記事

前キャプテンの福井章吾が明かす、優勝候補筆頭・大阪桐蔭の強さの秘密!

2/2

19歳とは思えない。「よく考えていますね……」つい口をついた言葉に、福井ははっきりと言い切った。

「考えてやらないと何をやっても意味がないんです」

大阪桐蔭は毎年のように甲子園優勝候補に数えられる。事実、その成績もすさまじく、この10年間(2008年以降)で春夏合わせて6度の優勝。甲子園の土を踏まなかった年は2度しかない。その強さの理由はいたるところで語られるが、最終的に才能や選手の力、それを可能にするスカウト力に収れんされがちだ。確かに、選手のレベルは高く、優秀な才能を集めるスカウト網も他を圧倒している。しかし、才能だけでこれほどまでの回数、頂点を極めることは不可能だ。それも最大の激戦区大阪を勝ち抜きながら。

大阪桐蔭の強さの理由は、福井がさらりと言ってのけたこと、「考える力」にある。それは監督の西谷浩一が目指すものであり、特に、2017年、春の甲子園を制したこの福井の時代は主将の考える力――「主将力」こそがチームをけん引したといっても過言ではない。

100回大会を迎える甲子園の頂点を目指す今夏のチームもそれは同じだ。根尾昂、藤原恭大、柿木蓮、そして主将を引き継いだ中川卓也らドラフト候補を数多く擁し、圧倒的な戦力を保持するチーム。それでも中川が常に手にする帽子にはこう記されている。

主将力 キャプテンでチームは変わる

福井が高校野球生活の2年半、欠かさずつけ続けた「野球ノート」がある。その数10冊。

「強制ではありませんでしたが、西谷先生が、『野球ノートが充実してきたら野球がうまくなるよ』というふうに言われていて、取り組み始めました」

「ただ、最初はどうしようもないノートでした。言われたことを書くようなもので。それが、少しずついろいろなことを考えられるようになって、ノートの内容が充実しだした。2年生くらいですかね。そうしたら本当に野球がうまくなっていった」

その福井の「野球ノート」でもっとも多く書かれた言葉、それが中川に告げた「主将力」だった。

続きは本書にて。


『野球ノートに書いた甲子園FINAL』
高校野球ドットコム編集部
幻冬舎 ¥1,100

Amazonで購入する

Text=高校野球ドットコム編集部

あわせて読みたい

「高校野球」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    河村市長がトヨタ自動車の抗議に態度一変 企業城下町の恐ろしさ

    猪野 亨

    08月06日 08:43

  2. 2

    病床を増やさないどころか計画の実効性もないコロナ禍の一年半 残念すぎる政府の対応

    中村ゆきつぐ

    08月06日 08:42

  3. 3

    淀川長治さんが『キネマの神様』を絶賛?CMに「冒涜」と映画ファン激怒

    女性自身

    08月05日 09:07

  4. 4

    「HPVワクチンへの信頼失墜させたマスコミに回復させる力はない」現役記者の指摘

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月06日 09:43

  5. 5

    「スゴイ日本!」ばかりのテレビ五輪放送。在留外国人は東京五輪を楽しめるか

    Dr-Seton

    08月05日 08:29

  6. 6

    なぜ選手が首長を訪問? 名古屋・河村市長のメダルかじりで「表敬訪問」に疑問の声

    BLOGOS しらべる部

    08月05日 18:37

  7. 7

    東京都、新規感染者数5042人に疑問

    諌山裕

    08月05日 17:42

  8. 8

    ひろゆき「バカほど『自分にごほうび』といってムダにお金を使う」

    PRESIDENT Online

    08月05日 15:33

  9. 9

    ベラルーシ選手はなぜ政治亡命したのか ルカシェンコ政権の迫害ぶりを示した東京大会

    WEDGE Infinity

    08月05日 09:18

  10. 10

    74年間一度も改正されていない日本国憲法 「決められない日本人」の象徴

    篠田 英朗

    08月05日 14:16

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。