記事

ライザップ社長が語る起業の原点「彼女が痩せたら振られて…」


 RIZAPの社長・瀬戸健氏が、8月5日放送の『がっちりマンデー!!』(TBS系)に出演した。

 スタジオに登場した40歳の瀬戸氏を見た司会の加藤浩次は、「全然イメージが違います。もうちょっとマシーンを使って日焼けしてるのかなと」と発言。経営者らしくスーツ姿の瀬戸氏に清潔感はあるものの、確かにCMモデルの人物たちとは印象が違う。

 続いて加藤に「体育会系ですか?」と聞かれ、「まったく違いますね」と笑いながら即答する。

 明治大学の商学部を中退した瀬戸氏は、わずか24歳で起業しており、「そのときは名前が違って『健康コーポレーション』。大豆で作った商品なんですけど、おからで作ったクッキーという名前で(商品を出していた)」と、ビジネスの第一歩を説明する。

 健康食品や、ジム経営などを目指したのはなぜなのか。「もともとダイエットに興味があった」という瀬戸氏は、そのきっかけをこう振り返る。

「高校時代に、ふくよかな女性から告白をされまして。その子がずっと『痩せたい』ということで、協力して『頑張って一緒に痩せよう』って彼女と走ったりした」

 わずか2、3カ月で20キロ以上も痩せ、彼女のダイエットは大成功。だが、ここである問題が発生したという。

「どんどん変わっていって綺麗になったんですけど、(彼女がモテ始めて)フラれちゃった」

 番組では、加藤から「憎きダイエットじゃないですか」とツッコまれるも、「痩せるとこんなに変わるんだなとやりがいを感じた。ダイエットってすごいなと、本当に思った」と明かしていた瀬戸氏。自らの高校時代の経験が、その後のライザップ経営へとつながったようだ。

あわせて読みたい

「ライザップ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池知事の詐称疑惑 失職判例も

    郷原信郎

  2. 2

    倉持由香 給付金100万円受け取り

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    AppleMusic停止 異例の抗議行動

    跡部 徹

  4. 4

    都の方針に歌舞伎町経営者が怒り

    BLOGOS編集部

  5. 5

    きゃりー父「投稿に責任を持て」

    文春オンライン

  6. 6

    神の業? コロナ直面のイスラム教

    BLOGOS編集部

  7. 7

    コロナで着目すべき「血液凝固」

    大隅典子

  8. 8

    ユニクロ参入でマスクバブル終焉

    NEWSポストセブン

  9. 9

    アパレル倒産 コロナ前から兆候

    南充浩

  10. 10

    暗号資産に麻生節「名称が悪い」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。