記事

イラスト著作権侵害の責任追及、その後

イラスト無断転載のまとめサイトに賠償金命じる判決「全ての絵描きの希望」と賞賛

Twitterでは、

“ナイス判決ですね”
“無断転載の裁判事例を作ってくださるのはマジでありがたい…全ての絵描きの希望になる”
“すばらしい!どんどん続いて欲しい!”

と賞賛の声が相次いでいる。

リンク先を見る

この事件については、先日の東京弁護士会でやったサイバー判例回顧2017-18でも紹介した判決が含まれている。

東京地判平成30年6月7日裁判所WEB(平成29(ワ)39658号)

その経緯を原告本人が語った記事は、サイバー判例回顧のときにも紹介した。
イラスト無断転載、まとめサイトに30万円の賠償命じる判決 「VIPPER速報」「ガールズVIPまとめ」など訴えた注目裁判が決着

詳しいことはこの記事を読んでいただくとして、要するに多数の侵害サイトに対して訴えを提起したことで、規模の経済によりコストに見合うリターンを得られたということである。

しかし、上記の記事の最後の方は、ちょっと注意が必要な部分がある。

“無断転載サイトを訴訟から賠償金回収まで代行してくれ、手数料は一切かからないドイツのサービス。全世界140カ国対象で、日本語サイトもある”(原文ママ)

と、訴訟代行サービスを紹介するツイートもあった。

これは、日本で弁護士以外の者がやれば非弁サイトということになる。この書込みを鵜呑みにするならば、ドイツの誰かが日本向けに訴訟代行サービスをやるとなれば、文字通りの非弁行為となる。仮にこのサイトが日本国内では弁護士に依頼するとなると、非弁提携ということになろう。

しかし、日本で弁護士さんがこうしたサイトを立ち上げるなら、非弁にはならない。でもこれって弁護士さんがホームページを開いてお客さんを募るのとどう違うのか、よく分からない。

上記記事の内容に即して、多数のイラスト著作権侵害に悩む作者たちの権利行使をサポートすることを弁護士以外の者がやるには、消費者裁判手続特例法とかサービサー法のような特別立法が必要である。

あわせて読みたい

「著作権侵害」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    倉持由香 給付金100万円受け取り

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    きゃりー父「投稿に責任を持て」

    文春オンライン

  3. 3

    コロナの陰で反ワクチン派が台頭

    木村正人

  4. 4

    抗体簡易検査は「お金をドブに」

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    よしのり氏 まゆゆは本物だった

    小林よしのり

  6. 6

    再々委託も 電通・パソナに疑惑

    田中龍作

  7. 7

    河井夫妻「Xデー」は6月18日か

    五十嵐仁

  8. 8

    黒人暴行死と特殊なアメリカ社会

    ヒロ

  9. 9

    ウソ見抜けぬ人もネット使う時代

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  10. 10

    ブルーインパルス 文字を描いた?

    河野太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。