記事

日テレのポスト水卜アナ問題 入社半年新人が重圧背負う裏事情


元乃木坂46のメンバーで今年4月に日本テレビへ入社した市來玲奈アナウンサー(22)が、10月から同局系「行列のできる法律相談所」アシスタントに就任するという。8月19日放送の同番組で発表された。

アシスタント就任は同日、生放送でサプライズ発表。驚いた市來アナは「ずっと大好きな番組で憧れていたので信じられない」と涙目。2代目アシスタントの徳島えりかアナ(29)は9月で卒業するが、市來アナは「徳島さんや皆さんが作り上げた番組の雰囲気を壊さないよう、頑張りたいと思います!」と意気込んだ。

卒業後の退社は否定した徳島アナ。自身が卒業する理由について「会社の方針として若返りを」と説明。実は、若返りは日テレの女子アナが抱える大きな課題だというのだ。

「日テレの“絶対エース”といえば、昨年まで『好きな女性アナウンサーランキング』で5連覇中の水卜麻美アナですが、彼女は現在31歳。このところ、フリー転身のうわさも浮上し始めています。本来ならば水卜アナが退社してもいいように、20代の“エース候補”を育成しておくべきでした」(芸能記者)

水卜アナの翌年には、徳島アナが入社。以後、毎年2〜3人の女子アナが入社。それなりにメインの番組に抜てきはされているが……。

「水卜アナのようなインパクトある女子アナはおらず、“エース候補”が不在。そこで白羽の矢が立ったのが市來アナ。入社半年足らずで上層部からの多大なる期待を背負わされることになってしまった」(日テレ関係者)

多大なるプレッシャーをはね返して女子アナとして成長してほしいものだ。

あわせて読みたい

「アナウンサー」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    マリエの「枕営業」告発が、テレビや新聞で完全スルーされる本当の理由

    PRESIDENT Online

    04月20日 12:19

  2. 2

    「仲介手数料ゼロ」に気をつけて!賃貸契約で損しないための交渉術

    中川寛子

    04月19日 09:08

  3. 3

    日米首脳会談 菅首相訪米の重要性を理解できない野党の残念さ

    城内実

    04月20日 09:09

  4. 4

    TBS『週刊さんまとマツコ』視聴率が取りにくい枠での成功目指す「逆張り」に期待

    メディアゴン

    04月20日 08:36

  5. 5

    スガ首相「要請」を「メドが立った」とすり替える ワクチン確保のお寒い現実

    田中龍作

    04月20日 08:43

  6. 6

    自民党内に“5月下旬に東京都に緊急事態宣言ならオリンピック開催は危うい”との見方も

    ABEMA TIMES

    04月20日 08:32

  7. 7

    ここで出しゃばる財務省?!雇用調整助成金のコロナ特例見直しは正しいけど、財務省から言い出すのは…

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月20日 08:19

  8. 8

    "都会より田舎の方が便利"に感じたこと「車で移動できる。駐車場代がかからない」

    キャリコネニュース

    04月20日 09:18

  9. 9

    9月末までにワクチンのめどがついたのであれば根拠を示すべし

    大串博志

    04月20日 08:24

  10. 10

    【読書感想】ニッポン 未完の民主主義-世界が驚く、日本の知られざる無意識と弱点

    fujipon

    04月20日 10:40

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。