記事

米国大使がフェイスブックでシリアへ呼びかける

リンク先を見る2012年2月11日:緊迫するシリア情勢のさ中、今週シリアの米国大使館を閉鎖してパリに滞在中の駐シリア大使Robert Ford 氏が、シリア国民に向けFacebookを通じてメッセージを流した。いまだにシリア政府が市民への砲撃がテロリストによるものだと言っていることに対し、「それはまったくのでたらめだ」と強調し、即時に一連の残虐行為を止めるように強く求め、シリア国民には世界中が解決に努力していることを強調している。

一国に大使が、Facebookでコメントを流すのも異例だが、同時に米国国務省は、無人機による上空からの写真分析を公表し、砲撃がシリア地上軍によるロケット砲や戦車によるものだという根拠を、軍事偵察写真で公開した。

その内容が英国紙で報じられたが、文字などが小さいため、当方でわかりやすく編集しなおした写真を以下に掲載する。地図の中の多連装ロケットランチャー、戦車の写真は、記事の情報から当方で貼り付けました。

リンク先を見る

この写真の中のHimsはHomsの事を意味している。これによれば、ホムスへの砲撃はホムス南西部のシリア軍により行われ、首都ダマスカス北東部には、レバノンの方角に向けてロケット砲や戦車が配置されていることが読み取れ、これらの具体的な地上写真が英国紙に掲載されている。

シリアの近況はブログ:和平協議翌日からの猛攻撃 非常事態のシリア に書き留めたが、ホムスではシリア軍による無差別砲撃の後、戦車が居住地区に突入し、砲撃は北部Aleppoで激しくなっていると報じられているので、砲撃後の戦車の突入が懸念される。

2012年2月11日:アラブ通信(SANA)によると、シリアの首都ダマスカスで2月11日、病院長を務める軍医のイッサ・ホーリ Issa al-Khouli准将が3人のガンマンにより殺害された。政権側は「武装テロ集団」による暗殺だと主張している。同氏はアサド大統領一族と同じイスラム教少数派のアラウィ派の出身で、殺害者の組織は不明で、アサド政権内部の対立の可能性もある。

2012年2月11日:ロシアからのニュースに、シリアの反対派勢力は、イラクを経由して武器を調達しており、イラクからの過激派

勢力がシリアで活動しているとある。11日、AFP通信に対してイラクのアダン・アル=アサディ内務次官は、「諜報機関からの情報によれば、イラクの過激派勢力の大部分がシリアに移っている。シリアには武器の密輸も行われている。」と述べている。参照記事

画像を見る2012年2月12日:国際テロ組織アルカイダAl-Qaedaの指導者アイマン・ザワヒリ Ayman al-Zawahiri容疑者:写真は、イスラム系ウェブサイトに12日掲載されたビデオ映像で、シリアのアサド政権に対する反体制運動を支持することを表明した。ロイター通信が伝えたが、これがシリアの多数派スンニ派への支援なのかどうかははっきりしない。アルカイダと欧米がアサド政権を共通の敵とするという、不思議な構図になってきた。

上の二つのニュースを合わせると、イラクの過激派アルカイダがシリアに潜入し、シリア政府軍打倒に参加しているとも想像できる。このことは、ダマスカスやアレッポでシリア政府軍を狙った自爆テロの発生にも説明がつく。なぜなら、自爆テロ自体が殉教につながる宗教的テロだからで、また、シリアはスンニ派が多く、アルカイダの浸透する下地があるともいえる。アサド政権は、シリアでは少数派のシーア派だったので、アルカイダが敵対視する理由もある。このことにはっきりと言及した報道をまだ見たことは無いので、あくまでも個人の推測でしかないが、、、。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    EU完全離脱から1年 うぬぼれ屋のイギリス国内に広がる“後悔”

    木村正人

    01月19日 11:08

  2. 2

    宮迫「牛宮城」黒幕を暴いて評価急上昇のオリラジ中田…ひろゆきは「超優秀な詐欺師」と断罪

    SmartFLASH

    01月19日 11:43

  3. 3

    『バイキング』が“トンガ頭痛”と紹介…「差別を助長」と批判殺到

    女性自身

    01月19日 10:08

  4. 4

    世論調査の怪。立憲から剥がれ落ちつつある「野党第一党効果」とは何か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    01月19日 09:13

  5. 5

    まん延防止重点措置 全く何をやっているの 自分の人気取りのために社会を殺すな

    中村ゆきつぐ

    01月18日 09:22

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。