記事
  • essa

サマータイムによって組織の決断力が問われるのかもしれない

1/2

サマータイムに対応する方法は3つある。

    ・ なにもしない ・ うまくやる ・ きちんとやる

「きちんとやる」とは、「コンピュータが処理する全てのデータの時刻について、オフセット値を明確に定義した上で、そのデータの処理方法が適切か確認する」ということだ。

簡単に「きちんとやる」を行なうには、システム時刻、データベース、通信をUTCに統一し、画面上の入出力などでは既存の国際化ライブラリを使えばいいだろう。この考え方であれば、オフセット値がどうなるかはその項目が人の目に触れるものであるかどうかで判断できる。

全ての時刻の項目を見直すというのは、プログラマの作業量としては膨大なものになるが、個々の判断は簡単なことが多い。

「なにもしない」は、コンピュータのプログラムもシステム時刻も一切変更しないというものだ。時計に「9:00」と表示されていたら、人間がそれを見て「ああ、今7:00 か」と読みかえる。10:00 に買い物をしたら、8:00と印刷されたレシートを客に渡す。

こちらは、いちいち読み替えをするユーザの負担が大きくなるが、やれないことではないだろう。

「きちんとやる」と「なにもしない」は、作業量は大きいが不確定要素は少ない。

しかしおそらくこの二つは多くの場合、受け入れられず、たぶん、ほとんどの社長は「うまくやれ」と言うだろう。

「うまくやる」とは何かと言うと、ある部分では「きちんとやる」をして、ある部分では「なにもしない」を選択するということだ。「きちんとやる範囲はどこですか?」と聞けば社長は「それを考えるのがおまえの仕事だ」と言う。

確かに、世の中には絶対に落ちてはいけない、わずかな不整合でも許されないシステムがある。そういうシステムには「きちんとやる」しか選択肢がない。そういうシステムをリストアップすることはエンジニアの仕事だし、できるだろう。

また、すでに「きちんとやる」に近い形で構築されているシステムもある。これについては、プログラマをちょっと投入することでユーザの不便を無くせるのだから、合理的に考えて「きちんとやる」が正解になる。

しかし、そういう優先順位でやっていくと、客の目に触れるレシートの時刻が二時間ずれているのを放置することになる。これでいいのだろうか?

また、「うまくやる」の一つの手段として、コンピュータの時刻を二時間動かすという方法がある。個人のデスクにあるパソコンなどは、これでいいことも多いが、そのパソコンの中で動いているプログラムは全て「きちんとやる」の路線からはずれることになる。つまり、今動いているプログラムをいくつか使用中止にしないと、パソコンの時刻を動かすという方法はできないかもしれない。

「うまくやる」とは、会社の中にあるコンピュータを白、黒、グレーに塗り分けることで、確かにこの塗り分けを適切にやれば、最小のコストで最大の効果が得られるが、これに失敗すると、「きちんとやる」で対応すべきシステムが動かなくなる。

「うまくやる」の中にある決断は、相互に関連するものが多く、技術と業務の両面をバランスよく見た判断が必要なものが多い。上位のSEで、その会社の業務をよく知っている人が多数必要になる。

つまり「うまくやる」には、不確定性が大きいという問題があるということだ。

この「なにもしない」「うまくやる」「きちんとやる」のどれを選ぶのかという決断が、これから日本中のあらゆる組織の経営者に求められるのだ。

あわせて読みたい

「サマータイム」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    毎晩の営み要求に外国人若妻嘆き

    幻冬舎plus

  2. 2

    進次郎氏「デキ婚」に伯母が激怒

    SmartFLASH

  3. 3

    日本に国産戦闘機の開発能力なし

    清谷信一

  4. 4

    香港巡り日本が中国に絶妙な指摘

    やまもといちろう

  5. 5

    福島産食品めぐる韓国主張に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  6. 6

    連日のあおり報道許すスポンサー

    いいんちょ

  7. 7

    日米軍事演習 韓国を脅威設定に

    文春オンライン

  8. 8

    五輪招致で大見得を切ったツケ

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  9. 9

    東京湾汚水 五輪までに浄化可能?

    AbemaTIMES

  10. 10

    大韓航空の減収は韓国側に原因

    鈴木宗男

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。