記事

山本彩 卒業発表後の様子を番記者が語る「休憩中は野球の話で…」

FLASH

「私がいないところで1人1人が輝いて、ライブをしたり、頑張っている姿を、1歩引いたところから見ていると、私がもういない方がいいんじゃないか……というより、今のタイミングで私が離れる方が、NMB48がもっと成長するいい起爆剤になるんじゃないかと思うようになりました」

 2018年7月30日、中野サンプラザで行われたNMB48の全国ツアー初日に、グループから卒業することを発表した山本彩。

 当日夜から報道が続き、ツイッターのトレンドワードでは「山本彩」が1位となり、以下「さや姉」「NMB」「さやねえ」が並ぶ異例の反響だった。

 8月13日には、月曜レギュラーを務めるラジオ「アッパレやってまーす!」(MBSラジオ)に出演し、2年前から卒業を考えていたことを明かした。

「ずっと一緒にやってきた同期の渡辺美優紀ちゃんが先に卒業を発表することになって、そこからちょっとズレ始めたというか。いろいろ考えた結果、『ああ、ではこのタイミングでは卒業できないな』ってなって、いろいろちょっと頑張って、2年やってきた」

 卒業発表時、「生涯現役で、もっと音楽の勉強をしてみなさんの前で歌っていきたい」と、音楽活動への注力を表明した山本だが、じつはNMB48が始まる前、2008年にガールズバンド「MAD CATZ」のボーカル兼ギターとしてメジャーデビューしている。

 デビュー曲からアニメの主題歌に抜擢されたが、バンドとしての活動は長く続かず、2009年に解散。それでも音楽への強い想いは消えず、アイドル活動のかたわら、2016年にソロ歌手デビューを果たす。

 そんな彼女の活動を見守ってきた番記者たちがこう話す。

「とにかく向上心の塊のような人です。人生設計も非常にクリア。20代にソロアーティストとして鍛えておかないと、30代は活躍できないと考えているようです。20代も半ばを迎えたいま、逆算しての卒業だったのでしょう」

 卒業発表後はどのような様子なのか。

「ずっと前から心の準備をしていたのでしょう、まったく変わりませんね。休憩時間は、大好きな野球の話をよくします。虎党(阪神ファン)は有名ですが、高山俊選手は同い年だから特に応援していますよ。あと、最高の息抜きはスマホのゲームだそうで、熱中している姿を目撃します(笑)」

 野球も人生も目標に向けて努力あるのみだが、ゲームのように楽しんでくれることを祈りつつ、卒業後の活躍を期待したい。

あわせて読みたい

「NMB48」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    セブンの斬新な飛沫防御策を称賛

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  3. 3

    緊急事態宣言を同時中継する忖度

    水島宏明

  4. 4

    よしのり氏 恐怖煽る報道に苦言

    小林よしのり

  5. 5

    二郎を残す客にALS患者が怒り

    恩田聖敬

  6. 6

    緊急事態会見はライターが上手い

    Chikirin

  7. 7

    橋下氏 感染数より死亡数を見よ

    PRESIDENT Online

  8. 8

    今すぐに検討すべき現金一律給付

    BLOGOS編集部

  9. 9

    コロナで日本の通勤者 僅か9%減

    幻冬舎plus

  10. 10

    強制退寮 ハーバード大生に衝撃

    井上貴文

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。