記事

年収400万で1000万より"幸せな生き方"

良質なモノを安く買うことができるほど、「幸せ」に近づく。そう考えてはいないだろうか。しかし、ファイナンシャルプランナーの黒田尚子さんは「人生の幸福度はお金・モノでは決まらない。調査をすると、年収1000万円の人より年収400万円の人のほうが“幸せ”というケースは少なくない。そして幸せな人たちは、お金では得られない財産をもっている」という。本当に幸せな人がもっている「財産」とは――。

■良質なモノを安く買うことができることが「幸せ」なのか?

6月末、筆者はプレジデント編集部を訪れた。「プレジデント」(8月13日号)の特集「年収400万円父さんの極上家計簿入門!」内の企画、『「アマゾン達人」のおすすめ商品トップ58』というページに協力してほしいと依頼されたのだ。

「プレジデント」(8月13日号)の特集「年収400万円父さんの極上家計簿入門!」。

編集部が厳選した「1万円以下かつアマゾン4つ星評価以上の人気グッズ」を6つのテーマに分類し、それぞれのお買い得度を10段階で評価し、買うに値するかどうかを判定する。私はFPであり、商品評価の専門家ではないが、お金のプロであること、また女性消費者の代表として呼ばれたようだった。

2時間以上かけ、編集部が取り寄せた60以上の品々を試した。運動系では、トランポリンで跳ね、バランスボードに乗った。食品系では、チキンささみやアーモンドフィッシュを賞味し、ビールサーバーでビールを、ワインエアレーターでワインも試飲した。

その評価コメントに関しては、誌面をご覧いただきたい。この企画のポイントは、単なるモノの評価ではなく、特集テーマの「年収400万円の人」にとって、それがお買い得か否かということである。

■ムダなものは極力買わずにすべて貯蓄に回すべし

国税庁の民間給与実態統計踏査(2016年分)によると、民間給与所得者の年間平均給与が422万円。つまり「年収400万円」というのは、平均的な会社員の年収にあたる。

この年収400万円という数字はあくまでも額面金額だ。ここから、所得税や住民税、社会保険料などを差し引いた場合、手取り額の目安は約8割の320万円、ボーナス込みの月収に換算すると約26万円。勤務先などによってはこれ以下という場合もあるだろう。

実家に同居の「おひとりさま」なら経済的余裕もあるだろうが、既婚で、住宅ローン返済があり、妻は専業主婦という世帯なら、家計は毎月ギリギリというケースも少なくない。

FPとしては、ムダなものは極力買わずにすべて貯蓄に回すべし、と考えているので、誌面での評価はやや辛口だったかもしれない。

そもそも筆者は、基本的にモノは持たない主義だ。理由は2つある。

ひとつは、20代後半のときに経験した世界一周旅行。単独で数カ月かけて世界中を旅行したのだが、その時の荷物は3泊4日程度のキャリーケース1つのみ。必要なものは、現地ですべて調達し、不要なものは、どんどん処分していった。とにかく移動が多かったため、いかに荷物を少なくするかに苦心する生活が続くと、「生きていくうえで、必要なモノというのは本当に少ないのだ」ということを実感した。

■年収400万円の人が賢い消費生活を送るためのコツ

もうひとつの理由は1995年1月に発生した阪神淡路大震災だ。当時、関西に住んでおり、周囲の住宅が全半壊したり、大切なモノが壊れたりした。食器など高価なものほど食器棚の上のほうにあり、破損したケースが多かった。そうした震災の影響を目の当たりにして、モノを所有する儚さというか、むなしさをまざまざと見せつけられたのだ。

しかしながら、いくらモノを持たない生活を心掛けるとはいっても、家族がいれば、いつの間にかモノは増えてしまうものだ。便利で面白そうなモノを見かけると、つい買ってしまうこともある。特にネット通販では、レビューに高評価が並んでいると、つい購入ボタンをクリックしてしまう、という消費者が多いようだ。

