記事

宮沢りえ写真集『Santa Fe』が提示したタブー破りの快感

『Santa Fe』を見る島田裕巳氏(撮影/山崎力夫)

 平成の芸能史を振り返る上で、避けて通ることができないのが1990年代のヘアヌードブームだ。樋口可南子、島田陽子、石田えり、杉本彩、川島なお美ら、当代きっての女優たちがヘアヌード写真集を発表したが、一番話題になった作品は、宮沢りえの『Santa Fe』だ。発売日にはNHKまでもがニュースで取り上げた『Santa Fe』について、宗教学者の島田裕巳氏が語る。

 * * *

『Santa Fe』が発売された1991年は激動の年として記憶しています。この年は9月に『朝まで生テレビ』でオウム真理教と幸福の科学が直接討論し話題になりました。私自身も宗教学者として急に脚光を浴び、いろんな雑誌に書き、テレビ出演も激増していました。

 今では、バブルの崩壊は1990年初めからとも言われますが、当時はまだ景気の良い時代だったと思います。人が浮かれ、欲求も高かった時代でした。当時この写真集について思ったのは「宮沢りえという人気のある女性がヌードになったんだ」という衝撃のみで、それ以外の女性性を感じることはなかったですね。

 今あらためて『Santa Fe』を見返すと、やはりとても健全さを感じます。話題をさらったヘア写真も、花咲く草原に座る裸の宮沢りえを遠くから撮ったものくらい。当時宮沢りえは18歳。決してグラマラスでもなく、日本人的な体型の少女のヌード写真です。美しい写真ですが、ヘアとヌードだけの観点ではどうということのない写真です。

 この時代はJK(女子高生)という言葉もまだありません。1991年まで女子大生ブームの立役者だった番組『オールナイトフジ』が放送されていましたし、世の男性の性対象は女子大生からでした。

 また、深夜テレビでは、女性の裸を放送していましたね。『トゥナイト2』(テレビ朝日系)という番組では、性風俗店なども扱い、雑誌よりテレビの方が過激な性表現をしていました。ただ、陰毛は映せなかった。だからこそ陰毛の価値が高まっていたのでしょう。

◆「色」もヒットの要因

 日本のお上は、常にわいせつなものを規制しようとします。代表例は1951年から裁判で争われたD.H.ローレンスの『チャタレイ夫人の恋人』。翻訳は人気小説家の伊藤整でした。発禁になった部分を復刻版で読んでみると驚くほど稚拙な訳で、性的なものを感じる人はまずいない。なぜ取り締まったのかがわからないほどです。

 国家の強権による過度な性規制は、むしろ憧れと商品価値を生むんです。出版はそんなタブーに挑戦し犯していきます。宗教にまつわるタブーもメディアが暴いていく。ヘア解禁の瞬間もタブー破りの快感が確実にあったのです。

 日本では、古来から髪の毛を含め、毛には霊的な力が宿ると考えられています。その神秘性があったからこそ、「ヘアヌード」は人々を熱狂させたのかもしれません。

『Santa Fe』は、モノクロもありながら色彩豊かな自然と美しい裸体がある豪華な写真集です。カラー写真というのは、現代を象徴する産物です。たとえば近著(『京都がなぜいちばんなのか』ちくま新書)でも触れていますが、京都は色で観光客を集めました。そこにはカラー写真の普及によるところが大きかった。1991年当時、樋口可南子の『water fruit』のようにモノクロームでなく、コストのかかるカラーで出したこともヒットの大きな一因だと思えます。

 当時はあまり意識しませんでしたが、この時の宮沢りえは僕の娘と同年代なんですね。そう思うと、当時にはなかった複雑な気持ちが生まれました(笑い)。

【プロフィール】しまだ・ひろみ/1953年、東京都生まれ。宗教学者、作家。東京女子大学非常勤講師。宗教から美術、映画など幅広く論じる。『葬式は、要らない』(幻冬舎新書)は30万部のベストセラー。

取材・文■松本祐貴

※週刊ポスト2018年8月17・24日号

あわせて読みたい

「宮沢りえ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    橋本会長、「選手のプレイブック違反」証拠をお見せします 出場資格を取り消せますか

    田中龍作

    07月23日 08:33

  2. 2

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  3. 3

    天皇陛下と同列?五輪開会式でのバッハ会長の振る舞いに違和感続出

    女性自身

    07月24日 11:55

  4. 4

    天皇陛下の開会宣言に着席したまま…菅首相に「不敬にも程がある」と非難の声

    SmartFLASH

    07月24日 08:58

  5. 5

    ホロコースト揶揄を報告した防衛副大臣に呆れ 政府のガバナンスは完全崩壊か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月23日 10:46

  6. 6

    7月24日(土)ムネオ日記

    鈴木宗男

    07月24日 17:20

  7. 7

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  8. 8

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  9. 9

    前例を覆した開会宣言 政府の緊急事態宣言よりも感じる「重み」

    階猛

    07月24日 10:39

  10. 10

    東京五輪の開会式は滞りなく挙行 世界に恥を晒すことをどうにか避けられた日本

    早川忠孝

    07月24日 16:07

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。