記事

イラスト著作権侵害の責任追及、その後

イラスト無断転載のまとめサイトに賠償金命じる判決「全ての絵描きの希望」と賞賛

Twitterでは、

“ナイス判決ですね”
“無断転載の裁判事例を作ってくださるのはマジでありがたい…全ての絵描きの希望になる”
“すばらしい!どんどん続いて欲しい!”

と賞賛の声が相次いでいる。

リンク先を見る

この事件については、先日の東京弁護士会でやったサイバー判例回顧2017-18でも紹介した判決が含まれている。

東京地判平成30年6月7日裁判所WEB(平成29(ワ)39658号)

その経緯を原告本人が語った記事は、サイバー判例回顧のときにも紹介した。
イラスト無断転載、まとめサイトに30万円の賠償命じる判決 「VIPPER速報」「ガールズVIPまとめ」など訴えた注目裁判が決着

詳しいことはこの記事を読んでいただくとして、要するに多数の侵害サイトに対して訴えを提起したことで、規模の経済によりコストに見合うリターンを得られたということである。

しかし、上記の記事の最後の方は、ちょっと注意が必要な部分がある。

“無断転載サイトを訴訟から賠償金回収まで代行してくれ、手数料は一切かからないドイツのサービス。全世界140カ国対象で、日本語サイトもある”(原文ママ)

と、訴訟代行サービスを紹介するツイートもあった。

これは、日本で弁護士以外の者がやれば非弁サイトということになる。この書込みを鵜呑みにするならば、ドイツの誰かが日本向けに訴訟代行サービスをやるとなれば、文字通りの非弁行為となる。仮にこのサイトが日本国内では弁護士に依頼するとなると、非弁提携ということになろう。

しかし、日本で弁護士さんがこうしたサイトを立ち上げるなら、非弁にはならない。でもこれって弁護士さんがホームページを開いてお客さんを募るのとどう違うのか、よく分からない。

上記記事の内容に即して、多数のイラスト著作権侵害に悩む作者たちの権利行使をサポートすることを弁護士以外の者がやるには、消費者裁判手続特例法とかサービサー法のような特別立法が必要である。

あわせて読みたい

「著作権侵害」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GW10連休に理解苦しむ世界経済

    澤上篤人

  2. 2

    アメトーク西成差別 当事者の傷

    田中俊英

  3. 3

    よしのり氏 山口真帆騒動に指摘

    小林よしのり

  4. 4

    JAL国内線 個人モニター搭載の謎

    シェアーズカフェ・オンライン

  5. 5

    自民に勝利宣言する立民の勘違い

    木走正水(きばしりまさみず)

  6. 6

    堺市長辞職 維新が狙う後任の座

    橋下徹

  7. 7

    AAA 知っているのは西島くらい

    渡邉裕二

  8. 8

    まるでオカルト NHK報道の質低下

    水島宏明

  9. 9

    倉本聰が描くテレビ局への怒り

    メディアゴン

  10. 10

    共産党関係ない大阪の自民連敗

    猪野 亨

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。