記事

「元SMAPの3人は良いタイミングでTVから脱却した」幻冬舎・箕輪厚介が指摘 TV局がタレント干すのは「若い世代から見てダサ過ぎ」

元SMAP3人のCM出演が増えている。解散後しばらくして、香取慎吾さんや草なぎ剛さんは地上波でのレギュラー番組がほぼ無くなったが、人気タレントとして高い訴求力を誇る彼らをCMに起用する企業は後を絶たない。

8月7日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)では、「香取さんの露出が増えている」と伝えた夕刊フジの記事を紹介。幻冬舎の敏腕編集者として知られる箕輪厚介氏が「元SMAPの3人にとっては、むしろ凄く良いタイミングでテレビというものから脱却できたんじゃないかと思う」とコメントしていた。(文:okei)

「今は情報だだ漏れ社会。権威でコントロールしようって発想は危ない」

新しい地図公式サイトのキャプチャ

記事では、香取さんらの地上波テレビへの出演は、「テレビ局がジャニーズ事務所に配慮している」などと伝えている。これに対して箕輪氏は、「いろんな事情があることは重々承知」とした上で、

「このご時世に、一人のタレントを出さないみたいな判断をテレビ局がしている時点で、あまりにも若い世代からするとダサすぎて、ますます誰もテレビ見なくなるんじゃないかなっていう気はします」

と指摘した。テレビ制作側の姿勢が、若者のテレビ離れを加速しかねないと見る。MCのふかわりょうさんが、「ある種大スターを作ったのもそういう力関係(テレビや事務所)の賜物では」と問いかけると、箕輪さんは「そうですね」と認めつつ、こう考えを語った。

「いまって情報だだ漏れ社会なので、ツイッターで『香取慎吾出てないよね』『あの事情で』ってみんなが言い合うような世の中で、力強すぎる権威によって何かコントロールしようっていう発想は、ちょっと危ないと思いますけどね」

視聴者は「事情があって作り物を作ってるんだな」という気持ちになってしまうと分析している。

「テレビという箱の中では自分の人生がコントロールできない」

ふかわさんが「もし仮にテレビから外された場合でも、テレビじゃない世界で構築すればいいんですね?」と問うと、箕輪さんは

「まったくそう。元SMAP の3人は良いタイミングでテレビというメディアから脱却できたのでは。要するにテレビっていう箱の中でやっていたら自分では自分の人生がコントロールできないですから。強い事情で動かされるんで」

と持論を語った。言葉は穏やかだが、巨大な権威に対する批判である。

編集者としてだけでなく、ネット上で大きな訴求力を持っている箕輪さんは、大きなメディアに頼らずスポンサーをつけ、作家やタレントとしても活躍し、合同会社の代表社員も務めている。「大きな強いメディアを通す必要がどんどんなくなってるんですよね」という言葉には、実感がこもっていた。

最近は、権威を振りかざして自分の首を絞めていることに気づかない人の話題が多い。そんな人たちに、時代が変わっていると早く伝わると良いのだが。

あわせて読みたい

「SMAP」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。