記事

ホイットニー・ヒューストンWhitney Houston死亡 麻薬乱用か?

リンク先を見る画像を見るホイットニー・ヒューストンWhitney Houstonが48歳で亡くなった。死因は不明とされているが、すでに2011年5月には麻薬とアルコールdrugs and alcohol 依存症の治療のため、リハビリーに戻ったと報道されている事を見ても、幾度と無く治療を繰り返していたことが分かる。参照記事

写真(右)は、彼女の最新の物といわれるもので、スクープ写真として、アトランタAtlanta の彼女の自宅のバスルームの写真がインターネットに流れた。そこには、コカインを吸引するための器具やパイプやクラックと呼ばれる麻薬が無造作に置かれている。彼女の遺体は2月11日、ロサンジェルスのビバリーヒルズホテル the Beverly Hilton Hotel.で発見され、歌手Bobby Brown(43歳。すでに離婚、彼にも過去、麻薬やアルコール依存症のトラブルが多く、離婚後再婚したが、アルコール依存症を抜け出していない 参照記事)との間に出来た一人娘のBobbi Kristina(18歳)さんが残ったが、彼女もまた2011年春に、コカインを吸引していると言われる写真がマスコミから流れ、問題になったことがある。
リンク先を見るリンク先を見る2012年2月11日、午後3時43分、警察に救急車両の要請電話が入り、3時55分、ホテル4階の部屋に駆けつけたときにはすでにホテルスタッフが救命作業をしている最中だったが、すでに危篤状態だった。同日午後6時10分、彼女の遺体(?)はホテルの部屋にあったと書かれているが、正確な死亡時刻、死因は書かれていない。ニュースからは、ホテルの部屋で亡くなったようだ。グラミー賞6回受賞を含め、多くの賞を取った米国を代表するシンガーだった。
代表的な曲に I Will Always Love You がある。参照記事
リンク先を見るロイター通信によると、ヒューストンさんは2月12日の第54回グラミー賞の発表・授賞式に出席するためロサンゼルスに滞在していたといわれるが、実生活は破産状態で、経済的には行き詰っていたといわれている。彼女は、2001年8月に、6枚のアルバムで1億ドル(約76億円)という音楽史上最高額の契約を アリスタと結んだことで有名だ。

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国への防衛協力を即時停止せよ

    和田政宗

  2. 2

    女芸人 大御所もセクハラはダメ

    たかまつなな

  3. 3

    照射問題に前防衛相「怒り示せ」

    佐藤正久

  4. 4

    SPA!に抗議した女子大生は危険

    小林よしのり

  5. 5

    高須氏がローラに理解示す 涙も

    田中龍作

  6. 6

    交渉拒む韓国 反撃するしかない?

    MAG2 NEWS

  7. 7

    ルノーが数日中にゴーン氏解任か

    ロイター

  8. 8

    無闇なインフル通院に医師が警鐘

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    金持ちの道楽でない左翼が必要

    常見陽平

  10. 10

    ゴーン氏庇えぬ仏 裏に対露外交?

    やまもといちろう

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。