記事

ライザップ社長が語る起業の原点「彼女が痩せたら振られて…」


 RIZAPの社長・瀬戸健氏が、8月5日放送の『がっちりマンデー!!』(TBS系)に出演した。

 スタジオに登場した40歳の瀬戸氏を見た司会の加藤浩次は、「全然イメージが違います。もうちょっとマシーンを使って日焼けしてるのかなと」と発言。経営者らしくスーツ姿の瀬戸氏に清潔感はあるものの、確かにCMモデルの人物たちとは印象が違う。

 続いて加藤に「体育会系ですか?」と聞かれ、「まったく違いますね」と笑いながら即答する。

 明治大学の商学部を中退した瀬戸氏は、わずか24歳で起業しており、「そのときは名前が違って『健康コーポレーション』。大豆で作った商品なんですけど、おからで作ったクッキーという名前で(商品を出していた)」と、ビジネスの第一歩を説明する。

 健康食品や、ジム経営などを目指したのはなぜなのか。「もともとダイエットに興味があった」という瀬戸氏は、そのきっかけをこう振り返る。

「高校時代に、ふくよかな女性から告白をされまして。その子がずっと『痩せたい』ということで、協力して『頑張って一緒に痩せよう』って彼女と走ったりした」

 わずか2、3カ月で20キロ以上も痩せ、彼女のダイエットは大成功。だが、ここである問題が発生したという。

「どんどん変わっていって綺麗になったんですけど、(彼女がモテ始めて)フラれちゃった」

 番組では、加藤から「憎きダイエットじゃないですか」とツッコまれるも、「痩せるとこんなに変わるんだなとやりがいを感じた。ダイエットってすごいなと、本当に思った」と明かしていた瀬戸氏。自らの高校時代の経験が、その後のライザップ経営へとつながったようだ。

あわせて読みたい

「ライザップ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    日本人はナゼ「貧乏になったこと」に気が付かないのか?

    内藤忍

    06月21日 14:24

  2. 2

    年上の高齢男性から告白されるということについて

    紙屋高雪

    06月21日 09:11

  3. 3

    共同通信『慰安婦謝罪像、東京で展示を検討』 とんでもないことで許せぬ

    和田政宗

    06月21日 08:22

  4. 4

    リモート営業で絶対に使ってはいけないフレーズとその理由

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月22日 08:31

  5. 5

    小川彩佳アナと離婚へ ベンチャー夫の呆れた一言「今からなら、遊んでも…」

    文春オンライン

    06月21日 19:30

  6. 6

    ワクチン接種の義務付けをめぐる「公共の福祉」と「個人の自由」日本とアメリカで違い

    中村ゆきつぐ

    06月21日 08:35

  7. 7

    60歳以上の約3割「家族以外の親しい友人がいない」孤独に長生きして幸せなのか

    毒蝮三太夫

    06月21日 09:31

  8. 8

    日本政府、アストラゼネカのワクチンをタイに寄付へ

    ロイター

    06月21日 20:44

  9. 9

    フェイク情報に騙されない教育とは:高校生の98%がネットで真偽を見誤る/米研究結果より

    ビッグイシュー・オンライン

    06月22日 08:18

  10. 10

    劇場不発?小池百合子知事も「中止」選択は取らず 東京五輪の次なる焦点は観客の有無

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月22日 09:58

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。