記事

済美・山口直哉「酷使」への心配に監督の胸中は

1/2
【星稜戦では184球を投げた(共同通信社)】

 第100回全国高校野球選手権記念大会では、毎試合のように足を痙攣する選手が続出。3日目は、高岡商業の左腕エース・山田龍聖や主将・中村昂央(こうよう)が足をつるなど、4試合で計6選手が救護された。選手に留まらず、6日目には永井秀亮球審も交代を余儀なくされた。

 中でも、済美対星稜戦は、猛暑に見舞われた100回大会を象徴するような試合だった。星稜の先発・奥川恭伸が足の痙攣、4番手の竹谷理央も足をつり、継投策に混乱を招いた。

 最大6点をリードしながらタイブレーク(延長12回を終えて同点の場合に、無死一、二塁から13回の攻撃を始めるルール)にもつれこんだ理由は、予期せぬアクシデントの続出に他ならない。林和成監督が言う。

「石川大会では足をつる選手は1人もいなかった。正直、あれだけ暑さの中で練習しているのに、甲子園では軽傷を含めて4人の足がつった。県大会と甲子園では消耗の仕方が違う……」

 暑さ対策として、複数のタイプの異なる投手を継投する野球は、これから主流になっていくだろう。

あわせて読みたい

「高校野球」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    “愛国芸人”ほんこんが「デマツイート」で提訴される 原告代理人・米山隆一氏は怒り

    SmartFLASH

    07月26日 09:58

  2. 2

    東京五輪「手のひら返し」が驚くほど早かった理由 - 新田日明 (スポーツライター)

    WEDGE Infinity

    07月26日 08:17

  3. 3

    配信が充実した東京オリンピック 無観客開催でも十分なお釣りが来る内容

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月26日 08:32

  4. 4

    60歳4人に1人が貯金ゼロ 原因は晩婚化による“支出三重苦”

    女性自身

    07月26日 13:23

  5. 5

    作曲家がLGBT差別の杉田水脈氏を肯定…開会式のドラクエ起用に疑問続出

    女性自身

    07月26日 12:26

  6. 6

    小山田圭吾の件について考える 作品と作者は別ものか

    紙屋高雪

    07月26日 09:10

  7. 7

    「金メダリストの“看板”で仕事をもらえるほど甘くない」五輪アスリート“第二の人生” 現役引退後の現実

    ABEMA TIMES

    07月26日 10:23

  8. 8

    五輪開催に反対でも観戦したくなるのは人情 選手を応援するのは自然な感情の発露

    早川忠孝

    07月26日 14:00

  9. 9

    東京五輪にかこつけて文在寅大統領が日本から引き出したかった"ある内容"

    PRESIDENT Online

    07月26日 16:27

  10. 10

    阿部一二三&阿部詩、九州まで夜通し車で…兄妹金の陰に両親の壮絶献身

    女性自身

    07月26日 08:32

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。