記事

シャイニングマンデーも時差Bizも「プレ金」の二の舞になる

【今年はプレ金1周年イベントも開かれたが…(時事通信フォト)】

 月曜日の午前中を休む「シャイニングマンデー」の推奨を経済産業省が検討しているという。経産省消費・流通政策課の永井岳彦課長が、

「観光地に行って月曜日の朝に帰ってくる、または子供たちと夜遅くまでテレビを見たうえで月曜日はゆっくり過ごしてから会社に来るといったような働き方ができる」

 と、テレビでその趣旨について発言している。経産省の消費・流通政策課といえば2017年2月に始まったプレミアムフライデー(以下、プレ金)の推進部署だ。月末の最終金曜日の午後3時の早帰りを促すプレ金は企業の働き方改革を促す施策として経団連も参加を呼びかけた。

 しかし、当初こそメデイアでも取り上げられ、注目を集めたが、1年後の今年2月時点でプレ金を奨励・実施している企業はわずか11.0%(インテージ調査)。今では話題にも上らないぐらい低迷している。

 そのうえ今度は月曜日の午前中の休みを奨励する作戦に打って出た。どんな意図があるのか図りかねるが、プレ金の起死回生策であることは間違いないだろう。その伏線はあった。

 昨年の9月11日。経団連の榊原定征会長(当時)が記者会見で「企業にとって月末は忙しい時期だ。『月初めにしてほしい』という声は強く、見直すとすればそのあたりになる」という発言が報道された。

 こうした実態を受けてプレ金の運営団体である「プレミアムフライデー推進協議会」は10月20日、消費喚起策してのイベント開催日は月末金曜日とするが「職場や地域、個人の実状に応じて、日程変更を推奨する」実施方針の見直しを発表した。

 また経産省のプレ金の掲示板でも実施時期について「毎月、月末金曜日を中心に実施。なお、働き方改革の観点では、職場や地域、個人の実情に応じた『月末金曜』、『15時』に限らない柔軟な取組(振替プレミアムフライデー等)も推奨」と、当初と比べてトーンダウンした表現をしていた。

 このいきさつについては経産省の担当者の発言がサイボウズの情報サイトにも掲載されている(2017年11月14日)。プレ金を推進する経産省の消費・流通政策課の林揚哲課長(当時)は、

〈私個人としては、それぞれの裁量で働きたい時に働いて、休みたい時に休めばよくて、金曜日じゃなくてもいいと思っています。プレミアムフライデーを企画した張本人が言うのもなんですが〉

 と弱気の発言をしていた。こうした経緯から、おそらく不人気の月末金曜日ではなく、曜日を変えることで参加企業を増やしたいと考えたのではないだろうか。さすがに「プレミアムマンデー」だとプレ金の失敗を認めることになるので「シャイニングマンデー」という名前をつけたのだろう。

 しかしプレ金に合わせて早帰りを促す企業は少ないのは単に曜日だけでの問題ではない。シャイニングマンデーも結局、同じ二の舞になってしまうのが落ちだ。

 そもそもプレ金の失敗の最大の原因は、商品・サービス供給サイドの消費喚起策と働き方改革を一緒にしたことにあると思っている。

 プレ金実施の背景にはアベノミクスの「新三本の矢」の1つである名目GDP=600兆円実現の最大の課題である個人消費の増大があった。2016年2月の経済財政諮問会議の場でアメリカの11月の感謝祭翌日開催の小売セールの「ブラックフライデーを日本でも」との声が上がったのがきっかけだ。それに呼応したのが経団連副会長で三越伊勢丹ホールディングス会長の石塚邦雄氏(当時)だった。

 石塚氏が流通・サービス業界に呼びかけて経団連内に消費拡大に向けたプロジェクトチームが設置され、経団連と経済産業省の流通政策課が中心となって消費活性化策の検討が始まった。

 その結果、給料日後の平均消費額が高いとされる月末金曜日のプレ金の実施が決まった。つまり主導したのは商品・サービスの供給側である流通・サービス業界であり、プレ金実施日もその都合で決まった。

 しかし、政府の働き方改革や休み方改革の一環として取り組むとなると、労働者に公正・公平に休みが享受されることが原則だ。消費イベントに関係のない需要サイドの労働者が早帰りできたとしても、供給サイドの労働者はプレ金イベントに合わせて仕事が忙しくなり、早帰りどころか残業せざるをえなくなる。とくに人手不足にあえいでいる小売・飲食・サービス業の労働者にとっては長時間労働など仕事の負荷が発生する。

