記事

アレサ・フランクリン自宅にて逝去、享年76歳

| 米国現地時間8月16日(木)アレサ・フランクリンが死去。(Photo by Michael Ochs Archives/Getty Images) |

”重篤な状態”にあるとされていたアレサ・フランクリンが、米国現地時間8月16日(木)午前9時50分にデトロイトの自宅にて死去した。

2018年8月12日夜、危篤状態にあると報道されたアレサ・フランクリンが、米国現地時間16(木)午前9時50分、デトロイトの自宅にて家族や愛する人々に囲まれながら息を引き取った。死因は膵臓がんだったと広報担当が発表した。

2018年3月、フランクリンは、ドクターストップにより予定されていたツアーをキャンセルした。医師は「ツアーを中止し、少なくとも2か月間は完全静養するよう」勧めたという。その段階でフランクリンの病状は伝えられていなかった。キャンセルされたライヴの中には、ニューオーリンズのジャズフェストや、彼女の76回目の誕生日を祝う3月25日のニュージャージー州ニューアークでのショーも含まれた。

フランクリンが最後にステージに上がったのは、2017年11月に行われたエルトンジョンが毎年開催しているエイズ財団のガラ・コンサートだった。2018年の初めにフランクリンは、同年中にツアーを引退することを明かしていた。ただ、デトロイトの名を冠したナイトクラブを所有する計画があり、時々はパフォーマンスしたいとも述べていた。

「今年私は引退しようと思う。レコーディングは続けるわ。でもコンサートは今年が最後。とうとうその時が来たの」とフランクリンは、キャシミーに語った。フランクリンはまた、スティービー・ワンダーのプロデュースによるアルバム製作の計画も発表していた。

2010年、フランクリンが医療処置を受けるために一連のコンサートをキャンセルした際、彼女は膵臓がんの闘病中であるとの噂が流れた。後に彼女はその噂を否定し、ある腫瘍の除去手術を受けたことを明かしている。

フランクリンは、ローリングストーン誌が選ぶ『史上最も偉大な100人のシンガー』に名を連ね、さらに1987年には女性として初めてロックの殿堂入りを果たしている。

あわせて読みたい

「芸能界」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナはインフルエンザ程度?インフルエンザで死ぬかと思った24歳の時の話

    かさこ

    08月01日 09:14

  2. 2

    新型コロナ感染者数が過去最多も 病院のひっ迫状況を強調するだけの尾身茂会長に苦言

    深谷隆司

    08月01日 17:19

  3. 3

    「日本人の給料はなぜ30年間上がっていないのか」すべての責任は日本銀行にある

    PRESIDENT Online

    08月01日 16:13

  4. 4

    ベラルーシ女子陸上選手、帰国拒否 羽田空港へ連れられ

    BBCニュース

    08月02日 08:36

  5. 5

    五輪もパラリンピックも中止にするべきではない。強いメッセージは経済対策・法改正で出すのが筋

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月02日 08:25

  6. 6

    資格と能力は違う?資格や履歴書が充実していても使えない人材多い日本

    ヒロ

    08月01日 11:28

  7. 7

    こういう五輪中止の可能性

    krmmk3

    08月01日 15:19

  8. 8

    横浜市長選に立憲民主党等が擁立する候補予定者の適格性が問題視されるという異常な事態

    早川忠孝

    08月01日 22:01

  9. 9

    感染者数はピーク?であって欲しい 4連休で全国拡大

    中村ゆきつぐ

    08月02日 08:21

  10. 10

    行政から「入院できません」札幌市の医療崩壊受け医療従事者ら新宿でデモ

    田中龍作

    08月02日 09:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。