記事

安倍3選で"小泉大臣"がウワサされるワケ

1/2

「捕らぬタヌキの皮算用」とはこのことか。9月下旬に行われる自民党総裁選は、告示前だというのに、既に安倍晋三首相(党総裁)の3選を前提にした人事情報が飛び交っている。安倍氏のささやきが流布しているものもあれば、単なる観測気球もある。浮ついた永田町情報の中から、説得力のあるものをよりすぐり、「どこよりも早い安倍3選後の人事情報」を紹介しよう――。

2018年8月03日、河村建夫宇宙・海洋開発特別委員会委員長(中央左)から提言書を受け取る安倍晋三首相(同右)。左端は小泉進次郎スペースデブリ法制に関するWT座長(写真=時事通信フォト)

■信賞必罰の首相方針に「猟官運動」がインフレ化

安倍氏は今回の総裁選を非常に重視している。権力闘争の厳しさを誰より知っているため、少しでも力を緩めると足をすくわれると思っているからだ。そのあたりは既報の「"だったら密談でやる"安倍首相の開き直り」で詳しく紹介しているので参照いただきたい。

その厳しさは、総裁選後の人事にも表れる。信賞必罰。応援してくれた人物には厚遇し、応援しなかった人物は干す。その大方針は揺るがない。

7月26日付の読売新聞によると、安倍氏は6月18日夜、東京・赤坂の日本料理屋で岸田文雄氏と会った際「(総裁選に)出たら、処遇はできないよ。私を応援してくれる他の派閥に示しがつかない」と、恫喝に近い形で不出馬を迫った。この通告が決め手となって岸田氏は7月24日、「不出馬、安倍氏支援」を表明している。

安倍氏は、知人を厚遇して「お友達内閣」などと批判されるが、厳密にいうと親しい議員を重用するのではない。自分のために働いた議員を登用するのだ。

今、総裁選で安倍氏を推すことが決まっているのは安倍氏の出身派閥・細田派と二階派、麻生派の「主流3派」と、安倍氏支援を打ちだした岸田派の4派所属議員が、人事を心待ちにすることになる。もはや安倍氏を支持しただけではなく、「より早く、より深く」安倍氏を支援しなければ重要ポストは得られないということで、猟官運動のインフレが進んでいる。

一方、玉砕覚悟で安倍氏に挑む石破茂元幹事長率いる石破派のメンバーたちは、当分冷や飯を食う覚悟を決めている。

■79歳の二階幹事長は「最近、会話が通じにくい」

具体的な人事予測を紹介していこう。焦点は党運営の要役・幹事長人事。二階俊博幹事長はいち早く安倍氏3選支持を訴えた。3選を果たせばMVP級の論功だ。

ただ二階氏も79歳。「最近、会話が通じにくい」「会議で居眠りしている」などのささやきも漏れる。幹事長の激務に耐え続けられるかどうか。来年、統一地方選、参院選も控えている。仕事はさほど忙しくないが名誉は残す形で副総裁に横滑りするのではないか。

副総裁は「お飾り」の印象があるが、実力者がつけば権勢をふるうことができる。二階氏の師匠でもある金丸信氏は77歳で副総裁に就任、「ドン」であり続けた。副総裁を打診されれば二階氏も受けるだろう。

後任幹事長は誰か。岸田氏は「出たら処遇できない」と言われて総裁選出馬をやめたのだから、当然自分が幹事長候補と期待しているのだろう。しかし、そう簡単にはいかない。永田町では竹下亘総務会長の就任説が根強い。額賀派から衣替えした竹下派は幹事長へのこだわりが強い。田中派の流れをくむこの派閥は、幹事長を独占して「キングメーカー」であり続けた。幹事長ポストを取ることが名門派閥復活の一里塚となる。

もし亘氏が幹事長になれば、兄で元首相の登氏に続き、兄弟で幹事長ということになる。党史上初の「快挙」だ。ただ、ここへきて竹下派が石破氏支援に傾いてきている。その場合は「竹下亘幹事長」は難しくなるだろう。

あわせて読みたい

「小泉進次郎」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナ検査で病院へ行くのは愚か

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    楽天の三重苦 送料無料は無理筋

    大関暁夫

  3. 3

    コロナ巡り医師がTBSで政府批判

    水島宏明

  4. 4

    コロナ特効薬なぜ開発進まないか

    NEWSポストセブン

  5. 5

    コロナ報道に消耗 不安を煽るSNS

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  6. 6

    辻元氏が個人党会費の転用を否定

    辻元清美

  7. 7

    籠池氏が100万円事件の真相告白

    文春オンライン

  8. 8

    口頭決裁を認めた森法相に苦言

    早川忠孝

  9. 9

    イベント中止要請 経済対策急げ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    長瀬智也が退所?TOKIO愛ゆえ苦悩

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。