記事

在トルコ米国大使館発砲、2人拘束 容疑認める

[アンカラ 20日 ロイター] - 在トルコ米国大使館発砲事件を巡り地元当局は20日、容疑者2人の身柄を拘束した。

首都アンカラの知事部局によると、同日午前5時半(日本時間午前11時半)ごろ、走行中の白い車両から大使館の安全ゲートに向けて銃弾6発が撃ち込まれ、3発が鉄扉や窓に当たった。

2人は30歳代後半で、当局が車両やピストルを押収。調べに対し容疑を認めているという。

2人には犯罪歴があるといい、当局が背後関係などを詳しく調べている。

*情報を追加しました。

あわせて読みたい

「トルコ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  2. 2

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  3. 3

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  4. 4

    感染ゼロを求めない日本は理想的

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  6. 6

    「特攻」冬の発熱対応に医師嘆き

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    高齢者は貯蓄 現金給付改善せよ

    永江一石

  8. 8

    支持率-12ポイント 菅政権の過ち

    舛添要一

  9. 9

    瀬戸大也イバラの道 海外で驚き

    WEDGE Infinity

  10. 10

    公明・山口氏の的確な都構想演説

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。