記事

コンビニより多い薬局 見た目で分かる危ない薬局の判別法

【チェックポイントはどこ?】

 約5万8000店──日本全国にある薬局数だ。いまやコンビニ(5万5000店)をも凌ぐ。そうした“乱立状態”が、「危ない薬局」を生み出しているという指摘も多い。

 7月下旬、京都大医学部附属病院の院内薬局に薬剤師として勤めていた男女2人が、調剤ミスで60代の女性患者を死亡させたとして、業務上過失致死容疑で書類送検された。

 命の危険を招く危ない薬局の見分け方を薬剤師が教えてくれた。まず、見た目でわかる判断材料は局内の「掲示物」だ。

 薬局には、薬剤師の名前や担当業務、「1類」「2類」といった一般用医薬品の区分などを、薬局の見えやすい場所に掲示することが定められている。医薬情報研究所取締役で薬剤師の堀美智子氏が語る。

「薬局には『薬剤師』と薬剤師資格のない『登録販売者』、事務員などのスタッフがいます。薬機法(旧・薬事法)に基づき、患者が肩書きを見分けやすいように『名札』をつけたり、『白衣の色や形』を区別することを厚労省が通知している。

 名札がついていなかったり、スタッフ全員が同じ白衣を着ている薬局の場合、資格の範囲を逸脱した業務を行なっているスタッフがいても患者は見分けられない」

 また、「ポスター」も有効な判断材料だ。『薬局ですぐに役立つ薬の比較と使い分け100』の著者で薬剤師の児島悠史氏が指摘する。

「もう8月なのに、『6月×日から△△週間』など古い啓発ポスターを張りっぱなしにしている店舗は局内を管理できていない恐れがあり、薬剤管理もルーズな印象を持ちます」

※週刊ポスト2018年8月17・24日号

あわせて読みたい

「調剤薬局」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  2. 2

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  3. 3

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  4. 4

    ロンブー淳 TVに抱く気持ち悪さ

    文春オンライン

  5. 5

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  6. 6

    大阪の幻想 維新が得する都構想

    猪野 亨

  7. 7

    NHKと国民の関係性は「強制」に

    PRESIDENT Online

  8. 8

    官僚へ負担どっち? 野党議員反論

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  10. 10

    ネットゲームに求められる人間力

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。