記事

米軍と沖縄ゲリラ戦を行った秘密の少年兵部隊「護郷隊」の葛藤

1/2
米軍の戦車や機関銃、火炎放射器に立ち向かった AP/AFLO

 上陸した米軍と、日本軍・沖縄県民が直接対峙した沖縄戦で、ゲリラ戦や諜報活動を担った少年兵ばかりの秘密の部隊があった。戦後、多くを語ることのなかった元少年兵らに取材し、著書にまとめたジャーナリストの宮本雅史氏が、隠された真実を語る。

 * * *

 「護郷隊」その名を聞いてピンとくる人はほとんどいないだろう。それもそのはず、その存在は沖縄の人にすらあまり知られていなかったのだから。

 護郷隊は太平洋戦争末期の昭和19年(1944年)に、沖縄北部で組織された遊撃隊(ゲリラ部隊)である。第一と第二の部隊からなり、総勢約1000名。そのほとんどが15~18歳までの少年兵だった。ゲリラ戦を専門とする少年兵の部隊は日本軍史上類を見ない。

 彼らの存在がほとんど知られてこなかったのはその出自による。護郷隊は、大本営陸軍部直轄で、ゲリラ戦、防諜や諜報、宣伝などの特殊任務要員を養成する陸軍中野学校の出身者たちが指揮した秘密部隊だったのだ。

 護郷隊が組織されたのは沖縄に置かれた約10万の沖縄守備隊「第三十二軍」の管理下である。大本営は、昭和19年7月のサイパン島の陥落をきっかけに、米軍の北上に備え、パプアニューギニアとフィリピンにゲリラ部隊である「第一遊撃隊」と「第二遊撃隊」を組織した。さらに沖縄戦に備えて故郷を護る部隊として第三遊撃隊(第一護郷隊)、第四遊撃隊(第二護郷隊)を組織した。

 中野学校で訓練された士官たちが沖縄の地に降り立ったのは昭和19年9月13日のことだった。秘密部隊結成の任を負う男たちだから全員が普段着だった。その中にひときわ目付きの鋭い男がいた。護郷隊を指揮することになる、当時23歳の村上治夫中尉(後に大尉)である。村上は第三十二軍が玉砕したあとも潜行してゲリラ戦を続け、大本営へ戦況、諜報を伝える任務を負っていた。

 村上はわずか1か月余りで少年たちを集めて訓練し、半年後、米軍が沖縄に上陸するとゲリラ戦を展開することになる。十代の若者たちは泥沼のゲリラ戦へと身を投じていくこととなった。

◆銃は「2人で一丁」だった

 護郷隊はほとんど訓練らしい訓練も行われず、鉄血勤皇隊(※注)に比べて武器などの軍備にも乏しかった。銃は2人で一丁だったため交互で撃つしかなかったし、軍靴さえなく最後は軍服にも事欠く状況だった。

〈※注/沖縄で編成された少年兵部隊。「第三十二軍」の正規部隊として2000人近くが動員され、ほぼ半数が戦死した。〉

 昭和20年4月1日、ついに米軍が沖縄本島中西部の海岸線から上陸し北上をはじめた。護郷隊はやんばる(沖縄本島北部の山林地域一帯を指す)で戦闘を開始。雨風をしのぐだけの粗末な壕を築き、山に潜んで米軍の様子を偵察したり、民間人になりすまして敵情視察を行ったり、侵入してきた米兵と撃ち合うこともあった。

 そして4月17日、米軍が拠点を構築している真喜屋、稲嶺地区に火を放つ命令が護郷隊に下る。護郷隊の少年たちにとっての故郷である。

 少年たちは〈一軒の空き家でも米軍に渡してしまえば利用されてしまう。燃やしてしまうほうがいい〉〈焼き払えという命令なんだ〉と自分に言い聞かせ、「逃げろ! みんな逃げろー」と住民に叫びながら一軒一軒に火をつけてまわったという。

 故郷を護るために戦っているのに、なぜ故郷に火をつけなければならないのかそんな葛藤があったことは想像はできるが、彼らの本当の胸の内は実際に戦ったものにしかわからないだろう。

 村上にしても彼らの故郷を焼き払う命令は苦渋の行為であったのだろう。村上は沖縄戦で敗れることを覚悟しており、少年兵たちには密かに「この戦いは勝ち目がないから無理して死ぬな」と厳命していた。

 護郷隊は解散するまで第一が91名、第二が71名の戦死者を出した。数が大きく膨らまなかったのは、村上が少年たちには危ない任務をさせない方針だったからだった。

 村上は沖縄戦で敗北した昭和20年6月23日のあとも残って抗戦を続け、翌21年1月3日まで潜伏した。故郷に戻った護郷隊員はしばしば村上の拠点を訪問して食料を持ち込んだり、状況を報告したりするなど村上と頻繁に接触を持っていた。

 実は護郷隊召集後の訓練期間中、村上は軍事教育以外の社会教育を施す「村上塾」を行ってもいた。村上と護郷隊員、その家族との交流は深かった。

 そうした交流は戦後も毎年、護郷隊の慰霊祭に訪れるなど、村上が平成18年(2006年)5月に鬼籍に入るまで続いた。実際、取材した元隊員で村上を悪くいう人は誰一人としていなかった。隊員と村上との信頼関係があったからこそ、彼らは過酷な任務にも逃げ出すことなく戦い続けることができたに違いない。

あわせて読みたい

「太平洋戦争」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    羽田で4人感染 ブラジルから到着

    ABEMA TIMES

  2. 2

    森法相の国会答弁ねじ曲げに呆れ

    大串博志

  3. 3

    米の人工呼吸器 購入約束に呆れ

    青山まさゆき

  4. 4

    国難に際して非協力的な日本企業

    篠原孝

  5. 5

    アベノマスクが唯一果たした役割

    田嶋要

  6. 6

    処分軽い黒川氏 裏に記者クラブ

    田中龍作

  7. 7

    文春の名前出さぬ日テレに疑問

    水島宏明

  8. 8

    パチンコ店団体の執行部総辞職へ

    東京商工リサーチ(TSR)

  9. 9

    なぜ世界の株価は高くなったのか

    ヒロ

  10. 10

    アビガン承認煽る声に医師が苦言

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。