記事

積水ハウス、男性社員に1か月以上の育休を必須に 最初のひと月は有休、分割で取得もできる

政府は、2020年までに男性の育児休業取得率を13%とする目標を掲げている。女性の社会進出や働き方の多様化が進み、共働き世帯が多数を占める世の中になったものの、男性の家庭進出は途上にある。

こうした状況を打破する一手になるだろうか。積水ハウスは7月26日、男性社員の1か月以上の育児休業完全取得を推進すると発表した。9月1日から実施する。

同社は2006年、人事施策の方針として「人材サスティナビリティ宣言」をし、多様な人材が活躍できる職場づくりに取り組んでいる。女性社員のみならず男性社員全員へ向けて育児休業取得を推奨しているが、現状では、男性の平均取得日数はわずか2日に留まっているという。

「全社をあげた取り組みで、子育てを応援する社会を先導する」

画像は公式サイトをキャプチャ

9月から始まる取り組みでは、3歳未満の子を持つ男性社員全員が、子の誕生から3歳に達する日までに1か月以上の育児休業取得を推奨する。分割での取得も可能で、最初の1か月は有休となる。進捗率も毎年開示する。

今後は、全員の育休取得実現のため、対象社員やその上司が育休取得に向けて、具体的な計画を立てられる研修を行い、取り組みへの理解とスムーズな導入ができるよう、社内のサポート体制を整備するという。同社はプレスリリースで、

「全社をあげた取り組みにより「男性社員1ヵ月以上の育児休業完全取得」を推進し、「キッズ・ファースト企業」として子育てを応援する社会を先導します」

とコメントしている。

あわせて読みたい

「働き方改革」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    埼玉県でマスク30万枚が野ざらし

    SmartFLASH

  2. 2

    中韓が日本産盗む?対立煽る報道

    松岡久蔵

  3. 3

    安倍首相の暴走許す自民党は末期

    田原総一朗

  4. 4

    ひろゆき氏 五輪の開催は難しい

    西村博之/ひろゆき

  5. 5

    新型コロナで公共工事中止は愚策

    近藤駿介

  6. 6

    権限ない休校要請 保護者は困惑

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    在宅勤務に賛成して休校否定の謎

    やまもといちろう

  8. 8

    政府の無策が招く東京五輪中止

    渡邉裕二

  9. 9

    石破氏 船内対応巡る発言を反省

    石破茂

  10. 10

    マラソン決行 主催の説明に呆れ

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。