記事

米軍、イラク駐留は「必要な限り」継続へ=広報官


[アブダビ 19日 ロイター] - イラクで過激派組織掃討作戦を展開してきた米軍主導の有志連合の広報官は19日、「イスラム国」(IS)が過去に制圧した地域の安定化を支援するために「必要な限り」米軍駐留を継続すると述べた。

ショーン・ライアン大佐はアブダビで開かれた記者会見で、「米軍が必要とされているとわれわれが考える限り、駐留を続ける。ISは軍事的に敗れたが、安定化への取り組みのため、まだ駐留の必要がある」とした。

ただ、イラク駐留米軍の数は現在の約5200人からさらに削減される可能性があると明らかにした。

「削減の可能性はある。NATO(北大西洋条約機構)がいつ部隊を派遣し、(イラク)兵の訓練支援に加わるかによる」と語った。

あわせて読みたい

「イラク」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナが炙り出す質低い大人たち

    毒蝮三太夫

  2. 2

    ドラゴンボールが儲かり続ける訳

    fujipon

  3. 3

    元慰安婦団体なぜ内部分裂したか

    文春オンライン

  4. 4

    ブルーインパルス飛行批判に落胆

    かさこ

  5. 5

    元自民議員 安倍政権長く続かず

    早川忠孝

  6. 6

    報ステ視聴率危機? テレ朝に暗雲

    女性自身

  7. 7

    コロナ対策成功は事実 医師指摘

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    上場企業レナウン倒産に業界激震

    大関暁夫

  9. 9

    コロナとN国で紅白歌合戦ピンチ

    渡邉裕二

  10. 10

    検察庁前で開催「黒川杯」に密着

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。