記事

朝ドラ歴代最高女優調査 2位・能年玲奈『あまちゃん』は別格

【「あまちゃん」の評価はとにかく高い】

 1961年に始まったNHKの朝ドラ(連続テレビ小説)は、その時代に輝くスター女優を輩出してきた。『週刊ポスト』読者300人を対象に「歴代最高の朝ドラ女優」についてアンケートを実施した。

 堂々1位に輝いたのは、『ひよっこ』(2017年春)の有村架純だ。当世若手女優の代表格ながら、意外にも50代、60代からの支持を集めた。

「小学生の時に東京五輪を観た世代なので、風景や時代の雰囲気もすごく懐かしかった。“みね子”みたいな純粋なヒロインが存在しえるのも、あの時代設定ゆえだと思う」(63・自営業)

「茨城弁を使う“みね子”がとにかく可愛くて。『ひよっこ』を観るだけで、明るい気持ちで1日を過ごせた」(53・会社員)

 2位は、「じぇじぇじぇ」という方言を日本中に大流行させた『あまちゃん』(2013年春)のヒロイン、能年玲奈(2016年、のんに改名)。放送終了後、喪失感の余り、「あまロス」なる言葉まで生み出したほど、同作には熱烈な視聴者が多かった。コラムニストの中森明夫氏が語る。

「あの作品は数ある朝ドラのなかでも別格。小泉今日子さん、薬師丸ひろ子さんという1980年代のトップアイドルが親世代として登場し、その娘世代をのんさん、橋本愛さんが演じた。“二世代で楽しめるアイドルドラマ”というだけでも珍しいのに、そのなかでまだ名前の売れていなかったのんさんが、現実世界でも国民的ヒロインに成長していった。役名のまま紅白に出場したり、ドラマと現実がシンクロしていく様は、これまでの朝ドラにはない興奮がありました」(中森氏)

 やはり『ひよっこ』同様に熟年層のノスタルジーに響く物語と演技が得票を積み上げた。現在放送中の『半分、青い。』でヒロインを務める永野芽郁は20位。

「あの人なつっこさがたまらない」(51・会社員)

「透明感がすごい。高校時代の初恋の女性を思い出します」(48・会社員)

※週刊ポスト2018年8月17・24日号

あわせて読みたい

「連続テレビ小説」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    マリエの「枕営業」告発が、テレビや新聞で完全スルーされる本当の理由

    PRESIDENT Online

    04月20日 12:19

  2. 2

    【読書感想】ニッポン 未完の民主主義-世界が驚く、日本の知られざる無意識と弱点

    fujipon

    04月20日 10:40

  3. 3

    「アルコール提供自粛要請」「土日祝日の飲食店休業要請」大阪府が緊急事態宣言で検討

    BLOGOS しらべる部

    04月20日 19:38

  4. 4

    日米首脳会談 菅首相訪米の重要性を理解できない野党の残念さ

    城内実

    04月20日 09:09

  5. 5

    どうしても飲みたい人々 路上だけでなく電車、喫煙所、オフィスにも増殖

    NEWSポストセブン

    04月20日 16:23

  6. 6

    若くしてスマートな今年の新入社員を絶望させる"化石燃料タイプ"のNG行動

    PRESIDENT Online

    04月20日 16:59

  7. 7

    "都会より田舎の方が便利"に感じたこと「車で移動できる。駐車場代がかからない」

    キャリコネニュース

    04月20日 09:18

  8. 8

    TBS『週刊さんまとマツコ』視聴率が取りにくい枠での成功目指す「逆張り」に期待

    メディアゴン

    04月20日 08:36

  9. 9

    ワクチン問題 最低足りないことは無くなった 今やらなければいけないこと

    中村ゆきつぐ

    04月20日 08:50

  10. 10

    昨年末からじわじわと円安ドル高に…地政学的リスクの増大が一つの要因か

    ヒロ

    04月20日 11:44

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。