記事

テスラ株空売り、非公開化構想受け小幅減少 先行きには懐疑論


[サンフランシスコ 13日 ロイター] - 米電気自動車(EV)大手テスラ<TSLA.O>のマスク最高経営責任者(CEO)が13日に非公開化構想についてサウジアラビアの政府系ファンド(SWF)などと協議を進めていると明らかにしたことを受け、投資家は同社株の空売り解消に動いた。

金融分析会社S3パートナーズによると、テスラ株の空売り残高は前週末時点で浮動株の26.9%と、6月以来の水準まで低下しており、その後もさらに縮小している。

S3パートナーズの調査部門責任者、イーホリ・ドゥサニウスキー氏は「多少買い戻しが出ているようだが、投資家の見方が変わったわけではなく、取引の余剰分を少し削っているだけだ」と指摘。

空売り残高の浮動株に占める割合は6日時点で27.2%だった。マスクCEOは7日にツイッターで「1株当たり420ドルでテスラの株式を非公開化することを検討中だ。資金は確保した」とコメントし、市場を驚かせた。

ただ、空売り残高は122億ドルと、引き続き米企業で最大。S3パートナーズによると、世界では中国・アリババ<BABA.N>の243億ドルに次いで2位だ。

マスクCEOは13日にブログで、テスラ株非公開を巡り、サウジのSWFや他の投資家らと協議を進めていることを明らかにした。ただ、非公開化に向けた資金はまだ確保していないもよう。

マスク氏が史上最大規模である総額720億ドルの非公開化を実現できるかについては、投資家は懐疑的な見方を示してきた。

テスラの評価は市場で大きく分かれている。フィデリティなどのミューチュアルファンドがマスク氏のビジョンに信頼を寄せる一方、大半のアナリストは現在の株価やテスラの競争力に疑念を持つ。マスク氏は繰り返しツイッターで空売り勢をけん制してきた。

ビラス・キャピタル・マネジメントのジョン・トンプソンCEOは「テスラは非常に厳しい状況にあり、マスク氏はそこから抜け出すためにイチかバチかの勝負をしている」と指摘した。

株価は13日の取引を0.26%高の356.41ドルで終了。1週間前からは4%高となったが、マスク氏が提示している非公開化の価格である420ドルを約15%下回っている。

あわせて読みたい

「テスラモーターズ」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  3. 3

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  4. 4

    野党合同ヒアリングの悪者さがし

    千正康裕

  5. 5

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  6. 6

    大阪市なくなるのは嫌という心理

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  8. 8

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  9. 9

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  10. 10

    マイナンバー関心の低さが障壁に

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。