「年収400万円」の人が賢い消費生活を送るためにお勧めしたいのが、買い物の際に、「ニーズ(欲しいモノ)」と「ウォンツ(欲しいもの)」を区別することである。

これは図示してみるとわかりやすい。縦軸に「ニーズ」、横軸に「ウォンツ」の線を引き、ほしいものが4象限のどこに位置するかを書き出してほしい。


■「買う」「買わない」を判断する際に考えるべきこと

例えば、ニーズとウォンツの度合いがいずれもが高いのであれば、基本的には「買い」となる。ただし、購入にかかる費用や購入後のランニングコスト、購入後の効果は把握しておく必要がある。とくに費用については、それが多少高額であっても長い目で見てコスト削減や時短につながるなどメリットが大きければ、「買い」ということになる。

一方、ネクタイやワイシャツなどは安いからとまとめ買いしても、すぐにダメになったり、気に入らなくて結局使わなかったりというのでは意味がない。「安物買いの銭失い」にならないことが肝心だ。

そして、「年収400万円の人」が注意すべきなのは、ニーズは低いけれども、ウォンツが高くなりがちなモノだ。例えば、洋服や靴、バッグ、趣味で収集しているグッズなどである。

ふだん、多くの家計相談を受けているが、この部分に該当するモノへの消費が多い家庭は、お金が貯まりづらい。まったくゼロにするのは難しいが、予算を決めてやりくりすることを心がけてほしい。

■年収400万の人が1000万の人より幸せになれる理由

さらに、今回の特集には、「年収400万円」の人が、幸せな消費生活を送るためのヒントとなる興味深いデータがあった。「年収1000万円vs.400万円 ビッグデータ解析」である。

これによると、「人生の満足度」についての平均値は、年収が少ない人より年収が多い人のほうが高かった。収入は少ないより多いほうがいい、というのは当然だろう。

一方で、年収400万円未満でも満足度がとても高い人がいる。この人たちについて調べると、彼らは人生において「家族仲」「休日の充実度」「友人の数や友人関係」「異性関係」などを重視していることがわかった。

また、年収1000万円以上でも、満足度が極端に低い人がいる。満足度を押し下げた要因を調べてみると、「異性関係」であることがわかった。

要するに、相対的に年収が低くても、家族や友人、交際相手など人間関係が充実している人の満足度は高く、人生を幸福なものと感じられるようだ。

■幸福度は「お金やモノ」ではなく「非地位財」の質と量で決まる

幸福度を考えるうえでは、「地位財」と「非地位財」の違いを理解する必要がある。

地位財とは、他人との比較優位によって価値が生じるもので、所得(お金)や社会的地位、さらにクルマやマイホームなどを指す。

一方、非地位財とは、他人との相対比較と関係がなく、それ自体に価値があり喜びを得られるものだ。休日(休暇)や友人関係、愛情、健康、社会への帰属意識など、いわゆる「プライスレス」なものである。

プレジデント誌のデータ解析では、「幸福の持続性」という観点で見ると、地位財は低く、非地位財は高かった。つまり、人生の幸福を決めるのは、その人が置かれた境遇や所得の多さ、持っているモノではない。買い物の快楽に象徴される「ウォンツ」に走ることなく、モノではない「非地位財」の質と量を高めるためにお金を使うことが、幸せになる近道だといえそうだ。

(ファイナンシャルプランナー 黒田 尚子 写真=iStock.com)

あわせて読みたい

「幸福度」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    巣鴨の縁日開催に「理解できず」

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    15日で変異 コロナの性質に驚愕

    大隅典子

  3. 3

    ロックダウン渋れば損失は巨大に

    岩田健太郎

  4. 4

    田嶋陽子氏に「時代追いついた」

    NEWSポストセブン

  5. 5

    アビガンで勝負に出た安倍首相

    天木直人

  6. 6

    自民議員 ABC予想の証明を称賛

    赤池 まさあき

  7. 7

    エコバッグ禁止令 全米に拡大か

    後藤文俊

  8. 8

    各国と異なる日本の死亡者数推移

    小澤 徹

  9. 9

    山本太郎氏 山尾氏はスター選手

    田中龍作

  10. 10

    コロナ軽視? 不可解な愛知県知事

    水島宏明

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。