記事

米トルコ関係

3日ほど中東関係のニュースから離れていたこともあり、若干ぴんとはずれの所があるかもしれないが、中東のメディから取りまとめた、米トルコ関係次の通りです。
これから見ると、両国関係はさらにこじれているようで、簡単な修復は困難で、またその影響は今後政治面、安全保障面でも広く影響しそうです。
また両国関係は独、仏等欧州諸国と米ことの関係にも影響しそうです。
しかし、トルコが切り札視するインチェリック空港の米軍使用差し止めにまでは至っていないので、修復不能の状況にまでは立ち至っていないようです。 取り敢えず

・トランプ大統領は16日、トルコはこれまで米国を利用してきたと非難するとともに、トルコの首をさらに締め上げると語った。
また米財務相は、米国としてはトルコに対する追加制裁をとることを考えていると語った。

・他方トルコ外相は、これに対して、米は誰が真の友人か理解できないと語った。

・また欧州諸国はトルコに対する支援と協力を表明している
仏大統領マクロンは、16日エルドアン大統領との電話で、仏はトルコの経済的安定を支持していると語った。
メルケル独首相も電話でエルドアンに対し、独の支持を表明した
更に独財務相はトルコ財務相との電話で、両国経済関係の強化につき合意した。
欧州諸国としては、難民の欧州流入防止に関するトルコの効力が得られなくなることと、トルコの混乱を危惧している。

・国際経済の専門家の大部分は、トルコ経済の救済のための最善の方法は、IMFによる直接救済であると考えているが、トルコ大統領府はトルコとしてIMFの救済を求めるつもりはないと語った。
トルコ蔵相もIMFの支援の否定した。
エルドアンとしては、生産増、輸出増、観光客の増大で、危機を乗り切ろうとしていると見られている
(このような手段で現在の危機を切り抜け得るか甚だ疑問ではあるが報道のまま)

・カタール首長は150億ドルを対トルコ支援で、トルコに投資すると発表した・
http://www.hurriyetdailynews.com/albayrak-says-turkey-will-come-out-of-volatility-stronger-135877
http://www.aljazeera.net/news/international/2018/8/17/جاويش-أوغلو-لأميركا-لسنا-في-فيلم-كاوبوي
http://www.alquds.co.uk/?p=996601

あわせて読みたい

「アメリカ外交」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    倉持由香 初の裸エプロンに感激

    倉持由香

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    ベテランは業界にしがみつくな

    PRESIDENT Online

  4. 4

    社民党分裂 背景に立民の左傾化

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    安倍前首相の嫉妬が菅首相脅威に

    文春オンライン

  6. 6

    世界も注目 鬼滅映画の大ヒット

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    見直し当然?野党ヒアリング紛糾

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    小沢一郎氏は共産党の用心棒役か

    赤松正雄

  9. 9

    のん巡る判決 文春はこう考える

    文春オンライン

  10. 10

    新聞読むは32.7% 18歳の意識は

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。