記事

米軍、イラク駐留は「必要な限り」継続へ=広報官


[アブダビ 19日 ロイター] - イラクで過激派組織掃討作戦を展開してきた米軍主導の有志連合の広報官は19日、「イスラム国」(IS)が過去に制圧した地域の安定化を支援するために「必要な限り」米軍駐留を継続すると述べた。

ショーン・ライアン大佐はアブダビで開かれた記者会見で、「米軍が必要とされているとわれわれが考える限り、駐留を続ける。ISは軍事的に敗れたが、安定化への取り組みのため、まだ駐留の必要がある」とした。

ただ、イラク駐留米軍の数は現在の約5200人からさらに削減される可能性があると明らかにした。

「削減の可能性はある。NATO(北大西洋条約機構)がいつ部隊を派遣し、(イラク)兵の訓練支援に加わるかによる」と語った。

あわせて読みたい

「イラク」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    清田コロナ不倫 球界も冷たい目

    WEDGE Infinity

  2. 2

    議員の保身? デジタル化せぬ国会

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    共通テスト 鼻マスクで1人失格に

    ABEMA TIMES

  4. 4

    米議事堂襲撃 副大統領は間一髪

    WEDGE Infinity

  5. 5

    五輪判断 どう転んでも政府苦境

    内藤忍

  6. 6

    スピルバーグ氏に見る残酷な一面

    Dain

  7. 7

    官邸崩壊の足音 秘書官もう交代

    NEWSポストセブン

  8. 8

    Amazon書籍レビューは中身より数

    Chikirin

  9. 9

    急患止めざるを得ない病院の悲鳴

    田中龍作

  10. 10

    トランプ氏罷免せず 判断を評価

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。