記事

英プレミアリーグ名門クラブの大スポンサーにして、トランプ政権と貿易戦争で対決するカガメとは何者か

1/2
・アフリカの小国ルワンダのカガメ大統領は英プレミアリーグの名門アーセナルと40億円以上のスポンサー契約を結ぶ一方、米トランプ政権とは貿易戦争で対決姿勢を崩さない

・カガメ氏の強気の背景には、「アフリカの市場統合」をけん引する中心人物としてアフリカ内外での影響力を高めていることがある

・その存在感は、北朝鮮やかつてのリビアと異なり、自由貿易のルールを最大限に利用するなかで独立性を高める「開かれた独裁者」の台頭を象徴する

 6月のシンガポールでの「歴史的会談」でアメリカと何ら具体的な約束をしなかった北朝鮮は、ミサイル開発を続けていると報じられる。これに象徴されるように、力のある側が常に有利なわけでなく、弱い側が強い側の鼻面を引き回すことさえあるところに、国際政治の機微がある。

 金正恩委員長ほど無法でなくとも、貧困国の寄り集まっているアフリカにはクセの強い権力者が多い。そのなかでもルワンダのポール・カガメ大統領は、国際的な注目度の高い人物の一人だ。


 アフリカ中央部に位置するルワンダは、四国の約1.4倍の2万6300平方キロメートルしかなく、人口は約1200万人の小国で、資源もほとんど産出されない。

 しかし、2014年に資源価格が急落して以来、アフリカ経済が以前ほど活況を呈していないなか、ルワンダでは政府主導による観光、情報通信、繊維産業などの育成の成果もあり、6パーセント前後の経済成長を維持してきた。その一方で、カガメ氏は野党や市民団体を弾圧する「独裁者」として、しばしば海外から批判を集めてきた。

 これらに賛否はあるが、アフリカを率いる有力リーダーの一人として、カガメ氏の動向がアメリカや中国にまで影響を及ぼし始めていることは疑いない。

名門クラブの大スポンサー

 カガメ大統領率いるルワンダ政府は、5月にイギリスのプレミアリーグ屈指の名門クラブ、アーセナルと3000万ポンド(約43億円)のスポンサー契約を結び、ヨーロッパで一躍注目の的となった。契約は3年間で、ユニフォームの左袖に「ルワンダを訪れよう(VISIT RWANDA)」のロゴが入る。

 ヨーロッパの有名クラブチームはアフリカでも人気があり、カガメ氏個人がアーセナルの大ファンであることは広く知られている。ただし、ルワンダ政府の公式見解によると、これは同国の観光振興のキャンペーンの一環という

 いずれにせよ、この契約にはイギリスだけでなくヨーロッパ各国で賛否両論が湧きあがった。

 ルワンダ政府を含めた支持派は、国際的に知名度が高く、1日に世界中でテレビに3500万回映るアーセナルのユニフォームにロゴを入れることがもつ、観光客誘致の宣伝としてのコストパフォーマンスを強調する。

 一方、反対派はルワンダの一人当たりGDPが約700ドル(世界銀行)にすぎず、イギリスからだけでも年間60万ポンド(約8600万円)の開発援助を受け取りながら、名門クラブとスポンサー契約を結ぶことを批判する。また、人権侵害が指摘されるルワンダ政府と契約したことは、アーセナルへの批判も噴出させた。

 これに対して、ルワンダ政府はスポンサー契約の資金源が観光収入であり、援助の流用ではないと強調している。アフリカでも数少ないゴリラの生息地であるルワンダでは、観光業の成長が目覚ましく、GDPの約12パーセントを占める一大産業になっている。

あわせて読みたい

「ルワンダ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    組事務所は禁煙 変化するヤクザ

    BLOGOS編集部

  2. 2

    徴用工めぐり文大統領が無能発言

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    紀平梨花 練習のため親が家売却

    NEWSポストセブン

  4. 4

    花田優一氏が離婚 元義父は激怒

    女性自身

  5. 5

    黒木華を監督が両断「ヘタクソ」

    BLOGOS編集部

  6. 6

    現役医師「妊婦加算の何が悪い」

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    立民 安倍政権は沖縄の情がない

    立憲民主党

  8. 8

    キオスク消滅? Amazon超小型店舗

    後藤文俊

  9. 9

    カナダは中国の圧力に耐えうるか

    奥山真司

  10. 10

    橋下氏 大阪府議の報酬0円に意欲

    橋下徹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。