記事

東京五輪中の大学の授業やテスト、自粛求める国の通知に波紋「商業イベントに学生を無償ボランティアさせるな」

東京オリンピック・パラリンピックのボランティア参加を促すため、文部科学省とスポーツ庁が全国の大学と高校に対して、大会期間に授業をしないよう求める通知を出したことが波紋を広げている。

多くの大学では、7月下旬や8月上旬にかけて期末試験が続くため、五輪期間中はテスト期間と開催期間が重なってしまう。毎日新聞によると、通知では、4月の授業時間を繰り上げや、祝日の授業実施などを求めているという。(文:石川祐介)

勝間和代「教えるほうは結構微妙です。GW出てくれってことですよね?」

学業よりボランティア?

8月20日放送の『バラいろダンディ』(MX系)でもこの話題に触れ、様々な意見が飛び交った。中央大学大学院で客員教授を務めている勝間和代さんは、

「学生さんには良いかもしれないですけど、教えるほうにとっては結構微妙です。毎回シラバス作ります。日程合わせて、スケジュール作って、何曜日にこれをやるって決めるのに。これってGW出てくれってことですよね?学生さんにとっても先生にとっても」

と渋い顔を見せる。ボランティアをやりたい人には良い制度だが、そうでない人にとっては微妙だと口にした。

認知科学者の苫米地英人さんは「オリンピックはロサンゼルスオリンピックの時から商業イベントに変えたんですよ」とオリンピックの運営実態を指摘。

「そこにボランティアがタダ働きで行くっていう変わった構図なんですよね。国がそこのために『タダ働きで行け』っていう論理は、純粋なアマチュアスポーツに戻すなら良いけど、明らかにプロフェッショナルなイベントになってるんで、だいぶ本末転倒。文部科学省がこんなこと言っちゃ絶対ダメですよ」

と怒りを露わにした。広告代理店が大きな収益を上げるのだから「ちゃんと予算計上すればいい。日給いくらとか」とボランティアの待遇改善を求め、武井壮さんも「せめて交通費や宿泊代、食費だったりとかは全部支給してあげるなりしたほうがいい」と同意していた。

あわせて読みたい

「東京オリンピック・パラリンピック」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医師が勧める「孤独のグルメ」

    PRESIDENT Online

  2. 2

    たらい回し? 肺炎報道に医師苦言

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    口頭決裁? 権力の私物化が露呈か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    コロナ不安も福島県が検査を拒否

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  5. 5

    店員はマスク禁止 マック違法か

    田中龍作

  6. 6

    Perfume公演行かず 命守る行動を

    常見陽平

  7. 7

    「映像研」落語好きが唸るアニメ

    松田健次

  8. 8

    河野太郎氏 SNSで器の小ささ露呈

    文春オンライン

  9. 9

    新型インフル抑えた「過剰反応」

    井戸まさえ

  10. 10

    保育士グラドルの姿は心理的虐待

    田中俊英

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。