記事

橋下徹「朝日の甲子園」がもたらす悪影響

1/2

記録的な猛暑のなか、夏の甲子園が始まった。地方大会では熱中症で倒れる選手、観客が続出したが、それでも炎天下の大会を強行する日本高野連や朝日新聞社は「プレーヤーズ・ファースト」の概念を誤解している。プレジデント社の公式メールマガジン「橋下徹の『問題解決の授業』」(8月7日配信)より、抜粋記事をお届けします――。

■日本のスポーツ界は大丈夫か?

写真=iStock.com/LeoPatrizi

一般社団法人日本ボクシング連盟の山根明会長の話題が世間を賑わせている。山根会長のユニークなキャラクターが完全にテレビ向きで、面白おかしく取り上げられるネタも豊富。当のボクシング選手や関係者には迷惑な話だけど、しばらくはこの話題が続くだろうね。

しかし報じられていることが真実だとしたら、日本のアマチュアボクシング界もグチャグチャな状態。ほんと一生懸命やっている選手が可哀そうだ。ちょっと前は大相撲の世界や女子レスリングの世界が問題になったし、日大アメフト部の問題はまだ続いている。他のスポーツ界は大丈夫なんだろうか?

(略)

それぞれのスポーツ競技団体では、たいていそのスポーツ経験者である元選手が指導部として君臨している。ゆえに、やっぱり日本のスポーツ問題の根源は、選手に対する指導の在り方、選手の育て方になってくるね。

そして指導は連鎖する。選手は自分が受けてきた指導方法が正しいものとして、次に自分が指導者になったときには、その指導方法で後輩を指導する。そしてその指導を受けた選手は、またその指導方法で後輩を指導する。親のしつけが子供、孫に連鎖するのと同じだね。

だからこそ、一部スポーツではかなり改善してきているところもあるみたいだけど、幼少の頃から学校で、素人の指導者に指導される日本の学校スポーツの在り方を抜本的に見直さなければならない。

2020年には東京オリンピック・パラリンピックが開催される。これから東京オリンピック・パラリンピックに向けて日本のスポーツ界は動き出すので、指導方法の在り方や競技団体の運営方法を抜本的に検証するにはいい機会だ。

指導は科学的・合理的なものでなければならない。当該スポーツスキルの指導のみならず、指導者になるための指導も必要になる。そのためには素人指導が横行している学校スポーツからスポーツを切り離す作業がどうしても必要だ。今は学校スポーツ界では名門・強豪校と言われる学校でも、その指導者は指導者としては素人同然の者が多い。どれだけ有名な選手であっても、指導者としての技術・ノウハウは別物で、専門的にきっちりと学ばないとプロの指導者にはなれない。欧米ではそのようなことを学ぶ場がきっちりあるんだけど、日本には少ないね。

(略)

■選手が望めば「真夏の甲子園」でやらせていいか?

そしてスポーツ界全体が大きく動くほどの意識改革を湧き起こそうと思えば、国民に非常に影響の大きい、甲子園改革から始めるべきだと前号(Vol.113【緊急提言! 夏の甲子園】猛暑・連戦・丸刈り強制……朝日新聞は高校球児を“甲子園洗脳”から解放せよ)で述べた。

巷では夏の甲子園についての問題点が議論され始め、メディアも関係者に取材をし始めた。特にスポーツ紙の記事が面白い。

僕も京セラドーム開催を前号で提案したけど、実現するには様々な問題点があることは承知している。ただ僕がその提案をしたのは、灼熱の太陽の下での甲子園ということにどこまでこだわらなければならないのか、科学的・合理的に考えて行きましょうよ、という問題提起だった。

東京スポーツのアンケートによれば、選手も監督も保護者も、圧倒的多数が真夏の甲子園派。もちろん真夏の甲子園は高校野球の伝統そのものであり、それを目指して球児は野球をやってきたわけだから、甲子園でやりたいのは分かる。でも中には、「最近の子供はクーラーが効いたところで生活していて、ヤワになっている」との相変わらずの精神論もあった。まあ僕もかつては同じようなことを言っていたので偉そうには批判できないけど。

真夏の甲子園でやれるならやったらいい。その代わり、真夏の甲子園大会で選手が被るデメリットを科学的にしっかりと明らかにしてから判断すべきだ。

同じく東京スポーツが、日本高野連の竹中雅彦事務局長に取材をしている。竹中事務局長は、熱中症対策はしっかりやらなければならないし、今後もあらゆる可能性を考えて対応していかなければならない、と問題意識は持っている。ただ大問題は、プレーヤーズ・ファーストについて全く理解していないこと。

竹中事務局長は、プレーヤーズ・ファーストの観点から、選手が真夏の甲子園を望むなら真夏の甲子園でやるべきだという考えを示した。

しかし、これはプレーヤーズ・ファーストでも何でもない。主催者や後援者の朝日新聞や毎日新聞が嫌う、悪しきポピュリズムそのものだ。

選手はまだ高校生。その判断能力が不十分なことから選挙権も与えらず、守られる存在として犯罪を犯しても少年法の適用となる。いくら高校生の選手が真夏の甲子園を望んでも、真夏の甲子園が選手にとって悪いものなら、選手の望みに反して真夏の甲子園を止めることこそがプレーヤーズ・ファーストというものだ。

今、真夏の甲子園を望んでいる選手や監督、保護者であっても、真夏の甲子園の選手への悪影響をしっかりと認識すれば、考えが変わるかもしれない。

あわせて読みたい

「高校野球」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  4. 4

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  5. 5

    コロナ禍も国内工場は異常な強さ

    PRESIDENT Online

  6. 6

    学術会議に深入りしない河野大臣

    早川忠孝

  7. 7

    数字を捏造 都構想反対派の欺瞞

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    感染リスク高い5つの場面に注意

    赤池 まさあき

  9. 9

    トランプ氏 逆転攻撃はほぼ不発

    WEDGE Infinity

  10. 10

    レムデシビル 世界で割れる評価

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。