記事

「壁紙のはがれ」を業者に頼むと大損する

「壁紙のはがれ」や「網戸のほつれ」を放置してはいないだろうか。そのままにすれば、あとで大きな費用がかかる。おすすめは、専門業者に修繕を頼むまえに、自分でメンテナンスすることだ。費用はグッとおさえられ、なにより気軽だ。修理のプロでありDIYの達人である西沢正和氏が、身のまわりのものを自分で安く修理する方法を解説する――。

※本稿は、西沢正和監修『自分で直せば断然お得!身のまわりの修理の教科書』の一部を再編集したものです。修理業者に依頼した場合と、自分で修理した場合にかかる費用を紹介していますが、あくまで金額は目安であり、依頼する業者や購入する材料、購入する店舗などによって実際の費用は異なります。


■築20年経てば、メンテナンスする箇所は増えてくる

だいたいどの家も、築20年経つと、次から次へとガタがくるものです。屋根の防水工事など、どうしてもプロに頼んで修繕しなくてはいけない箇所はありますが、ちょっとした壁紙のはがれや玄関まわりなど、道具さえあれば、意外と簡単に直すことができますよ。

壁紙は湿気が多いと伸び、少ないと縮みます。そのまま放っておくと、はがれた部分が広がり、そこにほこりもたまって、壁そのものが傷んでしまいます。素人が手に負えない状況に陥る前に、壁紙用接着剤などで補修することが大切です。

業者にお願いすると、「一部だけ修繕して」というお願いはできないことが多いでしょう。壁一面張り替えて、2万5000円ほどかかります。でも、自分で部分補修を行えば約1400円と、20分の1強の値段で壁全体の傷みを未然に防ぐこともできます。

網戸は穴が開いてしまうと虫が入ってきますし、外からもよく見えるところにあるため、家全体の景観も損ないます。こちらも業者に頼んで全体を張り替えると、1枚約6000円と痛い出費になります。しかし小さい穴なら、網戸専用の補修シートを貼れば、自分で簡単に直せます。古くなった押さえゴムも同時に交換すると、網戸が長持ちするのでお勧めです。

水まわりでは、ハンドルからの水漏れも、意外に簡単に直せます。長年蛇口を使っていると、ハンドルから水が漏れだすことがあります。これは、蛇口の中にあるナットの三角パッキンの劣化が原因です。業者に修理をお願いすれば5000円ほどかかりますが、ウォーターポンププライヤーとドライバーを使って自分で新しい三角パッキンに交換すれば、約130円ほどで直せるので、お得です。

家の外まわりでは、塀のひび割れも自分で直せると知っていますか? 塀に使われるモルタルなどは、年数が経つにつれ、劣化してひび割れてきます。小さいひび割れでも、そのままにしておくと雨水が中まで侵入し、中にある鉄筋がさびて腐食します。鉄筋が腐食すると、塀そのものの強度が低下して、とても危険です。

今一度家のまわりの塀を確認し、ひび割れを見つけたらできるだけ早く補修しましょう。こちらは業者に頼むと1平方メートルあたり約1万3000円かかりますが、歯ブラシとヘラ、シリコーン系充填剤があれば約1300円で直せます。


■一生使える「修理の相棒」を揃えよう

ちょっとした修理に使える「相棒」として、ドライバーやレンチ/スパナ、ペンチといった基本的な工具を常備しておくととても便利です。安価なセットも売ってはいますが、使いづらかったり、ネジを締めているときにドライバーの先が欠けてしまったりしますから、質のよい道具を選ぶことが大切です。

ドライバーはプラスとマイナスを、大小のサイズ違いで各2本ずつ。プラスドライバーNo.1なら400円、No.2でも500円ですし、長持ちするので、長い目で見ると大変お得です。

レンチやスパナは、ボルトやナットを挟んで回し、締めたりゆるめたりするのに使います。水まわりや自転車、組み立て式の家具など、案外さまざまなところにボルトやナットが使われています。もっとも一般的なのは、ボルトやナットをくわえる部分の幅を自由に調整できるモンキーレンチ。さまざまなサイズに対応できます。

