記事

英首相のEU離脱交渉、評価するとの回答22% 調査開始以来最低


[ロンドン 6日 ロイター] - ORBインターナショナルが行った世論調査によると、英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)交渉を巡るメイ政権の対応を評価すると答えた有権者の割合が22%となり、調査開始以来最低となった。

2017年前半には55%まで上昇していたが、政府が英国とEUの将来の関係に関する交渉に苦慮する中、評価が下がっている。

調査は成人2000人前後を対象に実施。その結果、メイ首相が妥当な合意を得られると信頼していないとの回答の割合が60%と前月の56%から上昇。妥当な合意が得られるとの回答は22%、残りは分からないと回答した。

2019年3月29日のブレグジットまで8カ月余りとなったいま、メイ政権、議会、世論、企業の中で、ブレグジットのあり方を巡って意見が大きく分かれている。

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  2. 2

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  3. 3

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  4. 4

    都構想反対派が自壊 主張に疑問

    青山まさゆき

  5. 5

    TBS番組が伊藤健太郎逮捕で誤報

    女性自身

  6. 6

    進次郎氏の発言に専門家「軽率」

    女性自身

  7. 7

    橋下氏 毎日新聞のご飯論法指摘

    橋下徹

  8. 8

    相次ぐ「GoTo外し」観光庁に疑問

    木曽崇

  9. 9

    任命拒否 提訴できず手詰まりか

    文春オンライン

  10. 10

    菅首相を揶揄 無料のパンケーキ

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。