記事
  • mkubo1
  • 2012年02月14日 22:17

日銀の金融緩和は成功するのか!

日銀が金融緩和をしました。
昨日のブログでも、その可能性を書いていたのですが、なんと、10兆円の基金増額を行いました。
今年かけて、JGBを買い入れるとのことです。
また、インフレターゲット戦略は、より明確化し、当面1%を目指すと言っています。

第一印象は、ポジティブです。
資産買い入れ額の拡大幅も、想定(5兆円)よりも大きいものとなりました。
また、タイミングも、ややサプライズ感もあったように思います。

問題点もありますよ。
購入資産が国債に限定されています。
なぜ、当初のようにリスクアセットを買わないのか。
つまり、リスクアセットの購入を通して、景気刺激を行うというコミットメントはどこに行ったのかということですね。

まあ、いいでしょう。
インフレ率1%、本来なら諸外国と同様に2%とすべきかもしれませんが、ぜひ、1%にしてもらいたいものです。

この日銀の政策が、どの程度効果的かということですが、ずばり言えば、ドル円を見ておけばいいと思います。
円安になれば、日銀の勝ちです。
円安になれば、株価も、さらに上がることでしょう。

いろいろ雑音はあると思いますが、ここだけ見ておけばいいでしょう。
円安になる=デフレ脱却ということです。

今回の日銀の政策は、ある意味、サプライズもあり、危機感の表れでもあり、その結果が、この政策だとは思います。
日銀なりにがんばったと思いますが、このブログでも何回も書いていますが、市場との対話が少ないのです。
これは、インフレ率を改善していく時に、市場の温度を測りながら、政策や発言に強弱をつけていかなければいけないでしょう。
その点で、FRBは、一日の長があると思います。

では、円安になるかどうかですが、まだ、難しいかもしれません。
確かに今までに比べて前向きなような気がしますが、やはり、対話不足、よって、無駄なカードを切った感すらありますね。
今後、米国はQE3に向けて舵を切ると思われます。
その時、もう一回、カードを切れるかどうか。
そこまで、見据えておくべきでしょう。

前原政調会長が「今回の政策決定には一定の評価をするが、持続性・継続性と結果が求められる点で注視していく」と言っています。
その通り。
是非とも政治もそのように結果重視でお願いします。

(追記)

日銀がリスク資産の購入を見送り国債のみの購入になっているのは、リスク資産を購入しても景気への刺激が十分に観測できないからかもしれませんが、要は、無駄と思っているのかもしれませんが、多分、今まで、購入した、リスク資産に含み損が発生して、これ以上、日銀保有の資産が傷むことに耐えれないのかもしれません。
もし、そうであれば、困ったものです。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    中等症めぐり政府の揚げ足を取る毎日新聞 いい加減な記事を出すのは許されるのか

    中村ゆきつぐ

    08月04日 08:26

  2. 2

    患者対応をめぐる行政と開業医の役割分担 国会議員がルール化する必要性を橋下氏指摘

    橋下徹

    08月04日 12:14

  3. 3

    強行放送!緊急事態宣言下の24時間テレビは「ジャニーズ祭り」

    渡邉裕二

    08月04日 08:04

  4. 4

    環境省がエアコンのサブスクを検討 背景に熱中症死亡者の8割超える高齢者

    BLOGOS しらべる部

    08月04日 18:05

  5. 5

    「スゴイ日本!」ばかりのテレビ五輪放送。在留外国人は東京五輪を楽しめるか

    Dr-Seton

    08月05日 08:29

  6. 6

    東京都心に住むコストをケチってはいけない

    内藤忍

    08月04日 11:37

  7. 7

    オリ・パラ後の新国立は誰のためのスタジアム? - 上林功 (追手門学院大学准教授)

    WEDGE Infinity

    08月04日 09:49

  8. 8

    菅政権の自宅療養方針に与党議員が批判?? 無責任な姿勢は最低なパフォーマンス

    猪野 亨

    08月04日 14:17

  9. 9

    中等症入院不可…専門家の意見を聞いていなかったとは

    大串博志

    08月05日 08:22

  10. 10

    有害な言論はどこまで警戒すべきか?

    元官庁エコノミスト

    08月04日 15:07

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。