記事

トルコの通貨危機に思う

トルコの通貨、リラが危機に陥った。直接的な原因はトランプの「口撃」だが、もう少し長期で見ると、起こるべくして起こった感が強い。新興国には指導者リスクがつきまとう。

僕自身、新興国通貨のポジションを取った経験がある。南アフリカ、ブラジルだろうか。これらは失敗だった。これに対して中国は預金でポジションを取ったが、銀行が東京から撤退したため、強制的に売却させられた。おかげで正解だった(今解約とても正解なのだが)。

新興国の通貨ポジションをこの4-5年、新たに取っていない。「あかんやろな」と悟ったからである。いろんな国を旅行して思うのだが、日米欧と豪など、しっかりしている国は世界に稀有である。

しっかりしているとは、ガバナンス(国家統治の仕組み)である。たとえば、賄賂が一般的なのかどうか。時々暴露されるように、日本もアメリカも皆無ではないだろうが、新興国と比べればましだと思っていい。賄賂が横行していれば、権力から離れることが個人としての死(もしくは同等の状態)を意味する。トルコ、ロシア、ベネズエラはもちろん、隣国の権力闘争を垣間見るに、そう思わざるをえない。

そのトルコは素晴らしい国である。イスタンブールしか訪れていないが、一見(百見かな)の価値があると思う。その素晴らしい国がどうなっているのか。指導層が無能なのか、それとも個人的な権限の維持を最優先にしているのか。

長年投資をしていて、新興国が魅力的だと思ったことが数回ある。だから通貨のポジションを持った。しかし、多くは裏切られた。幸いなことに、ポートフォリオの主力を新興国に置かなかった。経済力程度のポジションで十分だと考えたからである。

本当は個人として投資した(投資しようとする)国を、できれば主要地域を定期的に訪れるのがいい。とはいえ現実には難しい。

かつて、僕は上海を定期的に訪れていたが、食事が魅力だったからである。そんな中国の企業に投資したこともあるが、それは上海での定期的な見聞を通じて「中国の発展をつぶさに観察した」からである。

要は「百聞は一見に如かず」だろう。投資の鉄則は、第一に「自分の足と目で確かめる」ことに尽きる。とはいえ、すべての投資資金を1つの企業や国に集中するのは危険である。何社か、もしくは何か国に分散させることが望ましい。

ついでに書くと、他人の口車に乗せられてはいけない。口車とは言い過ぎかもしれないが、他者の説明と個々人の投資方針とが一致することはない。自分で見聞きし、判断し、最終的に投資することが個人としての基本である。

あわせて読みたい

「トルコ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナ対策は菅内閣にも直結 東京の新規感染者数が5000人超えなら菅内閣はもたない

    田原総一朗

    07月28日 14:43

  2. 2

    東京3000人は五輪強行開催によるモラル崩壊の証。もう誰も自粛しない

    かさこ

    07月28日 08:46

  3. 3

    西村大臣の酒類販売事業者への要請撤回 首相官邸の独断に官僚からも疑問の声

    舛添要一

    07月28日 08:34

  4. 4

    「きれいごとだけでは稼げない」週刊文春が不倫報道をやめない本当の理由

    PRESIDENT Online

    07月28日 12:30

  5. 5

    テスラのマスク氏、豪邸売払い、500万円の狭小住宅暮らし!

    島田範正

    07月28日 15:45

  6. 6

    上司も部下も知っておきたい 「1on1」を機能させるためのコツ

    ミナベトモミ

    07月28日 12:00

  7. 7

    ロッキンは中止する必要があったのか?〜7 /8の議院運営委員会で西村大臣に質疑を行いました〜

    山田太郎

    07月28日 09:58

  8. 8

    逮捕されても臆することなく、取材を続けよう〜田原総一朗インタビュー

    田原総一朗

    07月28日 08:07

  9. 9

    東京都の感染者数が3177人に いよいよ菅政権と小池都政の人災であることは明白

    井上哲士

    07月28日 18:48

  10. 10

    首都圏3県の緊急事態宣言、要請あれば緊張感持って連携=官房長官

    ロイター

    07月28日 20:24

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。