記事

なぜ私はチアードを作ったのか?

2/2

4. 日本での「代替」サービスとなるのは?

「では、日本でもファンタジースポーツを…」という主張になるわけですが、実はそんなに簡単にはいきません。日本とアメリカでは法律上禁じられる「賭博」の成立の基準が異なり、アメリカでは少なくとも20弱の州で適法と判断されているファンタジースポーツは、日本では明確に刑法で禁じられる賭博として判断されてしまいます。日本では米国と同じような形式でスポーツベットの「代替」サービスの提供はできないのです。

そこで、日本は日本なりの「別の手法」を用いた代替サービスを文字通り「捻り出す」というのが、私に与えられた課題であったわけで、話は長くなりましたがそこで出てきたのが我々チアード社が提供する「ポイントベット」という仕組みであったわけです。

5. ポイントベットの仕組み

以下は昨日の投稿と重なる部分も出てきますが、改めてポイントベットの仕組みを解説します。ポイントベットが参照しているのは、日本全国の商店街で伝統的に提供されている「福引」の仕組みです。

最も一般的な福引の仕様となるのは、商店街の各お店での500円の購買につき一枚ずつ提供される福引券を10枚集めれば一回「ガラガラ」をまわすことが出来、「当たりの玉」が出たら賞品・もしくは賞金が提供されるというもの。

このような福引サービスは、景品表示法の定める「懸賞」の中で適法に提供がなされる射幸性サービスの一種であり、上限価額の定めはあるものの(一般懸賞:10万円を上限として元取引の20倍まで)「現金」で景品を提供することも可能とされているものであります。

私が着目したのが、この景表法に基づいて日本全国津々浦々で伝統的に行なわれている「福引」の仕組みを、どこまでシステム化し、またゲームそのものをリッチ・コンテンツ化することが出来るか?ということでした。

大前提として景品表示法は懸賞を「商品・サービスの利用者に対し、くじ等の偶然性、特定行為の優劣等によって景品類を提供すること」と定めているのみであり、その提供手段に関しては具体的な規制を持っていません。現在の福引では「くじ引き」もしくは「ガラガラ」などを使用することが一般的ですが、景表法の運用の中ではこの他に

・抽選券、じゃんけん等により提供
・一部の商品にのみ景品類を添付していて、外観上それが判断できない場合
・パズル、クイズ等の回答の正誤により提供
・競技、遊戯等の優劣により提供 など

などという例が示されています。このうち「競技、遊戯等の優劣により提供」という定めこそが、我々がスポーツベットの代替となるサービス提供の根拠としたもの。特定のスポーツやゲームの競技結果を予想するゲームを提供し、そこに懸賞を付与することは景表法上の規制に則った形で実現可能であるハズです。

一方で検討を行ったのが「福引券」に相当する過去の購買を示す証書の扱いです。景品表示法上で提供が可能となる懸賞は、あくまで商品やサービス等の取引に付随して提供が行なわれるものであり、既に現金と商品等との対等な価値交換が行なわれた後に発生するものである為、そこに一定の射幸性は含まれていたとしても厳密にいうと「賭け」ではありません。

そして、そのような商品やサービスの本体取引が確実に行なわれた事を示す証書として、商店街の各店舗は「福引券」を発行しているわけですが、ここをシステムを通じて発行される「ポイント」に置き換えられるかどうかが、法令解釈上のもう一つの論点でありました。

航空会社の発行するマイレージポイントから始まり、クレジットカード業者の発行するクレジットポイント、家電量販店の発行する家電ポイントに加えて、CCCや楽天などポイントシステムを提供するポイント業者が発行する各種ポイントまで、実は我々は日々の消費生活の中で様々なポイントを獲得しており、その国内累計額は2017年推計で2兆2千億円、前年度比で26.1%増という急速な勢いで成長をしているのが実態です(出所)。

これらポイントは過去に行なわれた商取引に付随して発行される電子上の一種の「証書」であるわけで、これを「商店街の福引」で伝統的に使用される福引券とみなし、景品表示法上で認められる懸賞サービスとして提供することが可能ではなかろうか?これが、もう一つの論点です。

6. グレーゾーン解消制度

このような法令解釈上の「疑問」を明確化するために、我々が利用したのがグレーゾーン解消制度です。グレーゾーン解消制度は、企業の個々の事業内容に即して規制改革を進めていくことを目的として2014年成立の産業競争力強化法に基づいて創設された制度です。

