記事

五輪で初の顔認証システム、NECが東京で導入


[東京 7日 ロイター] - NEC<6701.T>は7日、2020年の東京五輪・パラリンピックで、同社の顔認証システムが採用されたと発表した。選手やスタッフ、ボランティアなど大会関係者約30万人が会場に入場する際の本人確認で使用する。システムの導入により、なりすまし入場を防止するほか、本人確認時間の大幅短縮をめざす。

事前に登録したIDカードを入場レーンに設置した読み取り機にかざすと、同時にカメラが顔を読み取り認証が完了するため、スムーズな入場が可能となる。

競技会場や選手村、プレスセンターなど全会場の関係者入場レーンに設置する。設置台数は数百台規模にのぼるという。

関係者によると、すべての会場で顔認証システムを導入するのは、五輪で初めて。

(志田義寧)

あわせて読みたい

「東京オリンピック・パラリンピック」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナとN国で紅白歌合戦ピンチ

    渡邉裕二

  2. 2

    上場企業レナウン倒産に業界激震

    大関暁夫

  3. 3

    朝日の言論サイト「論座」で誤報

    やまもといちろう

  4. 4

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  5. 5

    ブルーインパルス飛行批判に落胆

    かさこ

  6. 6

    長嶋茂雄に激怒 元選手語る事件

    幻冬舎plus

  7. 7

    ひろゆき氏がテラハ問題に言及

    ABEMA TIMES

  8. 8

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    石破氏 誹謗中傷はTV局にも責任

    石破茂

  10. 10

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。