記事

行政がサービスを割り振るのではなく、介護保険による契約関係によって利用者がさまざまなサービスを選べることが大事なのです - 「賢人論。」第70回中村秀一氏(中編)

1/2

「2000年に施行された介護保険制度は、日本の高齢者介護の歩みを語る上で非常に重要な出来事でした」と中村秀一氏は語る。それは、高齢者福祉制度と医療保険の中で対応されていた「措置制度」から高齢者介護を独立させ、サービス提供者と利用者の間に「契約関係」を成り立たせる重要な動きだった。大臣官房政策課長として介護保険の普及に尽力し、2002年からの老健局長時代には3年ごとに行われる介護保険の改定にも関わった中村氏は、この制度の歩みをどのように見てきたのか。

取材・文/ボブ内藤 撮影/公家勇人

介護保険制度の準備をしていた1990年代末、国民は月額5千円以上の負担に耐えられないと言われていた

みんなの介護 厚生労働省は、65歳以上の高齢者が支払う2018~20年度の介護保険料の全国平均が前年度から355円増えて月額5,869円になるとの集計結果を発表しました。介護保険がスタートした2000年度の保険料が月額2,911円だったことを考えると、約2倍に膨れ上がったことになります。さらに、団塊の世代がすべて75歳以上になる2025年度には約7,200円になるとの推計も出されました。中村さんは、このことについてどう思いますか?

中村 私は1990年代末に大臣官房政策課長として、介護保険制度の施行準備を応援していたんですが、その頃、月額5千円以上の負担に国民のみなさんは耐えられないだろうという「5千円限界説」が定説でした。

介護保険制度は3年ごとの定期見直しが仕組みとして定められているんですが、2003年、老健局長として最初の見直しにたずさわったときは、2000年以降のデータを見ながら慎重に行いました。

このとき目立ったのは、利用者が急増していることでした。2000年4月に要介護認定を受けた人は218万人でしたが、2002年8月には321万人と約100万人増、伸び率47%を示していたのです。介護サービスの利用者も、この間に149万人から238万人と67%増となっていました。

みんなの介護 介護保険の全国平均の保険料が「5千円限界説」を超えて5千円以上に達したのは2014年度のことですが、それは初めて行われた定期見直しである程度、予測されたことだったのですね?

中村 介護保険が始まった2000年の総費用は3.6兆円でしたが、現在は10兆円を超えています。

要するにこれは、「負担が増えた」という側面だけではなくて、「利用する人も増えた」ことの結果として見ていかなければならないと思います。

もちろん、高齢者介護の規模をこれだけ拡大することができたのは、従来の「措置制度」を「介護保険制度」に切り換えたからです。税金だけでは決して支えきれなかったでしょう。

みんなの介護 政治の世界では、介護保険制度に反対する動きもあったのですか?

中村 実際、2000年の実施前には「延期論」や「凍結論」が叫ばれて、実施が危ぶまれることがありました。もしこのときの抵抗で介護保険が実施できていなかったら、日本の高齢者介護は今のように機能していなかったはずです。

特養は当時、「見捨てられた親が子に入れられる」というスティグマで、なかなか利用が進まなかった

みんなの介護 高齢者介護を支えるために、そもそもなぜ介護保険制度が必要だったのでしょう?

中村 私自身が介護保険の必要性を実感したのは、1990年代前半に老人福祉課長として特別養護老人ホームの整備を担当し、その現状を探るリポートを書いたときです。

当時の特別養護老人ホームは措置制度で運営されていましたので、低所得の人は安いお金を払うだけで利用することができました。しかしその反面、中間所得層の人は応能負担となっていましたから、例えば一ヵ月に20万円の費用がかかるとすると、それをそのまま負担しなければならなかったのです。

また、特別養護老人ホームは当時、「見捨てられた親が子に入れられる」というスティグマがあって、なかなか利用が進まないという問題がありました。

みんなの介護 「老人ホーム=姥捨て山」という負のイメージがあったわけですね?

中村 その結果どうなるかというと、中間所得層の多くの人が、介護が必要になった親を病院に入れていたのです。老人医療費の無料化は1983年に廃止されましたが、有料になってからも一ヵ月9千円で済むという低負担でしたから。

みんなの介護 一ヵ月20万円の老人ホームと、一ヵ月9千円の病院──。比べるまでもなく、誰もが後者を選びますね。

中村 ところが、病院に入れば幸福かというと、そうではありません。病院も高齢者をただベッドに寝かせておくわけにはいきませんから、検査をしたり、注射や点滴、投薬などもします。

高齢者には身体の負担になるばかりか医療費もかさみむので、少しも良いことがありません。

みんなの介護 介護保険制度は、こうした問題を解決するのにうってつけの手段だったわけですね?

中村 そうです。費用は保険システムでまかないますから、所得に関係なく、加盟者全員が同じ条件でサービスを受けられます。

また、保険料を払っている人にとっても、そのサービスを受ける際にも「親を見捨てる」というスティグマを持つこともなくなりますよね。

とにかく大事なのは、行政がサービスを割り振るのではなく、介護保険による契約関係によって、利用者がさまざまなサービスを選べるということなんです。

あわせて読みたい

「介護保険」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    時代遅れの感が否めないほど低画質なサブチャンネル放送 NHKの五輪中継に苦言

    諌山裕

    07月31日 15:52

  2. 2

    感染者4000人超に マスコミは五輪報道からコロナによる医療崩壊報道に切り替えるべき

    早川忠孝

    07月31日 17:57

  3. 3

    どうして日本から敢えて海外移住するのか?

    内藤忍

    07月31日 11:03

  4. 4

    無法地帯になってきた空港と選手村 感染爆発が止まらないのも道理

    田中龍作

    07月31日 08:43

  5. 5

    緊急事態宣言下で爆発している今の状況での延長なんて反感しか産まない ただ政府だけに責任押しつけるな 

    中村ゆきつぐ

    07月31日 08:58

  6. 6

    歌舞伎×ジャズピアノ、タップダンスにイマジン…五輪開会式はなぜ変化球で攻めたのか

    毒蝮三太夫

    07月31日 08:05

  7. 7

    「彼らを誇りに思う」アイリスオーヤマ会長が感激した"クビ覚悟"という社員の行動

    PRESIDENT Online

    07月31日 14:54

  8. 8

    「"おじさん構文"でも大丈夫」部下とのLINEが苦手な人がやるべき"シンプルな解決策"

    PRESIDENT Online

    07月31日 09:40

  9. 9

    ゆうちょ銀行 東証の新区分プライム市場に不合格 上場株式は量よりも質の時代へ

    川北英隆

    07月31日 09:49

  10. 10

    全国の新規感染者が1万2000人超、4日連続で過去最多

    ABEMA TIMES

    07月31日 20:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。