記事

イーロン・マスクはなぜ宇宙を目指すのか

1/2
イノベーションを成し遂げられるのは、周りに相手にされないくらい高い理想を掲げ、行動に移せる人だけだ。その一人、テスラCEOのイーロン・マスクについて、作家のポール・スローンは「宇宙進出という『大きなビジョン』が人々に刺激を与えると同時に、自分自身とチームにも強い目的意識と価値観を与えた」と評価する。アニメの常識を覆したウォルト・ディズニー、宇宙への夢をぶち上げたジョン・F・ケネディ大統領といった世界を変えた偉人を支えたのも、「大きなビジョン」だった――。

※本稿は、ポール・スローン『いつもの仕事と日常が5分で輝く すごいイノベーター70人のアイデア』(TAC出版)の一部を再編集したものです。

■成功をさらなる成功への足掛かりにしたマスク

イーロン・マスクは南アフリカ共和国で生まれた。コンピューターを初めて手にしたのは8歳のときで、やがてプログラミングを学び始める。17歳でカナダの大学に入り、その後アメリカに移ると、旅行ガイドをオンラインで提供するZip2という会社を立ち上げた。

当時はインターネット書籍が始まったばかりで、同社が成功を収めると、彼は1999年にZip2をコンパック・コンピューター・コーポレーションに3億3000万ドルで売却する。その後すぐに、オンライン決済を提供する新たなインターネット会社X.comを興した。これがPayPal社になり、同社の株式を11%保有していた2002年に、15億ドルでeBay社に売り渡した。

マスクは同2002年に、3つめの会社となる宇宙探査技術会社、通称スペースX社を立ち上げて、宇宙旅行用の商業用宇宙船の製造に乗り出す。2008年、アメリカ航空宇宙局(NASA)は国際宇宙ステーション(ISS)への物資輸送に、スペースXを採用した。同社は2012年に、ISSへ物資を運ぶロケットを宇宙に飛ばした初の民間企業となり、歴史にその名を刻んだ。


2004年、マスクは大衆向け電気自動車の製造のため、新興企業のテスラモーターズ社に資金援助を行い、2008年には同社のCEO兼製品設計者に就任した。その年、テスラモーターズはリチウムイオン電池で動く電気スポーツカー「ロードスター」を発表し、2010年には新規株式公開で2億2600万ドルを集めた。

マスクは同社における多くのイノベーションの実現にかかわっており、車体への炭素繊維強化ポリマーの使用も主張した。さらには、自社の電気自動車のすべての特許を外部使用向けに公開するという、前例のない手段に出た。「われわれの技術を誠実に利用したいという人に対して、特許訴訟を起こす気はない」と述べている。他の自動車メーカーとは異なり、テスラモーターズは一般の人に対して、特約販売店経由ではなく直接販売を行っている。

■人類の将来を見据えた理想

2013年、マスクは輸送手段に関する斬新な提案をする。「ハイパーループ」といい、人を乗せたポッドが低圧チューブ内を最高時速1100キロメートル以上で走行するというものだ。彼はこのアイデアの開発に資金提供をして、2017年には、ハイパーループ用ポッドの試作機デザインに関するコンペを実施している。

人類の利益と存続に向けて、マスクは宇宙開発の可能性に関する大きな理想を掲げてきた。この目的のためにマスク財団を設立し、宇宙開発の推進と再生可能なクリーンエネルギーの開発をめざしている。

物事は大きく考えよう。イーロン・マスクは起業して成功することだけに興味があったわけではない。彼には人類のための宇宙開発というビジョンがあり、人々を運ぶ、まったく新しいクリーンな手段を探し求めているのだ。彼なりのやり方で、科学と起業家精神によって世界をよりよくしたいと考えて、大きなインパクトを与え始めているのである。あなたも大きなビジョンを持てば、人々に刺激を与えられると同時に、自分自身とチームにも強い目的意識と価値観を与えられるのだ。

■「想像力に欠けている」と評価されていたディズニー

ウォルト・ディズニーは若い頃に、ある新聞編集者からクビを言い渡されている。「想像力に欠けていて、いいアイデアを何ひとつ持っていない」というのが、その理由だった。アメリカで最も創造力に富んだリーダーとなる人物にしては、将来が不安になるスタートだった。

ディズニーは1921年に、カンザスシティに自身初のアニメ制作会社を設立するが、これは失敗に終わり、会社は解散を余儀なくされる。彼は家賃も払えないほど困窮し、ドッグフードを食べるほどだったという。

1923年、彼は兄と共にハリウッドへ移り住むと、アニメーションスタジオを設立した。そして、『しあわせウサギのオズワルド』というアニメで、ささやかな成功を手にする。これに続けて手がけたのが、ディズニー自身が声優を担当し、性格もディズニーを反映したミッキーマウスだった。彼が1927年に映画会社のMGMにミッ が怖がるので、うまくいかないと言われる。だが、ミッキーマウスは大成功を収めた。

あわせて読みたい

「イーロン・マスク」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  2. 2

    新しい生活様式嫌がる日本医師会

    御田寺圭

  3. 3

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  4. 4

    飲み会の2次会 死語になる可能性

    内藤忍

  5. 5

    官邸前ハンスト 警官と押し問答

    田中龍作

  6. 6

    菅首相が最優先した反対派の黙殺

    内田樹

  7. 7

    官邸がTV監視? スクープに称賛も

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    任命拒否 学者6名に無礼な菅首相

    メディアゴン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。