 また、仮にサービス業の会社でプレ金を実施するとしても、早帰りできるのは一部の社員であり、社員間に不公平が発生する。

 そのことを見越してプレ金実施を見送った企業もある。ある食品加工販売業の人事部長はこう語る。

「当社は工場と小売店舗を展開していますが、工場は金曜日を含めてフル稼働なので難しい。また逆に小売店舗はプレミアムフライデーに合わせて販売が忙しくなる。

 やろうと思えば本社などの事務方の社員は早帰りできるでしょうが、営業や販売部門から『早帰りするなんてふざけている』という批判が飛び出すのは必至。それこそ3時に帰るなら店舗の手伝いに来いといわれかねない。社員の公平性の観点からやらないことにしました」

 業務によって早帰りできる社員もいればできない社員もいるのはどこの会社も同じだ。だが同社のようにプレ金に合わせてイベントやキャンペーンを展開する流通・サービス業は商戦まっただ中であり、早帰りを強く促すこと自体が難しい。

 鉄道業の人事部長もプレ金の困難さについてこう語る。

「我々は早帰りするお客様を運ぶほうだし、グループ企業に小売・サービス業を抱えています。プレミアムフライデーに関してはデスクワークに従事している社員に半休やフレックスタイムを使って帰れますと啓蒙していますが、それ以上は強く言えない。実際に早帰りしている社員は極めて少ないのが実態です」

 業種や職種によって早帰りが難しい企業も多い。商機にあやかりたいプレ金のロゴマーク使用申請企業は8000社を超えている(2017年10月20日現在)が、肝心の早帰りを実施している企業や社員は各種調査を見ても非常に少ない。

 働き方改革の本質は業務量や業務プロセスの見直しによる仕事の効率化と生産性向上にある。管理職のマネジメントを含めた業務の改善や業務量に見合う人員の補充なしに早期退社を促しても、心身ともに充実した“プレミアムな生活”を過ごすことなどできない。

 そうした本質的な対策を抜きにした“時短”であれば、月曜日の午後出勤のシャイニングマンデーもプレ金と同じ運命をたどることになるだろう。

 じつは政府主導の似たようなキャンペーンは他にもある。昨年の7月24日に実施された「テレワーク・デイ」もその一つだ。

 在宅勤務などのテレワークは本来働き方改革の一環であるが、実際の目的は2020年の東京オリンピックの開会式当日の交通機関の混雑緩和を図ることにある。当日は922の企業・団体が参加し、事務局はテレワーク・デイについてオリンピックを契機に全国的にテレワークの普及と働き改革のレガシーにすると謳う。

 だが、参加企業を見ると在宅勤務のシステムを販売する情報通信会社やサテライトオフィスを提供する不動産関連会社などテレワーク関連サービス業が目立った。商機にあやかりたい企業が多いという点ではプレ金と同じである。

 今年も7月24日から「2018テレワーク・デイズ」という名前で実施された。始業から10時30分まで一斉に テレワーク(在宅勤務、モバイル勤務、サテライトオフィス勤務)を実施するというものだ。

 しかし、本来のテレワークは生産性の向上や個人の成果を促すのが目的だ。始業時間の9時から10時半までのわずか1時間30分だけテレワークをして、その後は会社に出勤しなさいと言っても、そんな中途半端な施策でとても生産性が上がるとは思えない。

 それと似たようなのが東京都の「時差Biz」だ。通勤ラッシュを回避するために通勤時間をずらす働き方改革の一つとして企業・団体などに推奨している。要するに働き方改革に名を借り、朝の通勤時間帯に「電車に乗るな、自家用車を使うな」という運動にすぎない。

 結局、お上の都合によるキャンペーンに振り回されるのは個々の働く社員である。時差出勤で10時に出勤しても残業代のつかない退勤時間が1時間延びるだけで働く時間は変わらない。

 本当に時短を目指すのであれば、会社の所定労働時間を1時間減らし、8時間から7時間にしてフレックスタイムにする。プレ金のように金曜日午後、月曜日の午前中休むことを奨励するのではあれば、週休3日とし、1日は社員が自由に選べるようにしてはどうか。

 さらにオリンピック期間中の午前中は公務ということで裁判員裁判に社員が参加するときと同じように「特別休暇」を適用してはどうだろうか。

●文/溝上憲文(人事ジャーナリスト)

あわせて読みたい

「プレミアムフライデー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    パチンコ屋は警察が閉店指示せよ

    水島宏明

  2. 2

    一斉休校にマスク2枚は科学的か

    やまもといちろう

  3. 3

    深刻な院内感染 緊急事態宣言を

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    マスク配布は日本型対策の象徴

    篠田 英朗

  5. 5

    マスク配布案が通る国家の滑稽さ

    井戸まさえ

  6. 6

    小池知事をバッシングする愚かさ

    青山まさゆき

  7. 7

    マスクせず批判浴びた議員が本音

    山下雄平

  8. 8

    政府の布マスク配付は「良策」

    青山まさゆき

  9. 9

    コロナ名目で個人情報集める国家

    飯田香織

  10. 10

    俺の子産んで 志村さんが依頼か

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。