記事

実質賃金、21年5カ月ぶりの伸びに=6月の毎月勤労統計


[東京 7日 ロイター] - 厚生労働省が7日発表した6月の毎月勤労統計調査(速報)によると、名目賃金に当たる現金給与総額は前年比3.6%増の44万8919円と、11カ月連続で増加した。実質賃金も2.8%増と2カ月連続で増加し、ともに21年5カ月ぶりの高い伸び率となった。

企業業績の回復を背景に、夏のボーナスを増やしたり前倒しで支給したためとみられる。ボーナスなどの「特別に支払われた給与」は、前年比7.0%増の18万3308円だった。賃金の基調としては「緩やかに増加している」との見方を据え置いた。

給与総額のうち、所定内給与は前年比1.3%増の24万5918円と15カ月連続で増えた。所定外給与は同3.5%増の1万9693円と、8カ月連続で増加した。

厚労省によると、97年1月の現金給与総額の伸びは6.6%、実質賃金は6.2%だったという。

あわせて読みたい

「賃金」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    新型コロナで「新手の派遣切り」

    田中龍作

  2. 2

    五輪巡る批判報道に無言の圧力か

    WEDGE Infinity

  3. 3

    副外相 中国への肺炎支援に異議

    鈴木馨祐

  4. 4

    百田氏 謝礼もらう保守論客いる

    女性自身

  5. 5

    パパ活女性200人超が犯罪被害に

    NEWSポストセブン

  6. 6

    パラサイトと万引き家族は対照的

    紙屋高雪

  7. 7

    なぜネットは社会学者を嫌うのか

    津田正太郎

  8. 8

    低調な安倍内閣も信頼感ない野党

    早川忠孝

  9. 9

    新型肺炎の専門家見解「信じて」

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    肺炎対応の官僚 不眠不休は当然?

    Chikirin

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。