ペンチはものをはさんで、曲げる、引っぱる、切るなど、多様な使い方ができる工具。ゆるめたネジやナットをはさんで引き抜いたり、針金の余った部分を切断したりと、大いに役立ちます。全長125~250mmのものがありますが、使いやすいのは断然150mmのものです。

どこの家にもあるカッターナイフも、用途によって使い分けると便利です。壁紙や障子、粘着シートなどを切る時に重宝しますが、A型と呼ばれる刃の小さなものは紙などやわらかく薄いもの、L型と呼ばれる刃の大きなものは薄い合板やダンボールなどを切るのに使います。価格の目安はA型200円、L型も300円ほどで購入できるので、両方揃えておくとよいでしょう。

このように、よく使う道具をいざというときのために常備することで、急に家具が壊れたときに対応できたり、ふだんからちょっと気になっていた部分をサッとメンテナンスしたりすることができます。

■これからの時代は「自分で直す」スキルが必要

異常気象による自然災害など、建物の劣化を加速させる要因には事欠きません。適切なメンテナンスをされないまま放置され、朽ち果てていく家も増えています。一方で、大量消費をやめ、ひとつのものを修理して大切に使おうと考える人々も増えているように感じます。

このような時代だからこそ、個人が「自分で直す」スキルを持って、ていねいに身のまわりのものを修理していくことが必要ではないでしょうか。


「何から始めたらいいのかわからない」という人は、家具の修理をしてみてはいかがでしょう。開け閉めの多いキッチンの戸棚やキャビネットの扉は、がたついてスムーズに閉まらなくなることがあります。これは、スライド蝶番のネジがゆるむなどして、扉の位置がずれたためです。ドライバーを使って左右、上下、前後のそれぞれのネジを調整し、扉の位置を調節すれば直ります。業者に立てつけを見てもらうと約1万円かかるところ、自分で行えば0円で済みます。

システムキッチンの収納扉や、リビングの家具の扉は、長年使っていると汚れや色あせが目立つもの。家具に粘着シートを貼り付けてリフレッシュするのも、業者にお願いすれば約1万8000円ですが、自分で行えば約3,400円と、手軽に行うことができます。

もちろん、電気やガス関係、屋根周りなど、素人が行うと危険な修繕もあります。そのようなところはプロにお願いするとしても、自分でできるところは自分で直すことを心がければ、快適で安全な環境が守られ、家の中や周辺のみならず、地域、ひいては日本全体を丁寧にメンテナンスすることにつながると思います。

ちょっとした修理やDIYに目覚めたら、たまに田舎に帰省したときなど、古くなった実家のはがれた壁や、穴のあいた床などを、老いた両親に代わって修理してみてはいかがでしょうか。きっと喜ばれると思いますよ。

----------

西沢正和(にしざわ・まさかず)
DIYアドバイザー
1957年、東京生まれ一般社団法人日本ドゥ・イット・ユアセルフ協会シニアDIYアドバイザー。電気工事士。有限会社ウッドハウス代表取締役。日本DIY協会のDIYアドバイザー学科・実技資格試験講師を務めるかたわら、新聞、雑誌への寄稿なども手がけている。横浜で50年愛されている修理屋さんの二代目。

----------

(DIYアドバイザー 西沢 正和 MasakazuNishizawa,ZOUJIMUSHO=図版)

あわせて読みたい

「住宅」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  2. 2

    新しい生活様式嫌がる日本医師会

    御田寺圭

  3. 3

    飲み会の2次会 死語になる可能性

    内藤忍

  4. 4

    官邸前ハンスト 警官と押し問答

    田中龍作

  5. 5

    菅首相が最優先した反対派の黙殺

    内田樹

  6. 6

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  7. 7

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    任命拒否 学者6名に無礼な菅首相

    メディアゴン

  10. 10

    「マスクは有効」東大実証を称賛

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。