメンテーター時代は、戦勝国が勝手に決めた戦犯というものに日本が従う必要はない、靖国参拝に反対するのは中国、韓国くらいで世界の多くの国は靖国参拝に賛成してくれている、などと主張していた。

ところが現実の政治を経験すると、無責任なコメンテーターの主張がそうは簡単には通らないことを目のあたりにする。

実際、あの安倍さんでさえ、一度靖国参拝しただけで、その後参拝していない。今では安倍内閣の閣僚全員が参拝しなくなった。何の責任も負っていない一国会議員のときには、あれだけ靖国参拝を強く主張していた稲田朋美さんも、責任を負う防衛大臣に就任した途端、靖国参拝は止めざるを得なかった。言い訳のためにわざわざジブチへ海外出張に行ったくらいだ。天皇陛下も靖国に足をお運びにならない。また、政治指導者は他国を訪問した際、その国の兵士を祀る墓地へ足を運ぶ。日本の政治指導者もアーリントン墓地などに足を運んで花を捧げている。これも世界で共通の常識。ところが、アメリカなどの世界に影響力のある国家の指導者は日本を訪れた際、靖国参拝をしない。

結局8月15日に、靖国神社に参拝をするのは、何の責任も負っていない国会議員だけである。彼ら彼女らが参拝しても、中国、韓国は猛反発しない。それは、そのような国会議員が参拝しても日本や中国、韓国にとって何の影響力もないと考えているからである。そしてそのような国会議員に限って、100人くらいの集団を組み、「みんなで靖国に参拝しよう!」と張り切って参拝する。中国、韓国から猛批判のある中、その批判をものともせず、自分たちは信念を強く貫いているんだと自己陶酔している。

あのね、一国会議員の皆さん。責任を負っていないあなたたちが、いくら参拝しようが中国や韓国は気にしていないの。だからそんな大げさに参拝しなくても、普通に行きなさいよ。別にわざわざ集団を組んで、示威する必要はない。そもそも死者を弔う参拝は、一人で静かに行うものなんじゃないのかね。本当に信念を貫くというなら、内閣総理大臣、首相になってからやってみろっていうんだ。

日本の国会議員の本当の責務は、内閣総理大臣、特に天皇陛下が靖国参拝されていない現実をしっかりと課題として認識し、参拝できるようにその課題解決策を考えることだ。

(略)

■政府・自治体が「旧陸軍墓地」を放置していいのか?

そしてこの連中が、命を落とした兵士への尊崇の念を口にすることが、いかにファッションであるかを物語る一例がある。それは旧陸軍省墓地が政治行政から完全に見放されているという悲惨な現状だ。

(略)

今年の5月は、大阪城周辺で、真田幸村巡りをした。有名な真田の抜け穴のある三光神社や真田丸跡(現・大阪明星学園)などを巡った。この三光神社を抜けると、そこには旧陸軍省真田山墓地がある。場所は大阪市天王寺区玉造。

僕は、知事・市長のときにここに足を運んだことはなかった。このような存在は何かの話で少し耳にしていたが、特段アクションを起こさなかった。この時点で、僕も靖国ファッション参拝者と同じ穴のムジナなんだよね。英霊に尊崇の念を表すべきという僕の言葉も、ほんとファッションだったなと痛感している。

(略)

この旧陸軍墓地は、全国に80カ所ほどあるらしい。その名の通り、旧陸軍省所管の墓地で、兵士や軍属(軍に雇われた民間人)の墓がある。この大阪の真田山墓地は全国の陸軍省墓地の中でも最古・最大級のもの。大村益次郎が大阪に陸軍の拠点を作って、その流れからこの墓地が作られた。

(略)

僕がこのメルマガで言いたいのは、この旧陸軍省墓地を日本政府や地方自治体が全くの放置状態にしているのはダメだろうということ。そして全国でも最古・最大級の大阪の墓地が放置されているということは国家の最大級の怠慢だ。僕は大阪府知事であり大阪市長であったのに、一度も訪問していない。僕自身も最大級の怠慢だった。

(略)

あわせて読みたい

「靖国神社」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    アダルト分野で素顔を晒す是非

    工藤まおり

  2. 2

    吉本芸人は謝罪文をこう書くべき

    永江一石

  3. 3

    彼女の生理日を知りたい男性9割

    工藤まおり

  4. 4

    よしのり氏「小室家は被害者」

    小林よしのり

  5. 5

    徴用工問題避けたい文政権の本音

    文春オンライン

  6. 6

    闇営業横行を断罪できぬ芸人たち

    たかまつなな

  7. 7

    銀行員のジーパン勤務OKに大賛成

    川北英隆

  8. 8

    殺人恐れひきこもり 男性の復活

    不登校新聞

  9. 9

    宗男氏 枝野氏の趣旨弁明に苦言

    鈴木宗男

  10. 10

    よしのり氏「安保破棄してくれ」

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。