具体的には、事業所管となる省庁を窓口として、事業の内容を規制する法律を所管する法令所管省庁に法令適法の「有無」を確認できる制度であり、我々の場合はIT業を所管する経産省を窓口として、景品表示法を所管する消費者庁に法令適用照会をするという形で進められました。

しかしまぁ、これが非常に難儀なものでして、結局我々は上記のような事業に対する法令適用の確認をするのに足掛け一年近くゴリゴリの省庁協議が必要だった、というのが実態であります。その結果、内閣総理大臣安倍晋三および、経済産業大臣世耕弘成の名義で発行された公式回答の結果が、昨日のエントリでもご紹介した経済産業省による法令適用確認のニュースリリースであったわけです。

グレーゾーン解消制度に係る事業者からの照会に対し回答がありました
ポイント活用による賞品提供に係る景品表示法の取扱いが明確になりました
http://www.meti.go.jp/press/2018/07/20180731010/20180731010.html

7. チアードが目指す世界

実は、実際の法令適用回答書には上記プレスリリースで発表されている点以外にも幾つかの法令上の要件が示されており、我々は現在それら要件を全てクリアした上で景表法上の「懸賞」の枠内で提供できるスポーツベットの代替サービスの仕組みを勢威、整備している真っ最中です。

繰り返しになりますが、我々が提供するサービスはあくまで商品やサービスの取引に付随して発行される証書を用いて提供される「商店街の福引」を原型とするもの。プレイヤーは現金をもってそのゲームに参加することは出来ませんし、どんなに負け込んだとしてもそこに直接的に追加投資をすることはできません。即ち、そこに一定の射幸性のあるゲームを提供できたとしても、厳密には賭博ではありません。

一方で我々が目指すのは、スポーツファン、ゲームファン、ギャンブルファンの方々を中心とする独自の経済圏を構築することであります。人間が独り生きてゆくのには少なくとも月額十万円を超える消費が必ず発生します。

スポーツ/ゲーム/ギャンブルファンの皆さんには、是非そのように日々の生活の中から発生する様々な消費を我々サービスと提携する決済手法(例:クレジットカード、電子マネー、スマホ決済)やポイント制度に集約してください。

そうすれば、日々の生活の中から自ずと「福引券(=ポイント)」を獲得でき、それを利用することで現金最大10万円(一般懸賞の場合)が獲得可能なスポーツベットの代替サービスをご利用頂けます。即ち、当該サービスで利用される賭けの原資は、皆様の日々の「消費生活そのもの」なのであります。

我々はこれを「ポイントベット」と呼称し日本独自のスポーツベットの代替サービスとして展開し、スポーツ/ゲーム/ギャンブルファンの皆さんの日々のスポーツ競技やeスポーツ競技の観戦を「もう少しだけ」エキサイティングなものにし、ひいては日本のスポーツ産業の付加価値の向上貢献してゆきたい。

これが、ギャンブル専門家たる私が日本にスポーツベットの代替となるサービスが必要であると考え、チアードという組織に参画した理由であります。

…と私自身の掲げる目標は大きいワケですが、実際のところはやっと法令に「風穴」が開いただけという段階。これからが寧ろ勝負の本番であるわけで、上記でご紹介した世界が実現できるよう引き続き皆様方の応援を賜りたく、よろしくお願いを申し上げる所存です。

株式会社チアード http://www.cheered.jp/

あわせて読みたい

「ギャンブル」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医師が勧める「孤独のグルメ」

    PRESIDENT Online

  2. 2

    コロナ不安も福島県が検査を拒否

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  3. 3

    新型肺炎の専門家見解「信じて」

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    店員はマスク禁止 マック違法か

    田中龍作

  5. 5

    河野太郎氏 SNSで器の小ささ露呈

    文春オンライン

  6. 6

    Perfume公演行かず 命守る行動を

    常見陽平

  7. 7

    破産者マップ再びか 識者が警鐘

    町村泰貴

  8. 8

    保育士グラドルの姿は心理的虐待

    田中俊英

  9. 9

    肺炎で安倍政権が守りに 米報道

    飯田香織

  10. 10

    電通で感染者 全社員が在宅勤務

    キャリコネニュース

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。