記事

3度目「南北会談」に活路 韓国文大統領

1/2

【まとめ】

・政治スキャンダルで焦燥感深める文在寅大統領

・局面打開のため、3度目の南北会談前倒しを模索

・制裁緩和、終戦宣言に前のめりの文政権を米国がけん制

【注:この記事には複数の写真が含まれています。サイトによっては全て記されていないことがあります。その場合は、Japan In-depthのサイトhttps://japan-indepth.jp/?p=41443でお読みください。】

文在寅(ムン・ジェイン)大統領はいま経済問題で迷走している(8月5日付「韓国経済迷走 文政権支持率急落」参照)だけでなく、政治的スキャンダルにも直面し局面打開に必死だ。

1、「トゥルーキング事件」で焦躁感深める文大統領

いま文大統領周辺では、6月13日の統一地方選挙で京畿道知事となった李在明(イ・ジェミョン)氏の「セクハラと不正資金問題」などが明るみに出て、近々に実施される党代表選問題とも絡み内部抗争に発展する兆しを見せている。

▲写真 李在明(イ・ジェミョン)氏 出典:acrofan.com

しかし、文大統領にとって特に深刻なのは、大統領候補時代に、共に民主党」党員らが世論操作のために組織した「ハンドルネーム=トゥルーキング」の組織実態が明らかになりつつあることだ。この事件は、文在寅氏の選挙公約などに介入し、その対価として政府の高位職を求めるなど「崔順実(チェ・スンシル)の国政介入事件」と似ているために文在寅政権の「崔順実事件」と騒がれている

「トゥルーキング事件」を捜査中のホ・イクボム特別検察官チームは、文在寅大統領の大統領候補時代の随行スポークスマンだった金慶洙(キム・ギョンス)(現慶尚南道知事)が、金ドンウォン被告(49、ハンドルネーム=トゥルーキング)に大統領選挙公約アドバイスを求めるなどした状況などを捉え、最近一部情報をマスコミに流し始めた。

▲写真 金慶洙(キム・ギョンス)氏(現慶尚南道知事) 出典:金慶洙Twitter

特検は、金ドンウォン被告が7月18日提出したUSBから“トゥルーキンング”と金知事が、セキュリティ性の高いメッセンジャープログラム「テレグラム」や「シグナル」を介してやりとりした会話の内容を確認し、分析している。特検によると、二人の会話の中には、昨年1月5日、金知事が”トゥルーキング”に大統領選挙公約と関連の諮問を要請する内容などがあるという。

そればかりか被告らが金知事の出馬した6月13日の統一地方選を狙って世論に影響を与えようとした可能性もあるとみて、金知事に公職選挙法違反の容疑も適用したとされる。

この事件と関連しては、正義党院内代表の盧フェチャン氏が、“トゥルーキング”から4000万ウォンを受け取り、自殺するという悲劇的事件まで起こった。この自殺でこの事件がトカゲの尻尾切りで終わるのではないかと危惧されている。

特別検察官チームは8月2日に金知事の執務室と官舎を強制的に家宅捜索し、6日に18時間に及ぶ取り調べを行った。金知事が拘束される事態となれば、文大統領への影響は避けられない。

▲写真 南北軍事境界線を越える南北首脳(2018年4月27日) 出典:Flickr 韓国公式アカウント

あわせて読みたい

「文在寅」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    Amazonで富が流出? 堀江氏が反論

    キャリコネニュース

  2. 2

    小室さん ビジネスに皇室利用も?

    NEWSポストセブン

  3. 3

    ウーマン村本の社会派漫才に賛否

    女性自身

  4. 4

    革新機構騒動で経産省の驕り露呈

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  5. 5

    HUAWEI騒動は米中戦争の始まりか

    MAG2 NEWS

  6. 6

    岡田氏 立民と協力し強い野党へ

    岡田克也

  7. 7

    革新機構 経産省の言い訳に苦言

    山口利昭

  8. 8

    日の目が見えぬ産業革新投資機構

    ヒロ

  9. 9

    ソフトバンク HUAWEI問題で難局

    MAG2 NEWS

  10. 10

    中国が世界各紙でプロパガンダか

    和田政宗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。