記事

杉田水脈LGBT差別発言を掲載した『新潮45』への危惧と提言

2/2

 『新潮45』はそれを見ながら、その市場はもう少し拡大の余地があるのではないかと推測し、そこに相乗りすることを生き残り策として選んだのだろう。この何カ月かの誌面を見ていると、先行2誌とそっくりというか、「二番煎じの道を敢えて行く」という意識が明らかに感じられる。

 ただ古くからの読者として残念なのは、花田さんには誌面への評価は別にして、新たな市場を作り出そうというパイオニア精神のようなものがあったのだが、『新潮45』の後追い路線には、その気概が希薄なことだ。先行2誌は、露骨に安倍首相を持ち上げるわ、東京新聞の望月記者を私怨まじりに毎号叩くわ、と、まさにネトウヨ路線をそのまま紙媒体に持ち込んだような印象なのだが、新しいことに取り組もうという意識が多少感じられる。しかし、『新潮45』は、偏見かもしれないが、「二番煎じ」感が否めないのだ。

 だから愛読者の一人として提言するならば、どうも今の『新潮45』の路線は、うまくいかないような予感がしてならないのだ。そこへ案の定というか、今回の騒動だ。

 今回の騒動は、MXテレビが「ニュース女子」事件で足をすくわれたのとよく似ている。MXテレビも後発で新しいことにチャレンジしない限り生き残れないと、ゲリラ性やタブーに挑戦といった方針を掲げ、その挙句に手を染めてしまったのが「ニュース女子」の「沖縄ヘイト」番組だった。激しい社会的批判を浴びて、同番組を切り離したものの、あの騒動で同局の被ったイメージ悪化は相当なものだった。何やら今回の『新潮45』はそれとよく似ているのだ。

 この半年であれだけ急激に誌面の舵を切ったのは、それなりの覚悟を決め、そのくらい思い切ったことをやらないと生き残れないと考えたからだろう。先行2誌のマーケットの分析もそれなりにやったはずだ。

 でも『新潮45』というのは、かつてのノンフィクション路線もそうだし、もう少し独自の路線で評価を得てきた雑誌だったはずだ。今のような後追い路線で本当によいのだろうか。新潮社といえば、ノンフィクションにおいてもそれなりの伝統を誇ってきた出版社だから、今の『新潮45』の路線については、社内でもいろいろな見方が出ていると思う。今回の騒動を機に、今の路線について、もう一度検討してみてはどうだろうか。

 新潮社の看板雑誌『週刊新潮』もまた、今年に入って大きな誌面転換を図りつつある。これについては以前論評したから下記を参照してほしい。

https://news.yahoo.co.jp/byline/shinodahiroyuki/20180630-00087688/

『週刊新潮』の「食べてはいけない」キャンペーンに『週刊文春』が異議申し立て

 「食べてはいけない国産食品」キャンペーンがようやく一段落して従来の誌面に戻ったとほっとしていたら、今度は「食べてはいけないペットフード」キャンペーンが始まって思わずずっこけた。事件ものや政治スキャンダルを得意としてきた『週刊新潮』も、生き残りを賭けて新たな路線に挑戦しようとしているわけだ。『週刊朝日』など、最近は本当に健康雑誌になりつつあるし、総合週刊誌全体として岐路に立たされているのは明らかだ。

 私は『週刊朝日』も好きな雑誌だったから、最近の変貌ぶりには正直言って残念な思いを禁じえない。それと同じような意味で、今の『新潮45』の路線には、そのまま突き進んで大丈夫なのかという危惧を持たざるをえない。

 雑誌ジャーナリズムが本当に難しい局面に至っている。生き残りを賭けた模索が必要なのは確かなのだが、このところ目につくそれぞれの方向性を見ると寂しい思いがして仕方がないのだ。

※Yahoo!ニュースからの転載

あわせて読みたい

「新潮社」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国すり寄り止まらぬ岩屋防衛相

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    ラオスのダム決壊 韓国と協議中

    tenten99

  3. 3

    嫌韓が高齢者に多いのはなぜか

    WEDGE Infinity

  4. 4

    丸山議員は辞職不要 使える存在

    奥山真司

  5. 5

    北方領土「武力奪還」は認識不足

    舛添要一

  6. 6

    AKB商法 秋元康の汚点になる恐れ

    PRESIDENT Online

  7. 7

    水沢アリーが暴露したTV業界の闇

    NEWSポストセブン

  8. 8

    妊娠で退学 祝福されぬ高校生母

    田中俊英

  9. 9

    のん巡る裁判で異例の事実が発覚

    SmartFLASH

  10. 10

    恩知らずは消える 芸能界の現実

    倉持由香

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。