記事

夏休みに考える「ホームレス」への差別や暴力のこと

1/3
渋谷区の某公園の様子(2014年時点)

夏休みに考える「ホームレス」への差別や暴力のこと

世間はお盆休みです。この時期はまとまったお休みをとれる人も多いことでしょう。

家族と一緒に時間を過ごしたり、ご実家に帰ったり、はたまた帰省してきたお子さんやお孫さんとのんびりされる方もいると思います。

今日は、そんな夏休みにこそ、みなさんと考えたい、「ホームレス」というテーマについて、そして、彼らを取り巻く差別や暴力の問題についてみていきたいと思います。

■野宿の人の約4割が経験している暴力被害

今から4年前、都内の支援団体等の協力により、全国で初であろう「野宿者への襲撃の実態に関する調査」をおこないました。

これは、野宿をしている人が暴力を受けたり、ケガをしてしまったりという事件が起こるなかで、その被害の内容、加害者の実態を明らかにするためのもので、都内で野宿をしている347名へアンケートをしました。

この調査からは、

・40%の人が襲撃を受けた経験あり。
・襲撃は夏季に多く、襲撃者(加害者)の38%は子ども・若者。
・襲撃者は75%が複数人で襲撃に及んでいる。
・襲撃の内容としては、なぐる、蹴るなどの「身体を使った暴力」やペットボトルやたばこ、花火などの「物を使った暴力」が62%を占めている。
・子ども・若者の襲撃は「物を使った暴力」が53.6%にのぼる。

などが明らかになりました。

野宿者への襲撃の実態に関する調査(概要編)

■子どもや若者が夏休みに集団で野宿の人に暴力をふるう

そして、特に、暴力被害の加害者は、子どもや若者が多く、彼らは集団で、そして、夏場(夏休み)に暴行に及んでいる、という事実でした。

都内だけでこの20年で10名以上の野宿の人が10代の若者に殺されている、という報告もありますが、野宿の人への暴力被害の実態は深刻なものなのです。

■野宿の人への暴力をなくしていくために始まった取り組み

こういった実態を受け、地域で野宿の人への暴力をなくしていくための取り組みも一部始まっています。

墨田区では、支援者や野宿をしている当事者が小中学校を訪れて「特別授業」をおこないました。こういった取り組みにより、「特別授業」の実施後には、野宿の人への暴力が10分の1にも減ったという報告もあります。

路上生活者の姿知ろう 東京・墨田、全区立小中で「特別授業」(共同通信配信)

■TBS『ビビット』での「ホームレス」の人への差別的な放送

一方で、昨年1月31日に放送されたTBS『白熱ライブ・ビビット』では、「ホームレス」をテーマにした悪意のある放送がありました。

番組の中で、多摩川の河川敷に住む「ホームレス」の人たちを「多摩川リバーサイドヒルズ族」と呼び、また、ある野宿の人をほかの野宿の人の発言を引用する形で「人間の皮を被った化け物」と呼称したり、「犬男爵」などとイラストやテロップを出したりと、問題の多いものでした。

僕もyahoo!ニュース個人で記事を書き批判をしましたが、その後、当該の放送から約1か月経った3月3日に生放送中に、また、ホームページでも、「取材した男性を傷つける不適切な表現や取材手法があった」と認め、謝罪しました。

TBS「ビビット」のHPに掲載された謝罪

TBS「ビビット」のみなさまへ 悪意のある放送はホームレスの人を危険にさらすので、やめてください(大西連) - Y!ニュース

■BPOで審議入りし放送倫理違反と判断

このTBS『白熱ライブ・ビビット』の放送内容は、BPO(放送倫理・番組向上機構)の放送倫理検証委員会によって審議入りしました。

昨年10月にこの放送についての最終的な報告書がまとめられましたが、以下のような記載がありました。

TBSテレビ 『白熱ライブ ビビット』「多摩川リバーサイドヒルズ族 エピソード7」に関する意見(放送倫理・番組向上機構〔BPO〕)

Aさんについて、揶揄していると受け取られかねない「犬男爵」と呼んだうえ、Bさんの発言を引用して、極端に誇張したイラストとともに「人間の皮を被った化け物」と決めつけた。Bさんの話の脈略にはまったく触れず、Aさんの人間性を否定するような強烈な言葉だけをピックアップした編集や表現方法には弁解の余地がない。

Aさんがカメラマンらに向かって怒鳴る「出会いのシーン」は、Xディレクターが意図したものなのか、それとも想定を超えた成り行きだったのか。事実経過を詳しく たどると、「過剰な演出」とまで言い切れるかどうかは微妙である。しかし、VTRでこのシーンを冒頭から計3回も使い、「すぐに怒鳴り散らす粗暴な人物」という印象を 視聴者に与えたことは、表現上の問題として看過できない。

Aさんの人格を傷つけるだけではなく、ホームレスの人々への偏見を助長する恐れもあるこれらの表現は不適切であり、放送倫理違反は明らかである。

そもそも、「人間の皮を被った化け物」などというBさんの話は断りもなく撮影され、放送された。委員会はテーマの重要度や取材目的、公共性・公益性との兼ね合いから、必ずしも「無断撮影」自体を否定するものではない。しかし、この場合は、TBSが報告書で「重大な信義則違反」と認めているように、Bさんとの信頼関係を損ねる行為であり、これも放送倫理違反と判断する。(「TBSテレビ『白熱ライブ ビビット』「多摩川リバーサイドヒルズ族 エピソード7」に関する意見」より)

野宿の人への暴力や、このような配慮のない(悪意のある)放送は、一体、なぜおこってしまったのでしょうか。

あわせて読みたい

「ホームレス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    セブンの斬新な飛沫防御策を称賛

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  3. 3

    緊急事態宣言を同時中継する忖度

    水島宏明

  4. 4

    よしのり氏 恐怖煽る報道に苦言

    小林よしのり

  5. 5

    二郎を残す客にALS患者が怒り

    恩田聖敬

  6. 6

    緊急事態会見はライターが上手い

    Chikirin

  7. 7

    橋下氏 感染数より死亡数を見よ

    PRESIDENT Online

  8. 8

    今すぐに検討すべき現金一律給付

    BLOGOS編集部

  9. 9

    コロナで日本の通勤者 僅か9%減

    幻冬舎plus

  10. 10

    強制退寮 ハーバード大生に衝撃

    井上貴文

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。